食堂いしやま (通販)



(注)訪問していないため、写真はネットから拝借しています。
もし問題があれば、至急対処いたしますのでご連絡下さい。



(以下、 ラーメンDBより)


福島県河沼郡会津坂下町市中二番甲3617
0242-83-2365

11:00~14:30、16:00~20:00
不定休

席数 22席




【通信販売】    [おうちラーメンバンク
2020/ 8/ 1 冷しラーメン 4食セット×2 1,390×2 (送料 2,000、計 4,780)
[2020/8/2] 
2020/ 7/27 冷しラーメン 4食セット 1,390 (送料 1,000、計 2,390)
[2020/7/28] (温)[2020/7/29]
2020/ 7/10 冷しラーメン 4食セット 2,800 (送料無料)
[2020/7/10] [2020/7/12]






 

【冷しラーメン 4食入り】
¥2,480 (送料込み)

おうちラーメンバンク


「昭和27年初だし、
 味をつないで60年
 店主 福地隆一」


同郷であるラーメン界の重鎮、大崎裕史氏が推薦、
「小学生から食べていた懐かしいふるさとのラーメン」とある

  • 生麺 (150g) ×4
  • 自家製濃縮スープ ×4

【作り方】

  • 麺:小麦粉、食塩、酒精、加工でん粉(打ち粉)、プロピレングリコール、かん水
  • スープ:醤油、食塩、砂糖、肉エキス、醸造酢、昆布エキス、酵母エキス、調味料(アミノ酸)、酒精、カラメル色素、甘味料(カンゾウ)


【製造者】
有限会社 曽我製麺
福島県喜多方市関柴町上高額宮越517-18
[公式サイト]

【冷しラーメンの作り方】

  • 大きな鍋にお湯を沸かす
  • 沸騰したら、麺を2・3回手もみしてから入れ、箸でかき混ぜながら鍋底に付かないよう注意する、火は強火
  • 再度沸騰したら中火で4~5分茹でる(お好みの茹で加減で)
  • 茹で上がった麺はザルで水洗い、水を2・3回交換しながら手早く洗い、ヌメリを取る
  • 丼に、スープ1袋に対して冷水250ccで割って、氷を入れる
  • 麺を盛り付け、玉ねぎをトッピングする
  • 市販のチャーシュー、メンマはスープの味が変わり脂分が浮くなど、本来の冷しラーメンの味が崩れる場合があるので、薬味は玉ねぎのみがオススメ とある


【温かいラーメンの作り方】

  • 冷しラーメンと同様、麺を茹でて再度沸騰したら、中火で1分半ほど茹でる(お好みの茹で加減で)
  • 丼に、スープ1袋に対してお湯300ccで割る
  • 茹でた麺を湯切りし、スープに入れて薬味等を盛り付ける

食堂いしやま

福島県河沼郡会津坂下町字中二番甲3617
[Mail] syokudou.ishiyama@gmail.com
[TEL] 0242-83-2365




 
(通販)

【冷しラーメン】
[2020/7/10]

(ほぐし鶏チャーシュー、ネギ、氷は自前)

本店はスープを取らず、醤油ダレをお湯で割ったスープを提供しているらしい。

通販でもそれを踏襲しているようで、醤油ダレを水で薄めるだけで、美味しいラーメンとして成り立っているのが凄い。

味付けは、醤油+和風ダシの風味・旨味・甘味・酸味などの奥深さがある味わいで、シンプルな見た目とのギャップに驚く。


麺は中細縮れ。
作り方では茹で時間4~5分とあるが、3分でも良いかも。

表面がツルツルで滑らか。
水で締めてあるので適度な硬さがあり、適度に小麦が香り、クセのない味わい。
(曽我製麺@喜多方)


    ◆  ◆  ◆

素朴ながら深みがあり、バランスの良さがかなり好みの冷しラーメン。

本店と同様に、刻み玉ねぎで食べてみたい。

水で割ったスープを入れた丼ごと、事前に冷蔵庫で冷やしておくことで、氷を入れずスープが薄まることがなく食べることで、違った味わいになるかもしれない。





 
(通販)

【冷しラーメン】
[2020/7/12]

(チャーシュー、メンマ、玉子、ブロッコリースプラウト、氷は自前)

