中華そば 大咲(おおさき)


入間市野田642-6 [地図
04-2932-9722


11:00~15:00、17:00~20:00
土曜・日曜 11:00~20:00
月曜休


カウンタ 8席、テーブル 4席×2、2席×1、自販機による食券制

P 10台
最寄り駅は 西武池袋線 仏子駅


2007年2月オープン
大海軒@毛呂山(永福町系大勝軒)出身

公式サイト] [Twitter]

[2021/1/5]

※ 麺の量 少なめ 1玉(たまご半分付き) / 普通盛り 1.5玉 / 大盛り 2玉 +100
※ 柚子抜き可

中華そば [2015/1/9] [2021/1/5] 750、ワンタン麺 900、チャーシュー麺 1000、チャーシューワンタン麺 1100
ワンタン(麺なし) 20個 750、チャーシューワンタン 20個 1000

つけ麺 800、チャーシューつけ麺 1050

大盛り +100

たまご 50円、メンマ皿 300、半メンマ 150

(お持ち帰り)
お土産ラーメンセット (具入り冷凍スープと生麺、チャーシュー、なると、ねぎ入り) 750
麺大盛 +100、チャーシュー 4枚 300、メンマ 300


【蘊蓄(要約)】 (公式サイトより)


スープへのこだわり
一つの寸胴鍋で、魚介(煮干・鰹節)と豚骨、 野菜を一緒に煮込む、昔ながらの作り方です。この技法は出汁の相乗効果がすばらしく、 香り高い澄んだスープに仕上がります。また前日のスープに注ぎ足して仕込むため、 開業より今日まで、日々深みが増しております。
化学調味料は使っておりませんので後味が良く、 食べた後の余韻の良さも自慢です。
魚介の筋の通ったあっさり醤油味なので、子供からお年寄りまで、 安心して召し上がってください。


麺へのこだわり
大きな湯で釜で麺を自由に泳がせ、平ざるで一杯一杯丁寧に湯切りします。平ざるでの湯切りは熟練の技が必要で、今ではほとんど見られなくなりました。麺が均一に茹であがり、 折り目正しくきっちりと湯切りできるので、当店ではこの技法を守っていきます。
麺は菅野製麺のちぢれ麺を選びました。
昔ながらの中華麺で適度な歯ごたえがあり、かんすいの臭みも少なく、 スープを適度に吸い上げるので、当店の魚介スープによく合います。


厳選素材へのこだわり
◎スープ
千葉県産の良質な煮干(片口いわし)を大量に使用しています。 くせがなく、コクが強いのが特徴です。 鰹節は厚削りで、魚粉は使用していません。 豚骨と野菜も、国産で良質なものを仕入れています。
◎チャーシュー
地元の銘柄豚ジョンソンポーク。しっとり柔らかく、風味が強いです。特製のタレで煮込みます。
◎ワンタン
ジョンソンポークのひき肉に、ネギとチャーシューのみじん切りを加えて練り、 手作業でワンタン皮につつみます。
◎めんま
乾燥メンマを使用。コリコリとした歯ごたえが特徴です。
 



(以前のメニュー)
[2015/1/9]
麺の量 少なめ 1玉(たまご半分付き)/普通盛り 1.5玉/大盛り 2玉 +100
中華そば 700、ワンタン麺 850、チャーシュー麺 900、チャーシューワンタン麺 1000
ワンタン 700、チャーシューワンタン 900
つけ麺 750、チャーシューつけ麺 950
たまご 50円、メンマ皿 250
おみやげセット 700(麺 1.5玉、チャーシュー 2枚、ナルト、ねぎ) 



卓上の調味料など

卓上の調味料
[2015/1/9]


ホワイトペッパー

ラー油
(ゴマ油の風味が強め)




卓上の調味料
[2021/1/5]


以前と変わらず


自販機による食券制だが、カウンター席の頭上にもメニューがある
[2021/1/5]

駐車場にある看板
[2021/1/5]




 
中華そば

【中華そば・麺少なめ】
[2021/1/5]
¥750


(以前と同じ印象はコピペ)
やや濁りのある醤油スープは、煮干しの香りがあり鰹節も感じる。煮干しが強めで、ダシがクッキリと主張している。

無化調ならではのスッキリ感があり後半も飽きない。

熱々のスープで、量がたっぷりで麺が食べやすく、冷めにくい。

柚子の皮が入っていて、柑橘系の爽やかさが味変になる。


麺は中細の軽い縮れ麺で、永福町大勝軒系にしては硬めの茹で上げ。(平ざるを使用)
柔らかくないので、違和感を感じる人がいるかも。
(菅野製麺所とのこと)


チャーシューは脂身が少なく、小さいが厚みがある。
柔らかさと肉の旨味がある。

メンマはコリコリとした食感。

麺少なめなので、ゆで玉子半分入り。黄身が固茹で。

他の具は、海苔。

薬味はネギの白い部分の小口切り。

チャーシュー

柚子の皮

茹で玉子

メンマ




 
中華そば

【中華そば・麺少なめ】
[2015/1/9]
¥700


やや濁りのある醤油スープは、煮干しの香りがあり鰹節も感じる。永福系大勝軒にしては煮干しは強くないタイプ。

和風魚系がしっかりと効いていて、無化調ならではのスッキリ感があり後半も飽きない。

熱々のスープで、量がたっぷりで麺が食べやすく、冷めにくい。

柚子の皮が入っていて、柑橘系の爽やかさが味変になる。


麺は中細の軽い縮れ麺で、永福町大勝軒系にしては硬めの茹で上げ。(平ざるを使用)
柔らかくないので、違和感を感じる人がいるかも。
(菅野製麺所とのこと)


チャーシューは脂身が少なく、小さいが厚みがある。
柔らかさと肉の旨味がある。

メンマはコリコリとした食感。

麺少なめなので、ゆで玉子半分入り。黄身が固茹で。

他の具は、海苔。

薬味はネギの白い部分の小口切り。

チャーシュー





戻る レポートの一覧に戻る