麺処 いし川(いしかわ)


▲TOPに戻る




 
醤油

【醤油】
[2013/4/20]
¥700


透明感のあるスープは、適度な和風魚系がバランスよく薫る。

味付けはキッコーゴ(近藤醸造@秋川)を使用しているので、醤油の風味が良く食べやすい。

表面には透明な脂が少量浮いている。


麺は細めのストレートの少加水。サクッとした食感があり歯切れが良い(カネジン食品とのこと)

薬味は白ネギ。
お麩が入っているのは珍しい。

チャーシューは鶏モモ肉と豚バラ肉で、適度に脂身がある。

鶏は薄味。
豚は醤油の味付け。

丼はお椀型。




 
醤油

【醤油】
[2017/6/11]
¥750


透明感のあるスープは、ファーストタッチで追い鰹のような雑味のないクリアな鰹節の後に、乾物など様々な素材から染み出た旨味が幾重にも押し寄せてくる。

ダシそのものがよりわかりやすく美味しくなっていた。

味付けは以前と同じく、キッコーゴ(近藤醸造@秋川)を使用しているので、香ばしい醤油の風味がダシと良く合っている。

表面には透明な脂が少量浮いている。


麺は細めストレートの低加水。サクッとした食感があり歯切れが良い(カネジン食品とのこと)

薬味は白ネギだったのが、青ネギの小口切りになっている。

花形の麩が入っているのは珍しい。



従前よりも確実にレベルが上がっていた。

チャーシューは鶏モモ肉と豚肩ロース。

鶏は薄味で、しっかりとした風味。
豚は柔らかめで、醤油の味付け。

メンマは細めで、コリコリとした食感。

花形の麩が入っているのは珍しい




 
特製醤油

【特製醤油】
[2018/4/8]
¥900


(以前と同じ感想はコピペ)
透明感のあるスープは、鰹節・煮干しや乾物など様々な素材から染み出た旨味が幾重にも押し寄せてくる。

味付けはキッコーゴ(近藤醸造@秋川)を使用しているので、香ばしい醤油の風味がダシと良く合っている。

表面には透明な脂が少量浮いていて、スッキリとしているが、インパクトのある味わい。

化学調味料を使用していないため、旨味は強いが変なベタつきがないのが大きな特徴。



麺を五ノ神製麺に変えてから初。
細めストレートの低加水麺で、小麦の良い香りを感じ、サクッとした食感があり歯切れが良い。
(五ノ神製麺)



チャーシューは鶏モモ肉と豚肩ロース。
鶏は薄味で、しっかりとした風味。
豚は柔らかめで、醤油の味付け。

味玉は、黄身は固まる直前のゼリーのような状態で、白身は全体が薄く色づいている。適度な味付けで美味しい。

メンマは細めで、コリコリとした食感。

花形の麩が入っているのは珍しい。

その他の具は、海苔。

薬味は青ネギの小口切り。

チャーシューは鶏モモ肉と豚肩ロースの二種。

味玉

メンマ

花形の麩




 
特製醤油

【特製醤油・太麺】
[2021/5/21]
¥930


(以前と同じ感想はコピペ)
透明感のあるスープは、鰹節・煮干しや乾物など様々な素材から染み出た旨味が幾重にも押し寄せてくる。

味付けはキッコーゴ(近藤醸造@秋川)を使用しているので、香ばしい醤油の風味がダシと良く合っている。

表面には透明な脂が少量浮いていて、スッキリとしているが、インパクトのある味わい。

化学調味料を使用していないため、旨味は強いが変なベタつきがないのが大きな特徴。



食券機などに記載はないが、麺をつけ麺用の太麺に変更。

太麺ストレートで短め。
モチッとした食感と小麦の良い香りを感じる。
ラーメンとの組み合わせでも全く問題ない。
(五ノ神製麺)



チャーシューは鶏モモ肉と豚肩ロース・豚バラ。
鶏は薄味で、しっとりとした美味しさ。
豚は柔らかめで、醤油の味付け。肉の旨味がある。

味玉は、黄身は固まる直前のゼリーのような状態で、白身は全体が薄く色づいている。適度な味付けで美味しい。

メンマは細めで、コリコリとした食感。

花形の麩が入っているのは珍しい。

薬味は青ネギの小口切り。



麺・スープ・具それぞれが美味しいとともに、全体のまとまりがとても良く、食べ終えた時の満足度が非常に高い。


味玉

メンマ




 

