▲TOPに戻る


ラーメン 一樹(いちき)


入間市東町6-7-16 [地図]
電話番号不明


11:00〜14:00、17:00~21:00
日曜 11:00~14:00
日曜夜・月曜休

カウンタ 5席、テーブル 4席×2
自販機による食券制

最寄り駅は 西武池袋線 武蔵藤沢駅
P 店舗裏に5台 (詳細)


2021/10/14 久喜市から移転オープン
店主は一樹輝氏
自家製麺

Twitter


外観撮影 2022/6/12

[2022/6/16]
  • 特製はチャーシューが2倍 +味玉
ラーメン [2022/6/16] 750、特製ラーメン 950
塩ラーメン 800、特製塩ラーメン 1000
こってりラーメン 800、特製こってりラーメン 100

(夏季限定) つけ麺 [2022/6/19] 850、特製つけ麺 1050
まぜそば 800、特製まぜそば 1000

麺大盛 +100

味付玉子 [2022/6/16] 100

ライス 100、チャーシュー丼 200





 
駐車場、卓上の調味料など

[2022/6/16]

駐車場は店舗裏にある

No. 9・10・12・13・14 の5台


[2022/6/16]

卓上の調味料


STAR OF SPICE ホールブラックペッパー(ミル)
Hachi 白こしょう

S&B 一味唐辛子
S&B 七味唐辛子






 
ラーメン

【ラーメン+味玉】
[2022/6/16]
¥750+¥100


透明感のある濃いめ醤油スープは、動物系+乾物・魚介系だろうか。
バランス重視のスープに、たまり醤油のような濃厚で芳醇さと甘みのあるクッキリとした醤油味。

表面の油は多くない。
スッキリとしながら奥深く、最後まで飽きの来ない味わい。



麺は中太ストレート。
適度な硬さの茹で上げで、プリッとしてモッチリ感もあり、印象的なスープにとても合っている。
量はやや多め。
個人的に好みの麺。
(自家製麺)



チャーシューはバラと肩ロースの2種で、薄めのカットながら量が多めなのがうれしい。
柔らかく脂の甘みと肉の旨味がある。

味玉は、黄身がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。黄身が美味しい。

メンマ穂先メンマ。

その他の具は、青菜、海苔。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。



全体的に丁寧さがある。
昔ながらのラーメンのようで新しさもあるネオノスタルジックな一杯。

自家製麺が秀逸でつけ麺も食べてみたい。




チャーシュー(バラ)

チャーシュー(肩ロース)

味玉

スープ

反高台丼
(そりこうだいどん)





 
つけ麺

【つけ麺】
[2022/6/19]
¥850


麺は自家製麺の中太ストレートでラーメンと同じ。

水で締めてあり、弾力のあるサクッとしたしっかりとした食感。
みっしりと詰まった重量感がある。

小麦の香りと甘みがあり、麺そのものが美味しい。

若干芯があるかも?
個人的にはもう少し茹でた方が好みかもしれない。
(自家製麺)



つけ汁は温かく、表面には油が浮いているが、しつこさはない。
ラーメンを踏襲しており、動物系+乾物・魚介系と思われる。

濃厚で芳醇さと甘みのあるクッキリとした醤油味で、つけ汁らしい濃いめの味わい。

卓上の一味唐辛子が味変アイテム。



具は、つけ汁の中に、チャーシュー、ネギ。麺には海苔。

チャーシューはラーメンと同じく、バラと肩ロースの2種で、薄めのカットながら量が多めなのがうれしい。
柔らかく脂の甘みと肉の旨味がある。

ネギは青ネギの小口切り。



スープ割りは温かい煮干しなどの和風ダシで、美味しさが二度楽しめる。



ラーメンと同様に全体的に丁寧さを感じる。

見た目は至って普通のつけ麺だが、自家製麺と醤油を生かしたつけ汁との組み合わせが秀逸。

つけ汁

麺をつけ汁に漬けて

チャーシュー

卓上の一味唐辛子が合う

スープ割り



戻る レポートの一覧に戻る