八王子 麺屋 土竜(もぐら)


八王子市横山町7-2 OK-2ビル1F [地図]
電話番号不明


11:00〜14:30、17:30〜21:30
定休日未定
2017/6は、21水・ 27火


カウンタ 9席、テーブル 4席
自販機による食券制

Pなし、至近にコインPあり


2017年6月15日開店
浜松町に本店がある

[Facebook]

[2017/6/25]

麺量
らーめん 並 150g(大盛り不可)
つけ麺 並 200g、中 300g +50、大 400g +100、特盛 500g +150
肉=らーめんは角煮、つけ麺は炙りチャーシュー


生醤油らーめん 840、ワンタン付生醤油らーめん 900、味玉生醤油らーめん 940、特製生醤油らーめん(ワンタン+玉子) 990、塊肉ドドドーン生醤油らーめん 1250
濃厚らーめん 800(提供予定)
大盛り不可

つけ麺 790、野菜とつけ麺 910、土竜つけ麺(野菜+玉子) 990、肉つけ麺 1100
女子つけ麺 890(トッピング色々、麺半分)
つけ麺中盛 +50、大盛 +100、特盛 +150
大盛・特盛はつけ汁一杯おかわり可

味付玉子・メンマ 100、炙りチャーシュー 120、野菜(つけ麺専用) 120、塊肉(角煮)220

ライス 50・大 100、角煮丼 300

【卓上にある蘊蓄(抜粋)】  [2017/6/25]

生醤油らーめん

こだわりの生醤油スープ
店主が心底惚れ込んだこだわりの醤油を黄金比でブレンドし作り出した土竜オリジナルの生醤油ダレ
旨味、風味が抜群で火を入れる事を禁じられている高価な醤油の風味をそのままスープで表現することに成功
口に入れた瞬間に広がる醤油本来の旨味、風味、香り、意識して感じてください
上品な生醤油のキレ。控えめながらも複雑な旨味の出汁(アゴ、鰯、鰹、鯖、ブレンド鶏、羅臼昆布、椎茸)
季節に、醤油の状態により配合は毎日調整している

塊肉(角煮)
生醤油らーめんには食べ応えばっちり、スープとの相性抜群の大きな角煮がのる

特注細麺
小麦の香り、風味がいい全粒粉の細麺
存在感のある麺とキレのあるスープの相性は抜群
通常の麺に比べ、ビタミン各種、亜鉛、カリウム、鉄分等が豊富で栄養価が非常に高く、健康効果もあり


野菜との相性抜群 濃厚魚介つけ麺

炙りチャーシュー
こだわりの製法で仕上げたトロふわチャーシュー  炙りで香ばしい風味もプラス

香味油
徹底した温度管理で鰹の良いところだけを抽出した自家製鰹オイル、香ばしく甘い風味を感じてください

土竜限定 トマトと生姜の割りスープ
人気割りスープで〆をさっぱりと

野菜を食わずして土竜を語るべからず
炒め野菜と茹で野菜の二刀流、新鮮でこだわりの日替わり野菜
 
 



その他

[2017/6/25]
卓上に調味料はない


スープ割り用のポットが置いてある
トマトと生姜の割りスープ




 
生醤油らーめん

【味玉生醤油らーめん】
[2017/6/25]
\940


濃いめの醤油色のスープは、動物系は控えめで、鰹節などの和風魚系が強めに効いている。魚粉も使用している?

味付けはキッコーゴなどの醤油を使用し、その醤油が持つ香りの高さ・旨味がスープと良く合っている。

味付けはやや濃いめで、甘みも強いのは好みが分かれるかもしれない。

表面には油が浮き、適度なコッテリ感がある。


麺は極細ストレートで、全粒粉を使用して褐色を帯びている。
硬めな茹で上げで、サクッととした歯切れ感があり、スープとの相性は良好。
(菅野製麺?)


チャーシューは大きく厚いバラ肉ロールタイプ。チャーシューというより角煮で、柔らかくボリュームがある。

味玉は黄身がしっとりとした半熟で、白身は全体がほんのりと色づいている。しっかりとした味付け。

その他の具は、ゴボウを炙ったもの?

薬味は、長ネギと三つ葉。


デフォで840円は八王子ではコスパの点でどうだろうか。

チャーシュー
お店では塊肉(角煮)というメニュー

味玉

ゴボウとネギ



戻る レポートの一覧に戻る