中華そば 麺や食堂


神奈川県厚木市幸町9-6
[地図]
046-228-3978

11:00〜15:00、18:00〜23:00(L.O.22:30)
土日祝 11:00〜23:00(L.O.22:30)
無休

カウンタ 8席、テーブル 2席×2 4席×3
禁煙

最寄り駅は、小田急線 本厚木駅
駐車場 14台



前身は、昭和26年(1951年)創業の「ブラジル食堂」という大衆食堂で、平成13年(2001年)、ラーメン店にリニューアル。

市内船子に支店(246号店)と、市内旭町に関連店「中華そば うずまき」、その隣りに「お持ち帰り専門 ぎょうざ 三宝」がある

公式サイト)

[2016/9/28]    価格は税抜き表記で、消費税が加算される

【神奈川淡麗醤油】
かけそば 600、中華そば 680、味玉そば 780、めんまそば 800、肉ねぎそば 980、特製中華そば 980

【限定淡麗塩】
しおそば 750、味玉しおそば 850、辛味しおそば 850、梅しおそば・ゆずしおそば 880

替玉 100、大盛り 200

味玉・もやし・コーン・辛味・のり 5枚・わんたん 100、メンマ 120、九条ねぎ 150、ちゃーしゅー 豚1枚+鶏1枚 180

(KIDSめにゅー) ジュース・お菓子・おもちゃ付き
お子様そば・お子様はやしらいす 500

特製焼餃子 3個 240・5個 380
ちきんかつ 250、若鶏の唐揚げ 280、鶏むね肉のやわらかちゃーしゅー 280
枝豆 200

(セットメニュー) 単品は+100、平日限定のランチセットあり
餃子らいす 340、ちきんかつらいす 350、唐揚げらいす 380
トリマヨ丼 300、肉マヨ丼 350、若鶏かつ丼 380
はやしらいす 300、らいす 150・半らいす 100

(ドリンク)
生ビール 500・小 300、ビンビール 500、ノンアルコール ドライゼロ 380
ウーロンハイ・レモンサワー・グレープフルーツサワー・ハイボール 380、焼酎(ストレート・ロック・水割り)いいちこ・黒霧島 380
ラムネ・オレンジジュース・ウーロン茶 200
 


おいしさの秘密 (公式サイトより)

手間暇かけてとったダシを際立たせる「スープ」

ダシ
瀬戸内、粟田水産の上煮干と、特殊製法で仕上げた鰹節を使用。低温温風乾燥で自然の味を閉じ込め、酸化防止剤として天然ビタミンEを使っている煮干と、高イノシンサンを保有する鰹だけを使用し、コクのあるダシに仕上げている。


ダシの味を最大限に引き出すため、1千万分の1という極小のフィルターで不純物を極力取り除いた「RO水」を使用。

醤油
料亭で使われるヒゲタの「本膳」。醤油の旨みを表す窒素の数値が、通常1.5〜1.8位に比べ、本膳は2.0。ダシにまろやかさを加える唯一無二の醤油と本醸造濃口醤油をブレンド。

 

弾力と歯応えが調和した自家製の「麺」

小麦粉
北海道産「春よ恋」をメインに強い腰をプラスするため、アメリカ、カナダ産の「ダークノーザンスプリング種」をブレンド。添加グルテン、酸化防止剤は一切不使用。

麺製造器
工場などで使用する大型の機械を使用。個人店などで所有する機械の圧は通常6寸、しかし大型機械であれば8寸の圧をかけることができ、これにより歯ごたえのあるほどよい弾力を生み出すことができる。

 

熟成させた鰹節が香ばしい「香り油」

「中華そば 麺や食堂」
大和豚で抽出した上質な油でニンニク、生姜、ネギをじっくりと炒め臭みを取り除いたあと、カビ付け後に2年間熟成させて旨味を凝縮した鰹節を加え風味を閉じ込めている。

「中華そば うづまき」
岡山県の地鶏から抽出した油で香り油を作ることで鶏の旨味が感じられる仕上がりに。


 

店舗近くに駐車場が14台あるが、間違って契約していない駐車場に停めないように、着席時に駐車した場所を確認している。

停められるのは、7・8・9・18・19・20・21・22・23・24・25・26・27・28 の計14台



その対応をはじめ、接客が非常に丁寧で、「おもてなし」の精神が随所に垣間見られる。

メニューには、
「お客様の笑顔が見たい」昭和26年より食堂として商売を始めて以来、変わらぬ思いを持ち続けている。一杯のうまいラーメンをお出しし『ごちそうさん』の一言をいただきたい。ちょっと楽しい時間を過ごし、ちょっと笑って元気になって、ちょっと幸せになっていただきたいと思っている。
創業以来変わらず、これからもずっと変わらないお店であり続けます。」
とある。

卓上の薬味


コショウ、七味唐辛子

醤油、ラー油、酢
ソース





神奈川淡麗醤油

【味玉そば】
[2016/9/28]
\780+税= \842



やや濁りのある醤油スープは、鰹節・煮干しを中心とした和風魚系の風味が満載で、豚・鶏の動物系の素材も使用しているだろうが、あくまでも和風魚系が主軸になっている。

それが食べ始めのインパクトから、食後の余韻まで継続する。

表面には細かな油が浮いているが、しつこさはなく適度なこってりさを演出している。

味付けは醤油ベースで、醤油が持つ香ばしさ・甘味があって美味しいが、個人的にはやや塩味が強い。



麺は細麺ストレート。
やや褐色を帯びた少加水麺で、表面が滑らかすぎないので、ストレート麺だが適度にスープを持ち上げ、麺にスープの味わいが良く乗る印象。

適度な硬さの茹で上げで、サクッとした歯応えが特徴的。
(自家製麺)



チャーシューは豚肩ロースと鶏が1枚づつ。
豚は柔らかすぎずに適度な味付け。鶏は脂がないモモ肉?で薄味。

メンマは極太で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。
醤油の強めの味付けで、コショウが効いている。

その他の具は、海苔大。


薬味は九条ネギの小口切り。




チャーシューは豚と鶏がい1枚づつ

極太のメンマ

コショウの香りがアクセントになっている

味付け玉子は黄身がしっとりとした半熟で、白身は全体に色づいている。

味付けは醤油ベースでしっかりとしている。

食べ終える頃に、冷えたお茶が出される。


黒ウーロン茶、プーアル茶、アールグレイなどを混ぜたものらしい。

苦味もあるが、さっぱりとしていて口の中がリセットされる。





その他 店内の様子など

ブラウン管のTV

お面や駄菓子を販売している



平日限定のランチセットが、黒板にある。
A〜C+中華そば \890
A〜C+味玉そば \950

A.トリマヨ丼
B.チキンカツごはん
C.メンチカツごはん

オロナミンCの看板

コカコーラの冷蔵庫



黒板には10月のお知らせとして、10日(祝)は通し営業の告知と、
船子店(246号店)のとなりに、お持ち帰り専門 ぎょうざ 三宝オープンの告知が書いてある。

レトロな扇風機・ラジオ、色あせたルービックキューブ、ビクターの犬の置物など

お冷やはやかん 

外観(別アングル)

看板には、旧店名「ブラジル食堂」の名残がある



戻る レポートの一覧に戻る