らーめん チキント


立川市柴崎町3-4-9 [地図]
090-3477-0090

11:00〜15:00、17:30〜22:30
日 11:00〜17:00
月曜休


カウンタ 8席、禁煙
自販機による食券制、水は給水器によるセルフ

Pなし、至近にコインPあり


2011/4/8 吉祥寺の居酒屋「ビストロ酒場 提灯まる」で昼のみの間借り営業をしていた「くれちゃんらーめんチキント」が独立して立川にオープン

公式ブログ] [twitter

[2016/12/11]

※麺の量(ゆで前) 茹で後は約1.4倍になる
  つけ麺・油そば 太麺 並盛 220g、大盛 330g
  らーめん 中細麺 並盛 150g、大盛 225g
  煮干しらーめん 並盛 130g、大盛 195g
※紅らーめん・紅つけ麺は、自家製ラー油を使用

らーめん 750、鶏肉らーめん 950、スペシャルらーめん 1050
煮干しらーめん 700、煮干しワンタンめん(ワンタン 5ヶ入り) 850
紅らーめん 880、紅スペシャルらーめん 1080

つけ麺 780、鶏肉つけ麺 980、スペシャルつけ麺 1080
紅つけ麺 930、紅スペシャルつけ麺 1130

油そば 700、油そば ワンタンスープセット 900
紅油そば 730、紅油そば ワンタンスープセット 930

大盛り +100

(トッピング)のり 大3枚 50、鶏つみれ 2個 70、味玉・青ねぎ・白髪ねぎ 100、メンマ・トッピングワンタン 4個 150、鶏肉 200

ごはん 100、鶏肉丼 220、スペシャル丼 320
ワンタンスープ 250

えびすビンビール 550


(以前のメニュー)
[2011/8/7]
らーめん 680、紅らーめん 800、鶏肉らーめん 830、すぺしゃるらーめん 980
つけ麺 750、紅つけ麺 870、鶏肉つけ麺 900、すぺしゃるつけ麺 1050
(季節限定)冷やし中華 780
大盛り +50
(トッピング)のり 50、味玉・青ねぎ・白髪ねぎ 100、鶏肉 150
ごはん 100、鶏肉丼 200
えびすビンビール 550
 

(店頭のA看板と、店内にある蘊蓄の要約)

スープ
7時間以上炊いた鶏白湯スープに、昆布、椎茸、鰹、煮干しなどの魚介出汁を合わせた濃厚スープ。化学調味料を使用せず、素材の自然な旨味を引き出したまろやかなスープ。

タレ
あきる野市にある近藤醸造のキッコーゴ丸大豆醤油を使用し、干し貝柱や、香味野菜などの旨味を凝縮されてある。

塩ダレ
モンゴル岩塩を使用し、干し貝柱、節系の旨味を凝縮した塩ダレ。

チャーシュー
チキントでは豚ではなく鶏のモモ肉を使用。


らーめん
濃厚鶏白湯 大量の国産鶏ガラ・モミジと野菜をトロトロになるまで煮込み、魚介出汁を合わせた濃厚スープに、キッコーゴ丸大豆醤油ベースのタレを合わせた無化調スープ。麺は村上朝日製麺の低加水中細の特注麺。肉もつみれも鶏づくし。

煮干しらーめん
鶏清湯スープと煮干しベースの魚介スープを合わせ、キッコーゴ丸大豆醤油を使用したタレでまとめた無化調スープ。麺は細く歯切れの良い専用麺 130g。

つけ麺
らーめんスープをベースに、更に濃厚に仕上げたスープ。麺は村上朝日製麺の全粒粉入りの特注太麺。

紅らーめん・紅つけ麺
鶏白湯スープに、自家製ラー油を加えたピリ辛。

油そば
キッコーゴ醤油ベースのタレに香味油を合わせ、太麺にからめてある。鶏肉とともに麺の表面も炙ってある。
紅は自家製ラー油のピリ辛味。
 
 


その他

卓上の薬味

 ペッパーミルのみ





らーめん

【らーめん+味玉】
[2016/12/11]
\750+\100



茶濁でトロみのあるスープは、長時間煮だした鶏白湯で、魚介類も使用しているとのことだが、それらが主張しすぎないバランスの良さは特筆モノ。

加えて、無化調らしいベタつきのなさが好印象。

味付けは、キッコーゴ丸大豆醤油がベースなので、醤油の輪郭がハッキリしている。適度な甘みもあり、塩味はちょうど良い。



麺は中細めのストレートで短め。低加水で白っぽく、サクッとした歯切れが特徴的。
(村上朝日製麺とのこと)



チャーシューは、鶏モモ肉でしっかりとした味付け。直前にバーナーで炙っているので、その香ばしさがる。

鶏つくねは風味が良く、追加で2ヶ 70円は安いと思う。

メンマは風味が良く薄めの味付け。

薬味は青ねぎと三つ葉。

麺のアップ

鶏チャーシューのアップ

鶏モモ肉で柔らかい。しっかりとした味付け。炙った香ばしさがアクセントになっている。

鶏つみれのアップ

味付けは薄めで、鶏肉本来の旨さを味わうことが出来る。

メンマ

味玉

黄身の中心部がトロトロの半熟で、白身は全体的に色づいている。

甘みのあるしっかりとした味付け。





らーめん

【らーめん】
[2011/8/7]
\680



鶏白湯+魚介系が香るスープに油も浮いているのだが重たくなく、化学調味料を多く使っていないように感じる。

見た目と、食べてみてのギャップが面白い。



麺は細めのストレートで短め。(村上朝日製麺とのこと)

硬めに茹で上げているが、もう少し柔らかめのほうが、おとなしめのスープに合うかもしれない。



薬味は青ねぎと三つ葉。

チャーシューは鶏肉で、提供する直前にバーナーで炙っていて、その香りがアクセントになっている。

鶏つみれのアップ

味付けは薄めで、鶏肉本来の旨さを味わうことが出来る。

メンマと小量入っている輪切りの唐辛子



戻る レポートの一覧に戻る