麺処 青野


▲TOPに戻る

埼玉県大里郡寄居町保田原215-1 [地図]
048-501-8507


11:30~14:30、18:00~21:00
火曜休

カウンタ 5席、テーブル 2席×5、小上がりあり
自販機による食券制

P 10台程度
最寄り駅は 東武東上線 鉢形駅


2019/4/11 オープン
たつみ喜心@秩父(休業中)出身らしい

[Twitter]

外観撮影 2022/4/7

[2022/4/7]
味噌らぁめん 830、味玉味噌らぁめん 940、チャーシュー味噌らぁめん 1080
醤油らぁめん 790、味玉醤油らぁめん [2022/4/7] 900、チャーシュー醤油らぁめん 1040
塩らぁめん 790、味玉塩らぁめん 900、チャーシュー塩らぁめん 1040
つけめん 850

【限定メニュー】
焼き豚とトリュフそば 900

大盛り +120

味玉・メンマ 110、チャーシュー 3枚 250
(味噌のみ)辛ねぎトッピング 50、辛さプラス 無料

ギョウザ 370

ごはん 150・半ごはん 100、焼肉丼 300
生ビール 450、レモンサワー・ハイボール 300





 卓上の調味料など

[2022/4/7]

道路沿いの看板


[2022/4/7]

ホワイトペッパー

醤油

ラー油


[2022/4/7]

箸入れには最低限の割り箸のみを用意している。

手間はかかるだろうが、感染防止にうれしい配慮。





 
醤油らぁめん

【味玉醤油らぁめん】
[2022/4/7]
¥900


醤油清湯スープは熱々で、豚骨・鶏に各種魚介系だろうか、サラッとしているが分厚いダシ感がある。

表面の脂は鶏油?
多めだがしつこさはない。

クッキリとした醤油味で、個人的にはやや濃いめ。



麺は手もみ風太縮れ。
適度な硬さの茹で上げで、モッチモチの食感。
口当たりの楽しさと、濃いめの醤油スープに負けない存在感がある。
(製麺所は不明)



チャーシューは肩ロース1枚とバラ肉3枚とボリュームたっぷり。
肩ロースは焼き豚で、薫香がアクセント、旨味がたっぷりでとても美味しい。
バラ肉は煮豚で、ホロっと柔らかく、脂の甘みと肉の旨味がある。

味玉は黄身の中心部がトロッとした半熟で、白身はほとんど色づいていない。
しっかりとした味付け。

メンマは極太で、柔らかい。

その他の具は、ほうれん草。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。



手の込んだスープで、塩・味噌も食べてみたい。
チャーシューの見た目の迫力と、美味しさは特筆もの。



味玉

メンマ





戻る レポートの一覧に戻る