アンタイNOODLES (アンタイヌードルズ)





 
(限定)比内地鶏を感じる鶏白湯そば

【(限定)比内地鶏を感じる鶏白湯そば】
[2018/12/27]
\900



黄色みを帯びてとろみがある鶏白湯スープは、鶏の旨味がしっかりと染み出て、見た目より濃厚さがある。

まろやかさのある塩味で、やや濃いめ。
とろみがあり舌に纏わり付くので強めに感じるのかもしれない。

ほんのり生姜と柚子が香る。


麺は中細で軽くウェーブが入り、通常の麺よりは太め。
硬すぎずにしなやかなコシがあり、モッチリとした食感が特徴的。
濃厚なスープに負けていない。
(村上朝日製麺)


チャーシューは豚と鶏の二種。
豚は炭火焼きの肩ロースで、炭火の香ばしさが旨味を引き出している。
脂が適度に入り、ジューシーで上質な仕上がり。
鶏は片面を炙ってある。薄味で、しっとりとした味わい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、刻み玉ねぎ(赤タマネギ)、青ネギの小口切り。

チャーシュー

穂先メンマ




 
(限定)比内地鶏の塩中華そば

お店からの告知

比内地鶏の丸鶏のみで作り上げ、スゴイ鶏のスープが出来ました。
美味し過ぎてゴイゴイスーです。
もはやゴイゴイスープです。
麺は国産小麦100%の舌触り抜群の細麺。
チャーシューは、炭焼き肩ロースと鶏ロール。

ちょっと価格が高めなんで、躊躇してますがもっと麺が食べたいという方には、和え玉もご用意します。
麺は青梅の㐂九家さんにちょっとパクられてしまったせいで、和え玉の麺は国産小麦の麺が無くなり次第、違う麺になります。

Pの和え玉 ¥250
こないだと同じスタイルでやります。
比内地鶏の油と塩ダレが入った丼に1玉とコロコロ焼豚。さらに生卵もつきます。
そのままでもよし、替え玉にするもよし、替え玉にして生卵にバウンドさせて食べるのもよし!
お好きな食べ方でお召し上がり下さい。

 

【(限定)比内地鶏の塩中華そば】
[2018/12/23]
\980



澄んだ清湯スープに黄金色に輝く鶏油が浮き、鶏の旨味がしっかりと染み出ている。
油は多めだが、しつこさは皆無。

ありまろやな塩味で、塩味はちょうど良い。


麺は中細のストレート麺。
硬すぎずにしなやかなコシがあり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは豚と鶏の二種。
豚は炭火焼きの肩ロースで、炭火の香ばしさが旨味を引き出している。
脂が適度に入り、ジューシーで上質な仕上がり。
鶏は薄味で、しっとりとした味わい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、白髪ネギ。

チャーシュー

穂先メンマ




 
(限定)ドロ煮干しそば

お店からの告知

濃厚スープにこれでもかと煮干しを入れ、煮干しの良いトコを出した激ウマスープが誕生しました。
麺もアンタイではあまり使わないパッツンパッツンの低加水の細麺を用意しました。
130gなので、普段の中華そばで使用している麺よりちょっとだけ少なくなってます。
試食しましたが、今まで使わなかった事を後悔する美味しい麺でした(複雑

さらに明日は初めての試みをやりまーす。
ずっと「やらない宣言」をしていたのですが、いよいよ明日満を持して〝和え玉〟をやります。
明日の和え玉は、タレと煮干し油を入れたモノに1玉(130g)が入り、チャーシューをちょこちょこ入れたモノと、生卵を別に用意させていただきます。
そのまま食べても良し、スープの中に入れても良し。さらにはスープの中にいれたのを生卵につけても良しと走攻守揃った素晴らしい和え玉です。

 

【(限定)ドロ煮干しそば】
[2018/12/2]
\900



灰色を帯びた茶濁スープはやや粘性があり、煮干しのエグみ・苦みが出る直前まで煮出し、旨味が十二分に抽出されている。

強烈なインパクトがある独特の濃厚スープだが、表面の油は皆無ということもあり、しつこさは感じない。

味付けは醤油ベースで、塩味は濃厚スープに合わせてやや濃いめ。



麺は通常と異なり、細麺のほぼストレート。
低加水で歯切れが良く、濃厚スープを持ち上げすぎずに相性は良い。
麺量は130gとやや少なめ。
(村上朝日製麺)



