らーめん 五ノ神精肉店





 
(限定)五ノ神的喜多方ラーメン

【(限定)五ノ神的喜多方ラーメン】
[2018/11/3]
\750

2018/11/3からの提供



お店からの告知(抜粋)
『スープは豚の肉スープにサバ節やら煮干しを効かせたスッキリタイプ。
塩ダレベースにほんのり醤油をきかした特製かえしと豚油を加えます。
麺は食べごたえのある太手揉み麺です。
チャーシューは豚バラと豚肩ロースです。もちろんチャーシュー増しもあります。』


 

透明感のあるスープは鯖節・煮干し鶏がしっかりと効いている。

味付けは塩・醤油の中間で、しつこさはない。


麺は太麺で手揉みの強い縮れ。
モチッとした食感としなやかなコシがある。
(自家製麺)


チャーシューは、バラ肉と肩ロースの二種でボリュームがある。
バラ肉は煮豚、肉と脂のうまみがある。
肩ロースはロースト、噛みしめる肉の旨味がある。

味玉は黄身がしっとりとした半熟で、白身は全体が色づいている。

メンマは三角ではなく、一般的なタイプ。

薬味は青ネギの小口切りが多め。

味玉

メンマ




 
(限定)五ノ神的京都ブラック中華そば

【(限定)五ノ神的京都ブラック中華そば】
[2018/10/25]
\750

2018/10/25からの提供



お店からの告知(抜粋)
『京都の老舗ラーメンさんをイメージしました。
黒光りした醤油スープに中太麺を合わせ、豚バラ肉と豚肩ロースの薄切りスライスを乗せ、大量のネギをトッピングします。
生卵付き(+50円)もお勧めです。』


 

見た目真っ黒なスープは鶏清湯で、鶏油も使用しているのか鶏の風味がしっかり。

味付けは甘辛い醤油味で、インパクトがある。


麺は中細麺で軽くウェーブがかかっている。
適度な硬さとしなやかなコシがあり、濃厚なスープに負けていない。
(自家製麺)


チャーシューは、バラ肉と肩ロースの二種。
バラ肉は煮豚?肉と脂のうまみがある。
肩ロースはロースト?噛みしめる肉の旨味がある。

こちらのラーメンではほとんど見ない細モヤシが山のようにトッピングされている。
ラーメンにはこちらのほうが断然合うと思う。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

薬味は青ネギの小口切りが多め。



京都の老舗よりも鶏風味がクッキリとしているかも。

真っ黒なスープ

細いモヤシ

三角のメンマ




 
(限定)ハイカラ冷やし中華

【(限定)ハイカラ冷やし中華】
[2018/8/2]
\880

2018/8/2から40食の提供



お店からの告知(抜粋)
『旨味の詰まった牛のチャーシューダレをメインに甘味・酸味・スパイス・玉ねぎペーストでハイカラな感じで、トロミのあるタレに仕上げ、セロリの香味油と合わせます。
麺は手揉みの太麺で存在感を。
トッピングに、細切りローストビーフ100g・ローストトマト・レタス・錦糸卵・味付けモヤシ・ザク切り玉ネギ。
味変に特製カラシマヨネーズとなります。

西洋要素が全面でそこまで冷やし中華っぽくないですが、全てを混ぜると、冷やし中華を遠くで感じる。そんな冷やし中華になってます。』


 

丼はよく冷えている。

丼の底には醤油ベースのタレが入っている。
甘み・酸味は少なく、表面の油はセロリの香味油とのことだが、クセはない。
味付けは濃いめ。

辛子マヨネーズを絡めると、一気に濃厚さが広がり、西洋風になる。


麺は太麺平打ちで強い縮れ。
水で締めてあるので、モチッとした食感で、濃厚なタレ・辛子マヨネーズに負けずに相性が良い。
(自家製麺)


ローストビーフは細切りでピンク色。噛み応えがある。

その他の具は、ローストトマト・レタス・錦糸卵・味付けモヤシ・ザク切り玉ネギ。



太麺に濃厚な辛子マヨネーズの組み合わせがココらしい味わい。

辛子マヨネーズが麺に良く絡む

ローストビーフ

ローストトマト




 
(限定)五ノ神的徳島ラーメン

【(限定)五ノ神的徳島ラーメン】
[2018/6/14]
\790

2018/6/14からの提供

お店からの告知(抜粋)
『スープは豚骨ベースにワイルドに香る感じに煮込み、ほんのり魚介をブレンド。
チャーシューダレで甘辛く味付けされた豚バラ肉は肉の日級に 250グラムどっさりと盛りつけます。
玉子は別皿でのご提供となりますので、つけ麺風に食べていただいてもラーメンの上で砕いていただいてもよいです。
白飯にも相性がいいので、よかったらどうぞ。』
 

濃いめの茶濁スープは、多少豚骨の臭みがあるまで煮出したどっしりとしたスープ。

味付けは醤油ベースで、適度な塩味。

生玉子が付いてくる。スープに合わせると、マイルドなスープが味わえる。
肉が濃い味なので、つけ麺風に食べた方が合っているかもしれない。


麺は中細で軽くウェーブがかかっている。
適度の硬さのある茹で上げ。スープとの相性は良い。
(自家製麺)


トッピングは豚バラ肉。
濃いめの味付けで、250gととにかく量が多い。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、茹でモヤシ。

薬味は青ネギの小口切り。


徳島ラーメンに比べると豚骨が強く醤油が弱め、肉が多い、玉子が別添えと異なる点があるものの、ココらしさがあって良いと思う。

茶濁スープ

メンマ

生玉子




 
(限定)冷やしらーめん葱鶏 塩味バージョン

【(限定)冷やしらーめん塩葱鶏】
[2018/5/22]
\800

2018/5/22から60食限定の提供
(5/19から醤油味を限定130食で提供)