(以前と同じ印象はコピペ)
本店はスープを取らず、醤油ダレをお湯で割ったスープを提供しているらしい。

通販でもそれを踏襲しているようで、醤油ダレを水で薄めるだけで、美味しいラーメンとして成り立っているのが凄い。

味付けは、醤油+和風ダシの風味・旨味・甘味・酸味などの奥深さがある味わいで、シンプルな見た目とのギャップに驚く。


麺は中細縮れ。
作り方では茹で時間4~5分とあるが、3分でも良いかも。

表面がツルツルで滑らか。
水で締めてあるので適度な硬さがあり、適度に小麦が香り、クセのない味わい。
(曽我製麺@喜多方)


    ◆  ◆  ◆

素朴ながら深みがあり、バランスの良さがかなり好みの冷しラーメン。

本店と同様に、刻み玉ねぎで食べてみたい。

水で割ったスープを入れた丼ごと、事前に冷蔵庫で冷やしておくことで、氷を入れずスープが薄まることがなく食べることで、違った味わいになるかもしれない。





 

【冷しラーメン 4食入り】
¥1,390 (送料 ¥1,000)

おうちラーメンバンク


「昭和27年初だし、
 味をつないで60年
 店主 福地隆一」


同郷であるラーメン界の重鎮、大崎裕史氏が推薦、
「小学生から食べていた懐かしいふるさとのラーメン」とある

  • 生麺 (150g) ×4
  • 自家製濃縮スープ ×4

【作り方】

  • 麺:小麦粉、食塩、酒精、加工でん粉(打ち粉)、プロピレングリコール、かん水
  • スープ:醤油、食塩、砂糖、肉エキス、醸造酢、昆布エキス、酵母エキス、調味料(アミノ酸)、酒精、カラメル色素、甘味料(カンゾウ)


【製造者】
有限会社 曽我製麺
福島県喜多方市関柴町上高額宮越517-18
[公式サイト]

【冷しラーメンの作り方】

  • 大きな鍋にお湯を沸かす
  • 沸騰したら、麺を2・3回手もみしてから入れ、箸でかき混ぜながら鍋底に付かないよう注意する、火は強火
  • 再度沸騰したら中火で4~5分茹でる(お好みの茹で加減で)
  • 茹で上がった麺はザルで水洗い、水を2・3回交換しながら手早く洗い、ヌメリを取る
  • 丼に、スープ1袋に対して冷水250ccで割って、氷を入れる
  • 麺を盛り付け、玉ねぎをトッピングする
  • 市販のチャーシュー、メンマはスープの味が変わり脂分が浮くなど、本来の冷しラーメンの味が崩れる場合があるので、薬味は玉ねぎのみがオススメ とある


【温かいラーメンの作り方】

  • 冷しラーメンと同様、麺を茹でて再度沸騰したら、中火で1分半ほど茹でる(お好みの茹で加減で)
  • 丼に、スープ1袋に対してお湯300ccで割る
  • 茹でた麺を湯切りし、スープに入れて薬味等を盛り付ける

食堂いしやま

福島県河沼郡会津坂下町字中二番甲3617
[Mail] syokudou.ishiyama@gmail.com
[TEL] 0242-83-2365




 
(通販)

【冷しラーメン】
[2020/7/28]

(チャーシュー、玉子、刻み玉ねぎ、氷は自前)

(以前と同じ印象はコピペ)
本店はスープを取らず、醤油ダレをお湯で割ったスープを提供しているらしい。

通販でもそれを踏襲しているようで、醤油ダレを水で薄めるだけで、美味しいラーメンとして成り立っているのが凄い。

味付けは、醤油+和風ダシの風味・旨味・甘味・酸味などの奥深さがある味わいで、シンプルな見た目とのギャップに驚く。


麺は中細縮れ。
作り方では茹で時間4~5分とあるが、3分と硬めにしてみたが、違和感はない。

表面がツルツルで滑らか。
水で締めてあるので適度な硬さがあり、適度に小麦が香り、クセのない味わい。
(曽我製麺@喜多方)


刻み玉ねぎトッピングがスッキリとしたスープに良く合う。

    ◆  ◆  ◆

素朴ながら深みがあり、バランスの良さがかなり好みの冷しラーメン。

チャーシュー、玉子、刻み玉ねぎ、氷は自前





 
(通販)