チャーシューは肩ロースの低温調理。肉の旨味がある。

薬味は、刻み玉ねぎ(赤玉ネギ)と三つ葉。




スープ

チャーシュー




 
(限定)牡蠣の味噌ラーメン

【(限定)牡蠣の味噌ラーメン】
[2018/11/18]
\900


ややとろみのある味噌スープは、味噌が持つ芳醇な風味と甘味があり、まろやかな味わい。
味付けはちょうど良い。

牡蠣の風味は強くなく、下支えとコクを増している印象。

濃厚だがしつこくなく、最後まで飽きが来ない。

若干の一味のピリッと感がある。



麺は太麺平打ち縮れ。
適度なコシとモチッとした食感が特徴的で、味噌ラーメンとして最適。
(村上朝日製麺)



チャーシューは鶏と豚の二種。
鶏はムネ肉、しっとりと柔らかい。
豚は肩ロース、肉の旨味がある。

牡蠣はボイル? 大ぶりでぷっくりして肉厚で美味しい。

その他の具は、スープと煮込んだ長ネギ。

薬味は、白髪ネギ、カイワレ菜、糸唐辛子。

牡蠣

チャーシュー

スープ




 
(限定)味噌ラーメン

【(限定)味噌ラーメン】
[2018/10/14]
\900


とろみのある味噌スープは、味噌が持つ芳醇な風味と甘味がありまろやかな味わい。

濃厚だがしつこくなく、最後まで飽きが来ない。

若干の一味のピリッと感がある。
味付けはちょうど良い。

マー油の香ばしさがアクセントになっている。



麺は太麺平打ち縮れ。
適度なコシとモチッとした食感が特徴的で、味噌ラーメンとして最適。
(村上朝日製麺)



チャーシューはバラと肩ロースの二種。

モヤシは茹でてある。

その他の具は、玉ねぎが少量。

薬味は、長ネギの小口切り。



札幌味噌ラーメンとは異なる味わいで、レベルが高い。

チャーシュー

マー油




 
(限定)天草大王の鶏白湯そば

【(限定)天草大王の鶏白湯そば】
[2018/9/30]
\900


とろみのある黄色っぽい鶏白湯スープは、鶏風味が満載で、雑味がなく滑らかな舌触り。
表面の油は皆無で、濃厚だがしつこさは感じない。

味付けは塩で、まろやかさがある。塩味は強めでクッキリとした味わい。
これはこれで良いのだが、薄めでピュアなスープも味わいたい。



麺は中細のほぼストレート麺。
適度な硬さの茹で上げで、しなやかなコシがあり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)



チャーシューも鶏。
炭火で炙った香ばしさが秀逸。

鶏つくねは、生姜が効いている。

味玉は黄身がトロトロの半熟で、白身は表面に近い部分が濃いめに色づいている。
しっかりとした味付け。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、長ネギの小口切り、糸唐辛子。

チャーシュー

鶏つくね

味玉

穂先メンマ




 
(限定)そぼろとエノキのあんかけそば

【(限定)そぼろとエノキのあんかけそば】
[2018/9/16]
\800


ベースは煮干しが効いた醤油スープで、鶏そぼろとエノキのあんかけをトッピングしてある。
あんかけのとろみで熱々。

味付けは醤油ベースで甘味がある。塩味はちょうど良い。
あんかけに使用している生姜がアクセントになっている。

このメニュー用のラー油が用意されている。ラーメン英二@北府中がアレンジしたもの。
八角などの香辛料が香り、辛さは控えめでちょうど良い味変アイテム。


麺は中細のほぼストレート麺。
適度な硬さの茹で上げで、しなやかなコシがあり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)



具はキクラゲ。

薬味は、三つ葉。

肉そぼろとエノキ

キクラゲ

このメニュー用のラー油

ラー油を入れる




 
(限定)鯛とホンビノスの塩中華そば

【(限定)鯛とホンビノスの塩中華そば】
[2018/7/29]
\800


やや白茶濁したスープは、鯛の身をメインとした風味が良く出ていて、優しい中にインパクトがある。
ホンビノス貝は抑えめ。

味付けは塩ベース。
塩味はやや濃いめで、シャープでメリハリがある。


麺は中細のほぼストレート麺。
適度な硬さの茹で上げで、しなやかなコシがあり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは豚肩ロースの低温調理と、鶏の二種。
肉の美味しさが楽しめる。