お店からの告知(抜粋)
『スープは鶏ガラに煮干しと昆布の旨味を加え、特製ダレとネギ油を合わせます。
鶏もも肉、ネギ、ごま油で和えたものをメーントッピングにしました。揚げネギも乗ります。』

 

氷入りで良く冷えた透明感のあるスープは、鶏ガラスープに煮干しがふんわりと香り、スッキリとした味わい。

表面に浮くネギ油と揚げネギがアクセントになっている。

味付けは塩ベースで、適度な塩味。


麺は中細で軽くウェーブがかかり白っぽい。
水で締めてあるので、強めの歯ごたえがあり、スープとの相性は良い。
(自家製麺)


トッピングは鶏モモ肉。ゴマ油で和えてある。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、海苔。

薬味は長ネギの笹切りと、青ネギの小口切り。

鶏モモ肉

揚げネギ

三角のメンマ

氷入り




 
(限定)4種の海老味噌らーめん 海老ちくわ乗っけ

【(限定)4種の海老味噌らーめん 海老ちくわ乗っけ】
[2018/2/24]
\850

2018/2/24から130食限定の提供

お店からの告知(抜粋)
『スープはオマール海老の肉の旨味、干した白海老の出汁感、バナメイ海老のミソの奥行きが溶け込んでます。
動物系は少量だけ豚を使い、乾物は一切使わず海老中心の構成にしました。
味噌ダレは甘海老の旨味が詰まった合わせ味噌で、油はオマール油です。
麺は加水33%で玉子が少し入ったツルツル中細麺です。
トッピングには焼豚他、海老すり身で作ったアレもドーンと乗せます。かじったり、ストローにしたりしてお楽しみください。』

サラリとしたスープは、豊潤な味噌の香りと、スープ・表面の油などからの海老の香ばしさがアクセントになっている。


麺は中細で軽くウェーブがかかっている。
低加水のボソッとした歯切れ感が面白い。スープとの相性は良い。
(自家製麺)


チャーシューは肩ロースが2枚。
柔らかすぎずに適度な味付け。

竹輪は海老すり身でピンク色。パサつき感のある不思議な食感。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

薬味は青ネギの小口切り。

チャーシュー

海老すり身の竹輪

三角のメンマ




 
(限定)豚汁味噌中華

【(限定)豚汁味噌中華】
[2018/2/21]
\780

2018/2/21から一週間程度提供の限定

お店からの告知(抜粋)
『短時間で仕上げた豚スープに鰹出汁味噌ダレを合わせ、背油を浮かべて中細麺を合わせます。
焼き豚とシットリほぐし豚乗せます。
シンプルに豚の魅力を詰め込んだ一杯。
卓上のフライドガーリックを途中から入れるのもお勧めです。』


とろみのある白茶濁スープは、味噌の香ばしさがある反面、 豚骨や鰹ダシは味噌の風味に隠れて感じにくい。

背油が浮いているが、しつこさはない。

味噌が前面に出ているため、後半はやや単調になるか。


麺は中細ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)


チャーシューは肩ロースが2枚。
柔らかすぎずに適度な味付け。

ほぐし肉は柔らかく煮込んであり、甘辛い味付けが味変になる。

モヤシは茹でモヤシ。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

薬味は青ネギの小口切り。

ほぐし肉

メンマ




 
(限定)フカヒレ餡かけ麺

【(限定)フカヒレ餡かけ麺】
[2018/2/2]
\900

2018/2/2から限定50食で提供

お店からの告知(抜粋)
『ベロベロ平打ち麺とザクザク中細麺の食感の違う混合麺に、鶏豚肉スープで煮込んでオイスターソースで味付けたフカヒレ餡をたっぷりとかけてお出しします。
麺にトロっと絡み付くスープの旨味と、シャクっとしたフカヒレの三位一体をお楽しみ下さい。』


魚型をした金属製の大きめの器に盛られている。


麺は超幅広平打ち麺と、細麺ストレートの二種で、茹で上げて湯切りをした温かい麺。
幅広麺はモチッとした食感。
細麺はサクッとした食感とコシがある。
(自家製麺)


餡はフカヒレを煮込んでオイスターソースで味付けしたもので、とろみがついている。 濃いめの味付けで、麺とよく絡む。
フカヒレは柔らかく、コラーゲンのような食感。


メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

青梗菜はサッと茹でたもの。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと、フライドガーリック。

餡の中のフカヒレ

麺と餡を良くかき混ぜて食べる。






 
(限定)山形県天童市の鳥中華

【(限定)山形県天童市の鳥中華】
[2018/1/11]
\750


「準備なしでも 飛び出せる 美味の県へ」シリーズ第一弾

2018/1/11から限定140食で提供

お店からの告知(抜粋)
『そば屋さんの「まかない」から誕生した山形県のご当地ラーメン。
麺はラーメンですが、スープは和風のあっさりした中華そばです。
鶏肉、天かす、のり、白ネギ、三つ葉をトッピングし、コショウを少し効かせます。』



透明感のあるスープは、鰹節などの和風魚系が香り、そばつゆに近い。

表面の油は皆無で、天かすからじわりと油がしみ出してくる程度。

味付けは醤油ベースで、適度な塩味。
ほんのりとコショウが効いている。


麺は太麺縮れ。
モチッとした食感と、しなやかなコシがある。スープとの相性は良い。
(自家製麺)


チャーシューは鶏モモ肉で、薄めの味付け。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、刻み海苔。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと三つ葉。



たぶんフィーチャーしたと思われる、水車生そば@天童の鳥中華に良く似ている。
こちらの方が天かすが上品で、油の染み出かたが少なめかもしれない。




戻る レポートの一覧に戻る