らーめん 楓(かえで)


【お店の外観】
[2014/11/19]
(開店当時はこちら)


営業時間、メニューなど

アンダーラインのあるメニューは、直接ジャンプできます

 


その他

卓上の調味料


楓特製スパイス
(ブラックペッパー、ホワイトペッパー、黒胡椒、白胡椒、山椒、パプリカ、唐辛子、コリアンダー、)

(蘊蓄の要約)

・化学調味料未使用、厳選した天然素材で出汁(鰹節を中心に、真昆布、煮干し、焼きあご、鯖節などの和出汁と、10時間以上炊いた濃厚豚骨スープをブレンド)

・麺は国産小麦100%、うまみとコクたっぷりの奥久慈卵を練りこんだ低加水の自家製麺
・全粒粉も使用しているので、つるつるシコシコの食感と小麦の香りをダイレクトに感じる

・スープ・麺・飲用水はRO水(*)を使用


(*)RO:Reverse Osmosis=逆浸透
RO水=RO膜(逆浸透膜)を通して不純物を取り除いた水

(以前の写真)


卓上の調味料

楓特製辛みそ(豆板醤、甜麺醤、苦椒醤、すりごま、干し海老、鰹節)
300円で販売もしている。


楓特製スパイス
(ブラックペッパー、ホワイトペッパー、唐辛子、パプリカ、山椒、コリアンダー、黒胡椒、白胡椒)




 
醤楓麺

【醤楓麺】
[2014/2/6]
\680


濃いめの茶濁のスープは、鰹節などの和風が強めに効いていてインパクトがあるものの、しつこさはなく素直に食べ進める。

後半、若干味付けが濃いように感じることがあったので、好みに応じて薄味にすると良いかもしれない。



麺は中細のほぼストレートで、適度な硬さがあり、モチモチとした食感がある。また、麺そのものの味わいが良い(自家製麺)



薬味は白髪ネギと三つ葉。



コスパが高い一杯。

チャーシューはバラ肉で、柔らかくてジューシー。

メンマは穂先メンマで、風味が良い

スープのアップ

丼はお椀型




 
塩楓麺

【塩楓麺】
[2014/6/28]
\780


スープ自体は透明感があり、表面に褐色の魚粉・油が浮き、その風味が強めに効いている。醤油と同じ系統だが、よりスッキリとした味わい。



麺は中細のほぼストレートで、適度な硬さがあり、モチモチとした食感がある。また、麺そのものの味わいが良い(自家製麺)



具はチャーシュー、穂先メンマ、海苔。

薬味は白髪ネギと三つ葉。

チャーシューはバラ肉で、柔らかくてジューシー。

メンマは穂先メンマで、風味が良い




 
煮干しらーめん

【煮干しらーめん】
[2016/10/10]
\750


秋の限定メニューだった煮干しらーめんがレギュラーメニューとなった


煮干しがしっかりと効いているが強すぎず、上手く主張しているバランスはさすが。

食べ進むとトッピングされた柚子の爽やかな香りがスープに広がって、その味変が楽しい。

味付けは醤油ベースで、まろやかさがある。



麺は細麺のストレートで四角い断面。独特のプツッとした歯切れ感がある。タピオカ粉を使用している?ここだけでなく他でも食べたことがない麺かもしれない。
(自家製麺)


チャーシューは低温調理でピンク色を帯び、時間と共にスープの熱で消えていく。柔らかく上質。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの小口切りと柚子。

柚子が少量トッピングされている

チャーシュー

穂先メンマ




 
隼みそらーめん

【隼みそらーめん】
[2014/11/19]
\850



茶濁したスープは、豚骨の濃厚な動物系白湯スープに和風魚介系を合わせたもののようだ。

味は濃厚で風味の高い味噌で、表面のマー油の香ばしい風味とややビターさがアクセントとなっている。



麺は中太の強い縮れ麺で、モチモチとした食感と適度な硬さがある。
(自家製麺)