【塩】
[2013/5/13]
¥700


醤油の香ばしさが前面に出てくる醤油に対して、塩は粟国の塩のまろやかな味わい。

なのでよりダシのバランスが良くわかり、醤油に比べるとすっきり感が増しているが、物足りなさは感じない。


麺は醤油と同じ。

チャーシュー・お麩は醤油と同じ。




 

【塩+味玉】
[2018/1/16]
¥750+¥100


透明感のあるスープは、和風魚系が香り、雑味のないクリアな味わい。
その後に、乾物など様々な素材から染み出た旨味が幾重にも押し寄せてくる。

味付けは塩ベースで、まろやかで甘味がある。塩味はちょうど良い。

表面には透明な脂が少量浮いている。


麺は細めストレートの低加水。サクッとした食感があり歯切れが良い
(カネジン食品とのこと)


チャーシューは鶏モモ肉と、通常は豚肩ロースのところ、バラ肉。

鶏は薄味で、しっかりとした風味。
豚バラ肉はローストしてあり、噛む毎に肉の旨さが染み出てくる。


味玉は、黄身の中心部がトロトロの半熟で、白身は全体が色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは細めでコリコリとした食感。

その他の具は、海苔、花形の麩。

薬味は青ネギの小口切り。

チャーシューは鶏モモ肉と、通常は豚肩ロースのところ、バラ肉。

味玉

メンマ

花形の麩が入っているのは珍しい




 

【塩・平打ち麺+味玉】
[2020/2/13]
¥780+¥100


・2020/1下から、塩にひんぎゃ塩も使用するようになって初。
・通常とは異なる平打ち麺。
・ピンクでハート型の麩はバレンタイン仕様。



(以前と同じ印象はコピペ)
透明感のあるスープは、和風魚系が香り、雑味のないクリアな味わい。
その後に、乾物など様々な素材から染み出た旨味が幾重にも押し寄せてくる。

味付けは塩ベースで、まろやかで甘味がある。塩味はちょうど良い。
ひんぎゃ塩の違いは明確にはわからないが、旨味が深まったかも?

表面には透明な脂が少量浮いている。



麺は通常とは異なる中太平打ちストレート。
表面がツルツルで、口当たり・喉ごしが良い。
プリッ・シコッとした歯切れ感が楽しい。
つけ麺でも食べてみたい。
(五ノ神製麺)



チャーシューは鶏モモ肉と、バラ肉。
鶏は薄味で、しっかりとした風味。
豚バラ肉はローストしてあり、噛む毎に肉の旨さが染み出てくる。

味玉は、黄身がトロトロの半熟で、白身は全体が色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは細めでコリコリとした食感。

その他の具は、海苔、ハート型の麩はバレンタイン仕様。

薬味は青ネギの小口切り・長ネギの白い部分。


味玉

メンマ




 

【塩+味玉】
[2020/12/14]
¥780+¥100


(以前と同じ印象はコピペ)
透明感のあるスープは、和風魚系が香り、雑味のないクリアな味わい。
その後に、乾物など様々な素材から染み出た旨味が幾重にも押し寄せてくる。

味付けは塩ベースで、まろやかで甘味がある。
塩味はちょうど良い。

表面には透明な脂が少量浮いている。



麺は細麺ストレート。
適度な茹で上げ。
表面がツルツルで、サクッとした歯切れ感があり、スープに良く合う。
(五ノ神製麺)



チャーシューは鶏モモ肉と、バラ肉。
鶏は薄味で、しっかりとした風味。
豚バラ肉はローストしてあり、噛む毎に肉の旨さが染み出てくる。

味玉は、黄身がトロッとした半熟で、白身は全体が色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは細めでコリコリとした食感。

その他の具は、海苔、麩。

薬味は青ネギの小口切り・長ネギの白い部分のみじん切り。

チャーシューは二種

味玉

メンマ






 
つけそば

【つけそば】
[2013/6/1]
¥750

並盛りで220g

ウェーブが入った太麺で短め。

茹で時間は長め。水洗いでよく冷えている。

香りが良く、ギュッと引き締まったような麺。

つけ汁。

濃厚さのある豚骨魚介系のスープ。オーダーごと鍋で温めるので、温度が高い。

濃いめの味付けで、ややミルクのような滑らかな風味がある。

トッピングは、ネギ・海苔・ナルト。

スープの中には、細切りメンマが入っている。

スープ割り。

魚介系スープと柚子・香辛料などがプラスされる。



戻る レポートの一覧に戻る