横濱塩らー麺 本丸亭 川越店


川越市新富町1-9-12 NSプラザ川越3ビル [地図]
049-228-5755

11:00~15:00、17:00~20:00
水曜休

カウンター11席
自販機による食券制

最寄り駅は西武新宿線 本川越駅
Pなし 至近にコインPあり


2021/6/12 オープン
本丸亭@厚木がはじまりで、創業者は金丸透氏(2020/10没)
その後、横浜元町に支店を展開
現オーナーは 佐藤靖氏
現店舗は、横浜元町店、横浜店(鶴屋町)、三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド店、川越店

[Twitter] [公式サイト]

[2021/10/26]

本丸塩ら~麺 [2021/10/26] 850
赤丸塩ら~麺 950
鶏三昧塩ら~麺 1100
梅鶏塩ら~麺 1100
海老ワンタン入り塩ら~麺 1150
チャーシュー増し 塩ら~麺 1250

本丸塩つけ麺 900
限定 鴨塩つけ麺 1200

大盛 +150

塩煮たまご [2021/10/26] ・のり・コーン・紀州南高梅 100、春菊 150、白髪ねぎ・肉ワンタン・バターコーン・鶏チャーシュー 200、海老ワンタン・辛味ねぎ・鶏つくね 300
豚チャーシュー増し・肩ロース塩チャーシュー増し 400

ごはん 150、ミニまんま丼(厚切れチャーシュー、キムチのせ)300

川越一口餃子 8個 450、ねぎのせ一口餃子餃子 600
肉ワンタン皿 400、海老ワンタン皿 600

生ビール 400、瓶ビール 600、ハイボール・レモンサワー 400
コカコーラ・オレンジ・ウーロン茶 200



公式サイトより(抜粋)

本丸亭は塩ラーメン専門店です。
丁寧に下処理を施したゲンコツ、鶏ガラに丸鶏、高級食材の焼きあごを贅沢に使用したあっさりスープに、麺は国産小麦100%自家製の手揉み縮れ麺を絡めて、素材の味をご堪能いただけます。
40年継ぎ足しの秘伝のチャーシューだれで仕上げるチャーシューも是非ご賞味下さい。


塩ラーメン専門店
丁寧に下処理を施したゲンコツや鶏ガラを使用したあっさりスープの塩ラーメンを中心に展開しています。
シンプルだからこそ際立つ素材本来の味が織りなす本丸亭独自の塩ラーメンをご賞味ください。

素材へのこだわり
高級食材の焼きあごや、鶏ガラを丁寧に煮出した透き通ったスープは、その透明度で器の底が見れるほど。
麺は平打ちですが、自家製麺を使用しておりモチモチとした独特の噛み応え。
独自の製法で仕込んだチャーシューや絶妙な苦みを感じる春菊など、素材にこだわってつくっています。
 
 



卓上の調味料など

卓上の薬味
[2021/10/26]


胡椒
柚子胡椒

醤油

辣油


POP
[2021/10/26]


塩煮たまご
1日限定20個

秘伝の塩ダレと鰹出汁の旨味たっぷりしみこんだたまご


POP
[2021/10/26]


春菊
スープが熱いうちに浸しておくと、よりおいしくお召し上がりいただけます





 
本丸塩ら~麺

【本丸塩ら~麺+塩煮たまご】
[2021/10/26]
¥850+¥100



やや褐色を帯びた透明感のあるスープは、丸鶏などの動物系に、焼きあごなどの乾物系合わせた、インパクトよりもバランス重視のもの。

スッキリしているが旨味がたっぷりで、奥深さがある。
後半も飽きが来ない。

味付けは甘味のあるまろやかな塩味で、濃すぎずにちょうど良く、上質なスープを存分に楽しめる。
最初から、多少、胡椒の風味がある。

卓上の柚子胡椒が味変アイテム。
スッキリとした塩スープに良く合う。



麺は中太縮れの多加水タイプ。
適度な硬さの茹で上げで、モッチリとした食感で、しなやかさもある。
(自家製麺らしい)



チャーシューはバラ肉ロールで、2枚入ってボリュームがある。
柔らかく脂が甘く、肉の旨味がある。

塩煮たまごは、黄味がトロトロの半熟で、白身はほとんど色づいていない。
旨味たっぷり。

ワンタンは肉ワンタンで餡は少量のタイプ。皮がトゥルンと柔らかい。

春菊のほのかな苦味がアクセントになっている。
熱いうちにスープに浸しておくのがお店のオススメ。

薬味は長ネギのみじん切り、少量の青ネギの小口切り。



スッキリしているが奥深く、丁寧さを感じる一杯。




肉ワンタン

味玉

春菊

卓上の柚子胡椒で味変

塩スープと良く合う



戻る レポートの一覧に戻る