具はチャーシュー、茹でモヤシ、穂先メンマ。

薬味は青ネギの小口切り。

チャーシューはバラ肉で、柔らかくてジューシー。




 
(限定)桜エビと鯛煮干しの塩らーめん

【桜エビと鯛煮干しの塩らーめん】
[2015/3/31]
\850


鯛煮干しを中心に取ったスープは、和風の汁物のように繊細で奥深さがある。

そこに桜海老の香ばしさが加わることによって、インパクトを与えて、物足りなさは感じない。

味付けは塩ベースで、非常にまろやかさがある。



麺は中細のほぼストレートで、適度な硬さがあり、モチモチとした食感がある。また、麺そのものの味わいが良い(自家製麺)


具はチャーシュー、穂先メンマ、菜の花。

薬味は長ネギのみじん切り。

アップ




 
(限定)隼みそらーめん

【隼みそらーめん+味玉】
[2015/11/29]
\880+サービス



2015/11/19から提供の冬の限定メニュー


茶濁したスープは、豚骨の濃厚な動物系白湯スープに和風魚介系を合わせたもののようだ。

仙台御塩噌(ごえんそ)味噌を中心に数種類の味噌をブレンドしているとのことで、味噌の風味の高さが印象的な味わい。表面のマー油の香ばしい風味とややビターさがアクセントとなっている。



麺は中太の強い縮れ麺で、モチモチとした食感と適度な硬さがある。
(自家製麺)


具はチャーシュー、茹でモヤシ、穂先メンマ。

薬味は青ネギの小口切り。

味玉は黄身がドロッとした半熟。




 
(限定)桜海老ラー油の鯛出汁塩ワンタン麺

【桜海老ラー油の鯛出汁塩ワンタン麺+味玉】
[2016/3/19]
\880+サービス



2016/3/17から提供の春の限定メニュー


桜海老から作成したラー油は海老の香ばしい風味が心地よく香り、辛さは控えめなこともあって、すっきりとした塩味の鯛ダシスープとの相性が良い。優しくも奥深い味わい。



麺は中細の平打ち縮れで、適度な硬さがあり、サクッとした歯切れ感が楽しめる。(自家製麺)



具はチャーシュー、肉ワンタン、味玉。

薬味は長ネギの斜め小口切りと青菜。

ワンタンは肉ワンタンで、風味が良い。

表面には赤っぽい桜海老ラー油が浮いている。

味玉は黄身全体がゼリー状の半熟で、白身も濃い色に染まっている。




 
醤楓麺

【醤楓麺+チャーシュー】
[2016/5/22]
\730+サービス


濃いめの茶濁のスープは、鰹節などの和風が強めに効いていてインパクトがあるものの、しつこさはなく素直に食べ進める。

後半、若干味付けが濃いように感じることがあったので、好みに応じて薄味にすると良いかもしれない。



麺は中細のほぼストレートで、適度な硬さがあり、モチモチとした食感がある。また、麺そのものの味わいが良い(自家製麺)



薬味は長ネギと青ネギ。

チャーシューは肩ロースの低温調理で、ローストビーフのように柔らかくてジューシー。




 
(限定)煮干し出汁の冷やしらーめん

【(限定)煮干し出汁の冷やしらーめん】
[2016/7/13]
\850



2016/7/11からの夏の限定メニュー


大量の煮干しを一晩水出ししたというスープはよく冷えていて、煮干しが強すぎずに香り、スッキリ・さっぱりとしている。

味付けは塩ベース。



麺は細麺のほぼストレートで、水で締めてあるので強めの歯応えがある。(自家製麺)