ホンビノス貝はしっかりとした貝の味わい。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、海苔。

薬味は、刻み玉ねぎ(赤タマネギ)、三つ葉。

チャーシュー

ホンビノス貝

穂先メンマ

スープ

カップ茶碗蒸し

中華そばの残りのスープを使用し、カップに玉子を加えてレンジで加熱したもの。なのでかなりの熱々で提供される。

出汁の風味を再度堪能できる。

ふわふわ玉子に本来のスープの風味がプラスされることによって、完結した一品料理のようになる。




 
(限定)冷たい鯛の塩中華そば

【(限定)冷たい鯛の塩中華そば ~ミニご飯付き~】
[2018/7/22]
\900


軽く白濁したスープは冷えているが、冷えすぎることなく味がわかりやすい。

アラではなく身由来の鯛の風味が満載で、スッキリとした味わい。鮮魚系ながら生臭さは皆無。

味付けは塩ベースで、まろやかさがある。塩味は濃すぎることなくちょうど良い。

おろし生姜がちょうど良い味変になる。


麺は中細のほぼストレート麺。
ホシが練り込まれ、全粒粉も使用しているようだ。
水で締めてあるので、適度な硬さがあり、中細なのに押し返すような弾力と延びがある。クオリティが高い。
(村上朝日製麺)


チャーシューは肩ロースと鶏肉で、どちらも低温調理。
肉の美味しさが楽しめる。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、海苔、あられ。

薬味は、刻み玉ねぎ(赤タマネギ)、三つ葉。

鯛の身、おろし生姜

二種のチャーシュー

穂先メンマ

ミニご飯

ミニご飯に、鯛の身、スープを注いで冷たいお茶漬けに。

ダシがしっかりとしているので、ご飯との相性も良い。





 
(限定)アゴ出汁塩中華そば

【(限定)アゴ出汁塩中華そば】
[2018/6/24]
\800


透明で褐色を帯びたスープは、アゴの風味が良く出ていて、優しい中にインパクトがある。
焼きアゴではなく、煮干しに近い風味。

味付けは塩ベース。
塩味は濃すぎずちょうど良い。


麺は中細のほぼストレート麺。
ホシが練り込まれ、全粒粉も使用しているようだ。
適度なコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは豚肩ロースの低温調理。
肉の美味しさが楽しめる。

その他の具は、ほうれん草、海苔、あられ。

薬味は、白髪ネギ、かいわれ菜。

チャーシュー

穂先メンマ

カップ茶碗蒸し

中華そばの残りのスープを使用し、カップに玉子を加えてレンジで加熱したもの。なのでかなりの熱々で提供される。

アゴ出汁の風味を再度堪能できる。

ふわふわ玉子に本来のスープの風味がプラスされることによって、完結した一品料理のようになる。




 
(限定)鶏とトウモロコシの白湯そば

【(限定)鶏とトウモロコシの白湯そば】
[2018/6/17]
\900


鶏白湯にトウモロコシを合わせたとろみのあるスープは、フレッシュなトウモロコシの旨味・甘みがあり、コーンクリームのようにまろやか。
味付けは塩ベース。


麺は通常よりやや太めのストレート麺。
モチッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは皮目を焼いた鶏肉と、モモ肉の二種。

その他の具は、エンドウ豆、トウモロコシ。

薬味は、オニオンスライス、パプリカ、水菜、揚げ玉ねぎ。

チャーシュー

コーン

三つ葉、パプリカ、揚げ玉ねぎ

スープ




 
(限定)ブタメン

【(限定)ブタメン】
[2018/6/9]
\800


(以前と同じ印象はコピペ)
豚清湯スープは豚の旨味だけを上手に抽出して、スッキリとして上質なもの。

醤油の豊潤な薫りと炭火焼きの香ばしさの存在感は圧巻。

野菜にトッピングされた背脂を混ぜるとまろやかさが増し、箸がどんどん進む。

ブラックペッパーが程よいアクセントになっている。

別皿にして頂いたニンニク、生姜を少しずつ入れると、味の印象が変わって面白い。生ニンニクのフレッシュさがとても良い。


麺は中細のほぼストレート麺。
適度なコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは炭火焼きの豚バラ肉で、炭火の香ばしさが旨味を引き出している。
脂が適度に入り、ジューシーで上質な仕上がり。

