饗 くろ㐂(もてなし くろき)


千代田区神田和泉町2-15
[地図]
03-3863-7117


11:30~15:00、18:00~21:00
水 11:30~15:00(麺がなくなり次第終了)
日祝休

カウンタ 9席、テーブル 4席
自販機による食券制

最寄り駅は秋葉原か浅草橋


2011/6/20オープン
店主は黒木直人氏、和食・イタリアンなどの経験がある
化学調味料未使用、自家製麺

[2012/1/12]

【昼・夜】
塩そば [2012/1/12] 750、味玉塩そば 850、雲呑塩そば・牛すじ塩そば 950、特製塩そば 980
(細麺か平打ち麺を選択する)

味噌らーめん 750、味玉味噌らーめん 850、辛ねぎ味噌らーめん 880、ぶた味噌らーめん 980、特製味噌らーめん 980

麺大盛り +100

味付け玉子・白ねぎ 100、メンマ 150、煮ぶた・焼き豚 250

白めし 150・半白めし 100 (ランチライス 50)、鶏めし・菜めし 200、豚めし 350

【夜】
タンメン 780

名物 塩手羽先 4本 280(お持ち帰り 300)、肉味噌きゃべつ・おつまみセット・牛すじ塩煮込み 350、ねぎ豚・皿わんたん 450

生ビール 480、焼酎 480・焼酎 佐藤 580、レモンサワー・ウーロンハイ 380




【通信販売】   [饗くろ喜オンラインストア]
2020/ 7/27 とうもろこし(きみひめ)と羅臼昆布の冷やしつけそば [2020/8/1]
3食セット 3,888 決済手数料 330、送料 930、クール手数料 220 計 5,368







その他

【卓上の薬味】


味噌らーめんにかけると旨い香辛オイル

やげん堀り 七味唐辛子

乾燥 梅干し


蘊蓄


使用している食材の一部?





 
塩そば

【味玉塩そば・平打ち麺】
[2012/1/12]
¥850


提供する直前に動物系と魚介系のスープを小鍋で合わせて温めているようで、温度が高い。

最初に乾物系の香りが来て、奥に鶏を感じるが、どれが突出したものはなく、バランスが優れて、それぞれの風味が押し寄せてくる。


味付けは、海・山・湖の6種類の塩を使用しているという。ふくよかさがありつつもシャープさもある。

濃さがちょうど良く、ゴクゴク飲める。


麺は中太の平打ち。茹で時間は細麺と同じ時間のようだった。

適度な硬さがあり、スープとのバランスが良い。表面がツルツルで、箸でつかみにくいほどで、喉ごしは当然ながら良い。

細麺でも食べてみたい。

チャーシュー

低温調理?
肉本来の風味と歯ごたえを残してある


揚げゴボウが後半のアクセントになっている


味付け玉子

黄身が半熟で、白身はうっすらと色づいている






 
(通販)

(通販)とうもろこし(きみひめ)と羅臼昆布の冷やしつけそば

[2020/8/1]
3食セット ¥3,888
(決済手数料 ¥330、送料 ¥930、クール手数料 ¥220 計 ¥5,368)


(全て冷凍、画像はガラムマサラを除いて1食)

  • とうもろこしスープ
  • 羅臼昆布スープ
  • 麺 (約210g)
  • ガラムマサラ

【作り方 要約】

  • とうもろこしスープ、羅臼昆布スープを10分ほど湯煎してから、氷水で冷やす
  • たっぷりのお湯で麺を8分ほど茹で、流水で洗ってぬめりを取る
  • 丼に羅臼昆布スープを注ぎ、麺を盛る アスパラガス、玉ねぎのみじん切りを盛る
  • とうもろこしスープを器に注ぎ、ガラムマサラ・粗挽き黒胡椒を適量盛る
  • 麺はとうもろこしスープにつける前に、そのままでも美味しく召し上がれる


【おすすめトッピング】

  • サラダチキン燻製 (絶対にお願いしたい)
  • アスパラガス (茹でて冷やしておく)
  • 玉ねぎ粗みじん切り
  • 粗挽き黒胡椒


【原材料名】

  • 麺:国内産小麦粉、塩、炭酸ナトリウム、打ち粉(加工澱粉)
  • スープ:とうもろこし、玉ねぎ、牛乳、チキンエキス、バター、昆布、白醤油、清酒、塩、味醂、浅利、蜂蜜、宗田節、カタクチイワシ、魚醤、椎茸、りんご

(続き)


【製造者】

株式会社もてなし
東京都千代田区神田和泉町2-15
03-3863-7117



【段ボール】

製造者である『饗 くろ㐂』のロゴが入っている


(具材の、チャーシュー、鶏チャーシュー、玉子、刻み玉ねぎ、ブロッコリースプラウト、トウモロコシ、ブラックペッパーは自前)



麺は太平打ち。
羅臼昆布水に浸すことよって、 麺そのものが持つ、風味と旨味がより強調され、そのままでも食べ進むことができる。



つけ汁は、 とうもろこしの粒々感をあえて残すことによって、きみひめそのものを食べているよう。

きみひめが本来持つ甘味と旨味が、ガラムマサラとブラックペッパーによって、さらに強調されている。



   ◆  ◆  ◆



山梨県中道地方でしか作っていないとうもろこし、『きみひめ』にこだわった冷やしつけ麺。

値段はお高めだが、年に一度の限定として、ぜひとも食べておきたい。

つけ汁に、ガラムマサラとブラックペッパーをトッピング

 



戻る レポートの一覧に戻る