具は、鶏肉、キュウリの細切り、茄子。

薬味は長ネギ・大葉・茗荷。
特に茗荷の風味がサッパリ感を増しているのが印象的。

麺のアップ

鶏肉

ムネ肉? スッキリとしたもの

茄子

甘味が引き立っている




 
(限定)煮干し出汁の冷やしらーめん

【(限定・裏)煮干し出汁の冷やしらーめん(醤油味)+味玉】
[2016/8/21]
\850+サービス



2016/7/11からの夏の限定メニューの裏メニューとして、8/2から8/10に醤油味を提供


基本はノーマルの塩とほぼ同じ。

大量の煮干しを一晩水出ししたというスープはよく冷えていて、煮干しが強すぎずに香り、スッキリ・さっぱりとしている。

味付けは醤油ベース。
前回のノーマルよりも、スープの輪郭がはっきりとしていて、わかりやすいかもしれない。



麺は細麺のほぼストレートで、水で締めてあるので強めの歯応えがある。(自家製麺)
前回のノーマルよりも、更に硬すぎるほど硬い。



具は、鶏肉、キュウリの細切り、茄子。

薬味は長ネギ・大葉・茗荷。
特に茗荷の風味がサッパリ感を増しているのが印象的。

麺のアップ

味玉

黄身がほんのりとした半熟。
白身全体が色づき、しっかりとした味付け。

表面には油が浮かんでいるが、固まっていないので、植物性の油脂類なのだろう。




 
(限定)塩煮干しらーめん

【(限定・裏)塩煮干しらーめん+味玉】
[2016/9/29]
\780+サービス



2016/9/21から提供の秋の限定メニュー。その裏メニューとして9/28〜10/1に塩味を提供。


煮干しがしっかりと効いているが強すぎず、上手く主張しているバランスはさすが。

食べ進むとトッピングされた柚子の爽やかな香りがスープに広がって、その味変が楽しい。

味付けは塩ベースで、個人的には心持ち塩味が強い。



麺は細麺のストレートで四角い断面。独特のプツッとした歯切れ感がある。タピオカ粉を使用している?ここだけでなく他でも食べたことがない麺かもしれない。
(自家製麺)


チャーシューは低温調理でピンク色を帯び、時間と共にスープの熱で消えていく。柔らかく上質。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの小口切りと柚子。

麺のアップ

ネギ・柚子

味玉

黄身の中央部分がゼリー状の半熟。
白身全体が色づき、しっかりとした味付け。




 
(限定)煮干しらーめん

【(限定・裏)煮干しらーめん+味玉】
[2016/10/10]
\780+サービス



2016/9/21から提供の秋の限定メニュー。その裏メニューとして9/28〜10/1に塩味を提供。


煮干しがしっかりと効いているが強すぎず、上手く主張しているバランスはさすが。

食べ進むとトッピングされた柚子の爽やかな香りがスープに広がって、その味変が楽しい。

味付けは醤油ベースで、まろやかさがある。



麺は細麺のストレートで四角い断面。独特のプツッとした歯切れ感がある。タピオカ粉を使用している?ここだけでなく他でも食べたことがない麺かもしれない。
(自家製麺)


チャーシューは低温調理でピンク色を帯び、時間と共にスープの熱で消えていく。柔らかく上質。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの小口切りと柚子。

柚子が少量トッピングされている

チャーシュー

穂先メンマ

味玉

黄身の中央部分がゼリー状の半熟。
白身全体が色づき、しっかりとした味付け。




 
(限定)隼みそらーめん

【(限定)隼みそらーめん+味玉】
[2016/11/13]
\730(11/11〜13のメルマガ限定、11/14からは880)+サービス



2016/11/14から提供の秋の限定メニュー。

茶濁したスープは、味噌の芳醇な風味の高さが印象的な味わい。

表面のマー油の香ばしい風味とビターさがアクセントとなっている。

細かく砕いたナッツ?のカリッとした歯応えが楽しい。

見た目よりもスッキリとして重たくない。



麺は中太の強い縮れ麺で、モチモチとした食感と適度な硬さがある。
(自家製麺)



チャーシューはバラ肉で、トロトロに柔らかくしっかりとした味付け。

その他の具は茹でモヤシ、穂先メンマ。

薬味は青ネギの小口切り。

表面のマー油

一部分に注がれているので、スープそのもののを味わってから、マー油で味変を楽しむことが出来る。

細かく砕いたナッツも浮いている。

チャーシューはトロトロに柔らかく仕上げてある。

メンマは穂先メンマ

味玉

黄身がしっとりとした半熟。
白身全体が色づき、しっかりとした味付け。




 
(以前の画像)
【お店の外観】
[2003/12/6]

オープン(2003/12/1)当時
【ら〜麺・醤油】
[2003/12/6]
\580


和風が効いた茶濁のWスープにやや太めのモチモチとした麺。
【ら〜麺・塩+味付玉子】
[2003/12/29]
\600+\100


内モンゴル塩を使用したキレのあるスープ。
【春野菜のラタトゥユつけ麺】
[2005/6/11]
\900


2005年春 期間限定。
1日20食。


戻る このお店のレポートへ

レポートの一覧に戻る