その他の具は、茹でモヤシ・キャベツ。

薬味は、刻み玉ねぎ、青ネギの小口切り。

豚叉焼

ニンニク、生姜




 
(限定)比内地鶏の塩中華そば

【(限定)比内地鶏の塩中華そば+カップ茶碗蒸し】
[2018/5/6]
\980+\100


澄んだ清湯スープに黄金色に輝く鶏油が浮き、鶏の旨味がしっかりと染み出ている。
油は多めだが、しつこさは皆無。

ありまろやで甘みがある塩味で、塩味はちょうど良い。


麺は中細のほぼストレート麺。
適度なコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは鶏と豚の二種。
鶏は脂が皆無で、薄味でしっとりとした味わい。
豚は焼き豚で、脂は少なめで肉の旨味がある。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、海苔、ほうれん草。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。

鶏チャーシュー、豚叉焼

穂先メンマ

カップ茶碗蒸し

【カップ茶碗蒸し】
[2018/4/15]
\100


中華そばの残りのスープを使用し、カップに玉子を加えてレンジで加熱したもの。なのでかなりの熱々で提供される。

中華そばの鶏油が浮いて、その風味を再度堪能できる。

ふわふわ玉子に本来のスープの風味がプラスされることによって、完結した一品料理のようになる。




 
(限定)四種の煮干しの中華そば

【(限定)四種の煮干しの中華そば・ピロピロ麺】
[2018/5/4]
\800


澄んだ清湯系スープは、伊吹、瀬戸内、白口、平子をアンタイの黄金比でブレンドしたという煮干しスープ。
風味が満載ながらエグ味は皆無で、独特の甘みがある。

醤油の芳醇な風味との相性が抜群に良く、ゴクゴク飲める。
塩味はちょうど良い。


ご主人のご厚意で麺をピロピロ麺に変更。
太麺平打ち縮れで、まさしくピロピロとした食感が楽しい。
しなやかなコシが、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは国産豚内腿の焼き豚。
脂は少なめで柔らかく、肉の旨味が詰まっている。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、海苔。

薬味は、刻み玉ねぎ(赤タマネギ)、三つ葉。

国産豚内腿叉焼

穂先メンマ




 
(限定)アンタイの鴨中華そば

【(限定)アンタイの鴨中華そば】
[2018/5/3]
\900


澄んだ清湯系スープは、鴨の風味と独特の甘みがある。

醤油の芳醇さと鴨の香り・甘みが良く合っている。
塩味はちょうど良い。


麺は中細のほぼストレート麺で、ホシが練り込まれている。
全粒粉入りで、しなやかなコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは鴨ロース。
歯ごたえがあり、噛むたびに旨味がにじみ出てくる。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、刻み玉ねぎ、長ネギの笹切りと小口切り。

鴨ロースチャーシュー

穂先メンマ




 
(限定)濃厚極煮干しそば

【(限定)濃厚極煮干しそば】
[2018/4/15]
\900


灰色を帯びた茶濁スープは、煮干しのエグみ・苦みが出る直前まで煮出した、強烈なインパクトのある独特のもの。

味付けは醤油ベースで、塩味は濃厚スープに合わせてやや濃いめ。


麺は中細のほぼストレート麺。
タピオカ澱粉入りとのことで、しなやかなコシとモッチリとした食感があり、濃厚スープに負けていない。
(村上朝日製麺)


チャーシューは直前に炭火で焼き上げた肩ロース。香ばしくジューシーで上質な仕上がり。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、刻み玉ねぎ(赤玉ネギ)。

炭火焼きチャーシュー

穂先メンマ

カップ茶碗蒸し

【カップ茶碗蒸し】
[2018/4/15]
\100


中華そばの残りのスープを使用し、カップに玉子を加えてレンジで加熱したもの。なのでかなりの熱々で提供される。

中華そばのスープの濃い色が反映されている。

ふわふわ玉子に本来のスープの風味がプラスされることによって、完結した一品料理のようになる。




 
(限定)アンタイ甘鯛出汁の塩中華そば

【(限定)アンタイ甘鯛出汁の塩中華そば】
[2018/3/18]
\800


白濁したスープは甘鯛の風味がたっぷりで、旨味を上手に抽出している。

鮮魚系が持つクセをある程度出しつつ、嫌みがなく印象深い味わいに仕立ててある。

味付けは塩ベースで、まろやかさがある。塩味はちょうど良い。


麺は中細のほぼストレート麺で、ホシが練り込まれている。
全粒粉入りで、しなやかなコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは菜の花に巻いてある。
塩麹と生姜で味付けし、低温で焼き上げた肩ロース。ジューシーで上質な仕上がり。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、長ネギの小口切りが少量。