【温かいラーメン】
[2020/7/29]

(チャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、氷は自前)

(以前と同じ印象はコピペ)
本店はスープを取らず、醤油ダレをお湯で割ったスープを提供しているらしい。


味付けは、醤油+和風ダシの風味・旨味・甘味・酸味などの奥深さがある味わいだが、冷たいほうが良い美味しさを感じる。


麺は中細縮れ。
作り方では茹で時間4~5分とあるが、柔らかめに仕上がったので、2分程度でも良いかもしれない。

表面がツルツルで滑らか。
適度な硬さがあり、適度に小麦が香り、クセのない味わい。
(曽我製麺@喜多方)


刻み玉ねぎトッピングがスッキリとしたスープに良く合う。

    ◆  ◆  ◆

冷たいスープの方が、数段美味しく感じる。





 

【冷しラーメン 4食入り】
¥1,390 (送料 ¥1,000)

おうちラーメンバンク


「昭和27年初だし、
 味をつないで60年
 店主 福地隆一」


同郷であるラーメン界の重鎮、大崎裕史氏が推薦、
「小学生から食べていた懐かしいふるさとのラーメン」とある

  • 生麺 (150g) ×4
  • 自家製濃縮スープ ×4
 (画像は前回のもの)

【作り方】

  • 麺:小麦粉、食塩、酒精、加工でん粉(打ち粉)、プロピレングリコール、かん水
  • スープ:醤油、食塩、砂糖、肉エキス、醸造酢、昆布エキス、酵母エキス、調味料(アミノ酸)、酒精、カラメル色素、甘味料(カンゾウ)


【製造者】
有限会社 曽我製麺
福島県喜多方市関柴町上高額宮越517-18
[公式サイト]


(画像は前回のもの) 

【冷しラーメンの作り方】

  • 大きな鍋にお湯を沸かす
  • 沸騰したら、麺を2・3回手もみしてから入れ、箸でかき混ぜながら鍋底に付かないよう注意する、火は強火
  • 再度沸騰したら中火で4~5分茹でる(お好みの茹で加減で)
  • 茹で上がった麺はザルで水洗い、水を2・3回交換しながら手早く洗い、ヌメリを取る
  • 丼に、スープ1袋に対して冷水250ccで割って、氷を入れる
  • 麺を盛り付け、玉ねぎをトッピングする
  • 市販のチャーシュー、メンマはスープの味が変わり脂分が浮くなど、本来の冷しラーメンの味が崩れる場合があるので、薬味は玉ねぎのみがオススメ とある


【温かいラーメンの作り方】

  • 冷しラーメンと同様、麺を茹でて再度沸騰したら、中火で1分半ほど茹でる(お好みの茹で加減で)
  • 丼に、スープ1袋に対してお湯300ccで割る
  • 茹でた麺を湯切りし、スープに入れて薬味等を盛り付ける

食堂いしやま

福島県河沼郡会津坂下町字中二番甲3617
[Mail] syokudou.ishiyama@gmail.com
[TEL] 0242-83-2365

 (画像は前回のもの)




 
(通販)

【冷しラーメン】
[2020/8/2]

(チャーシュー、鶏チャーシュー、玉子、刻み玉ねぎ、トウモロコシ、氷は自前)

(以前と同じ印象はコピペ)
本店はスープを取らず、醤油ダレをお湯で割ったスープを提供しているらしい。

通販でもそれを踏襲しているようで、醤油ダレを水で薄めるだけで、美味しいラーメンとして成り立っているのが凄い。

味付けは、醤油+和風ダシの風味・旨味・甘味・酸味などの奥深さがある味わいで、シンプルな見た目とのギャップに驚く。


麺は中細縮れ。
作り方では茹で時間4~5分とあるが、3分と硬めにしてみたが、違和感はない。

表面がツルツルで滑らか。
水で締めてあるので適度な硬さがあり、適度に小麦が香り、クセのない味わい。
(曽我製麺@喜多方)


刻み玉ねぎトッピングがスッキリとしたスープに良く合う。

    ◆  ◆  ◆

素朴ながら深みがあり、バランスの良さがかなり好みの冷しラーメン。



戻る レポートの一覧に戻る