ラーメンWalkerキッチン






【ムタヒロ三昧 ~中華そば ふるいち~】

発券機
[2021/6/24]




 
【ムタヒロ三昧 ~中華そば ふるいち~】

【のどぐろの冷やしラーメン(ミニ茶漬け付)】
[2021/6/24]
¥1500

2021/6/23 ~ 28 の出店

【店頭のPOPより(要約)】

 《名店の遺伝子を継承「中華そば ふるいち」》
店主の古屋倫太郎は、東京・国分寺を中心に海外含めて約20店舗を展開する大人気ラーメングループ「ムタヒロ」出身。ムタヒロ時代はエース職人として、本店や拝島駅店など主要店舗で店長を歴任。

2020年に満を持して独立を果たすと、煮干し使いの名手・ムタヒロから継承した技と独自のセンスを融合。煮干しを軸に、鶏・豚・牛の旨味を重層的に組み合わせることで、正統派でありながら他にはない存在感溢れる上質なラーメンを構築。

ラーメンWalkerキッチンでは、自慢の醤油と塩、限定で高級食材「のどぐろ」を使用した冷やラーメンを提供予定。この機会にぜひご堪能ください。

 《中華そば(醤油/塩)》
煮干し使いの名手「ムタヒロ」から継承した技に、独自のセンスを合わせた上質な中華そば

スープは、「伊吹いりこ」を贅沢に使いながら、「鶏・豚・牛」の旨味も重層的に組み合わせることで、芳醇な味わいを構築。
麺は、出身店のムタヒロ同様に「新宿だるま製麺」謹製のプルプル食感が魅力の平打ち縮れ麺。

具材は、国産豚を吊るし焼きにして薫香を纏わせた絶品チャーシューにメンマ、海苔など一 切抜かりなし。
醤油と塩、どちらもぜひご堪能ください。
 

器共々良く冷えていているスープは、透明感のある褐色でサラリとしている。

ノドグロの独特の優しい風味ながら濃厚で、旨味がたっぷりのスープ。

醤油ベースで、クッキリとした味付け。

表面には透明な脂が浮いているが、しつこさはない。

バラ海苔の磯感が味変アイテム。



麺は中太平打ちストレートの多加水タイプ。粒々が練り込まれているので、全粒粉も使用しているノかもしれない。
水で締めてあるので、押し返すような強めの歯応えがある。
表面がツルツルで滑らかな喉ごし。スープとの相性は良い。
(「新宿だるま製麺」のはず)



チャーシューは本店での吊るし焼き豚と思われる。
小さめで薄めのカットだが、しっとりと柔らかく風味が良く、噛むたびに旨味が出てきて美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は白髪ネギ、ネギのみじん切り、三つ葉。



〆はスープをミニ茶漬けに注いで。
ダシがしっかりとしているので、美味しい冷製お茶漬けになる。



チャーシュー

バラ海苔

穂先メンマ

ミニ茶漬け

残ったスープを注いでお茶漬けに


ダシがしっかりとしているので、上質な冷製お茶漬けになる。




戻る レポートの一覧に戻る