炭火焼きチャーシュー

穂先メンマ




 
(限定)ブタメン

【(限定)ブタメン】
[2018/3/13]
\800


豚清湯スープは豚の旨味だけを上手に抽出して、スッキリとして上質なもの。

醤油の豊潤な薫りと炭火焼きの香ばしさの存在感は圧巻。

野菜にトッピングされた背脂を混ぜるとまろやかさが増し、箸がどんどん進む。

ブラックペッパーが程よいアクセントになっている。


麺は中細のほぼストレート麺。
適度なコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは炭火焼きの豚バラ肉で、炭火の香ばしさが旨味を引き出している。
脂が適度に入り、ジューシーで上質な仕上がり。

その他の具は、茹でモヤシ・キャベツ。

薬味は、赤玉ネギのみじん切り、青ネギの小口切り。

炭火焼きチャーシュー

炭火焼きチャーシュー

背脂




 
(限定)4種の煮干しの中華そば

【(限定)4種の煮干しの中華そば】
[2018/2/11]
\800

2018/2/11の提供。

伊吹いりこなど四種類の煮干しを使用し、見た目よりもしっかりと濃厚な出汁感があり、苦味やクセは皆無で、丁寧さを感じるスープ。

醤油の香ばしさが良く合っている。


きれいに折りたたまれた麺は、中細のほぼストレート麺。
ホシが練り込まれているので全粒粉を使用しているかも。ココでは初めて食べる麺。
適度なコシとサクッとした食感があり、スープと良く合っている。
(村上朝日製麺)


チャーシューは炭火焼きの豚内モモ肉で、炭火の香ばしさが旨味を引き出している。
脂は少ないがパサつきはなくジューシーで、上質な仕上がり。

その他の具は、カットした穂先メンマ。

薬味は、赤玉ネギのスライス、カイワレ菜。

炭火焼きチャーシュー

メンマ




 
(限定)カラシビ味噌ラーメン

【(限定)カラシビ味噌ラーメン】
[2018/1/19]
\800

2018/1/18からの提供。

とろみがあるスープは味噌の香ばしさがあり、唐辛子系の適度な辛さと、花山椒のシビレ感が特徴的。

まろやかな味噌味で、甘味がある。


麺はこのメニュー専用の太麺平打ちの縮れ麺。
適度なコシとモチッとした食感が特徴的で、味噌ラーメンとして最適。
(村上朝日製麺)


チャーシューは豚バラ肉。

挽肉は辛めの味付け。

その他の具は、茹でモヤシ、青菜。

薬味は、糸唐辛子。

チャーシュー

挽肉

青菜




 
(限定)柚子香る飛魚塩中華そば

【(限定)柚子香る飛魚塩中華そば】
[2018/1/7]
\800

限定20食での提供。

やや褐色を帯びた透明感のあるスープは、飛魚(アゴ)の柔らかなダシの風味が香り、スッキリとしている。

透明な油が浮いている。

味付けは塩で、まろやかさがある。塩味はやや強めでクッキリとした味わい。

柚子は皮をおろし金で摺ったものがかかっており、柑橘系の爽やかな香りが広がる。


麺は中華そばと同じく、中細のほぼストレート。
通常より柔らかめで、しなやかなコシがスープと合っているのが特徴的。
小麦のほんのりとした香りと、適度な歯応えがある。
(村上朝日製麺)


チャーシューは二種。
豚肩ロースの低温調理は、肉の美味しさが楽しめる。
豚バラ肉チャーシューは、ローストしたもので、焼きたての香ばしさがある。

皮雲呑はツルッとしている。

メンマは穂先メンマ。

薬味は、長ネギの白い部分の笹切りと、水菜。

二種のチャーシュー

皮雲呑

穂先メンマ



戻る レポートの一覧に戻る