空の青とひまわり畑


武蔵村山市学園3-39-3 浜風食堂 [地図
080-5412-5495

(浜風食堂の間借り)
10:00~17:00
水曜・木曜休

カウンター 7席
自販機による食券制

駐車場 店舗横2台、
斜向かいに無料の市営駐車場有


2021/5/1 プレオープン
2021/5/11 オープン
店主は下地敦史氏、青葉八王子店 出身
化学調味料未使用

Twitter] [instagram]
[note]

外観撮影 2021/6/15

[2021/5/29]
※ 手揉み麺/ストレート麺を選択する
手揉み麺 : うどん粉を配合しており、モチモチの食感と小麦の風味をご賞味下さい。提供前に揉み込んでお出し致します。
ストレート麺 : 北海道産の小麦「春よ恋」を100%使用した、香り豊かで小麦の旨味が詰まった贅沢な麺に仕上がっています。


醤油ラーメン 900 手揉み麺 [2021/5/29] ストレート麺 [2021/6/15]
塩ラーメン 900 手揉み麺 [2021/6/18] ストレート麺 [2021/6/8]

味付け玉子 100 [2021/5/29] [2021/6/8] [2021/6/15] [2021/6/18]

白ご飯 100、卵かけご飯 150、地鶏の炊き込みご飯 250、炙りチャーシュー丼 350




立川経済新聞(2021/5/28)より抜粋  https://tachikawa.keizai.biz/headline/3395/

 武蔵村山の団地西通り「ひまわりガーデン武蔵村山」前に5月11日、ラーメン店「空の青とひまわり畑」(武蔵村山市学園3、TEL 080-5412-5495)がオープンした。

 店主の下地敦史さんはミュージシャンを目指して上京しギタリストとして活動後、サラリーマンを経て飲食の世界へ。「中華そば 中野 青葉 八王子店」(八王子市)で経験を積む傍ら、休日はオリジナルのラーメンの開発に励んだ。「青葉」のレシピは門外不出のため、ラーメン作りは独学。和食、イタリアン、フレンチなど、さまざまな料理を食べ歩いて得たヒントを生かしながら「納得できるラーメン」を作り上げた。

 スープは鶏ベース。フランスの地鶏をルーツに持つ「地鶏 丹波黒どり」からスープを取り、あご煮干しや干し貝柱などの乾物類・オーガニックワインと5種類のしょうゆで仕込んだ「開発に2年かかった」タレと合わせる。

 麺は、うどん粉を配合した「モチモチ食感」の手もみ麺か、北海道産小麦粉「春よ恋」を100%使ったストレート麺の2種から選べる。

 トッピングは、肩ロースとモモ肉の豚チャーシュー、小松菜と福岡県糸島産のメンマ。フレンチからヒントを得た「きのこのソース」を添え「味変」も楽しめるようにする。

 「子どもから年配の方まで、安心しておいしく食べてほしい」と下地さん。化学調味料や酵母エキスは使わず、探しては試作を繰り返してたどり着いた「こだわりの」食材と調理法でうまみを作り出すという。
 
 


【蘊蓄(要約)】   (2021/6/8)

  使用食材   ※化学調味料、酵母エキス等は一切使用しておりません。安心安全な食材を使用しております。

スープ
京都「地鶏丹波黒どり」を使用しております。丸鶏から抽出したスープは旨味が強く、深いコクが特徴です。
旨み成分リノール酸、オレイン酸等を多く含んでいます。


『手揉み麺』 北海道産小麦にうどん粉を配合することで生まれる、モチっとした食感と小麦の香りをご賞味ください。
『ストレート麺』 北海道産の小麦「春よ恋」を100%使用した、香り豊かで小麦の旨味が詰まった贅沢な麺に仕上がっています。

醤油だれ
小豆島、兵庫県、愛知県、秋田県の厳選した5種類の醤油を使用しております。浅利、鰹節、鯖節、真昆布、あご煮干し、干し海老、干し貝柱、干し椎茸、沖縄県産塩、オーガニックワインと合わせて醤油だれを仕込んでおります。

メンマ
福岡県糸島市の純国産糸島メンマを生産者さんから直接仕入れております。外国産特有のメンマ臭さは一切なく、無添加の安心安全なメンマです。
 





その他

店頭のA看板
[2021/5/29]


駐車場の案内
[2021/5/29]


店舗脇に 2台と、
店舗の斜め向かいの市営駐車場を利用可


水、箸、レンゲなどはセルフサービス
[2021/5/29]


卓上の調味料
[2021/5/29]


ブラックペッパーミル


丹波黒どりのPOP
[2021/6/8]


丹波山本 地鶏 丹波黒どり

豊かな味、確かな価値。

世界中の“美味しい鶏”を探し求めて辿り着いた血統からようやく丹波黒どりが誕生しました。


「丹波黒どり」の特性
・肉質はシルクのように滑らかできめ細やか、上質な脂肪分と深いコクが特徴です
・適度な歯応え、特徴のある食味・食感が楽しめます
・旨味成分リノール酸、オレイン酸等を多く含んでいます





※ 丹波山本
 京都府亀岡市の鶏のプロデュース・生産会社

※ 世界中の“美味しい鶏”
 ⇒ フランスの地鶏がルーツらしい





 
醤油ラーメン

店舗の外観
[2021/5/29]



[2021/6/15]
「新店オープン」のシェードが変わって、おしゃれになっていた

【醤油ラーメン・手揉み麺+味玉】
[2021/5/29]
¥900+¥100


透明感のあるスープ。
地鶏 丹波黒どりに、あご煮干しや干し貝柱などの乾物類・オーガニックワインと5種類のしょうゆで仕込んだタレを合わせているとのことで、動物系・煮干しではない節系などの和風乾物系などのバランスの良い味わい。

醤油の芳醇でまろやかな味わいで、旨さに重層感がある。

味付けは濃すぎることなく、自分にはちょうど良い。

添えられた「きのこのソース」が味変アイテム。

化学調味料未使用のため、ベタつかずスッキリとした味わいなのが特徴的。



麺は直前に手揉みを加えている。
多加水の太麺平打ち縮れで、適度な硬さでモチモチ感があり、しっかりとした食感。
小麦の香りがある。
(東京製麺の麺箱があった)



チャーシューは2種。
肩ロースのローストは、肉・脂の旨味がある。
ロースはしっとりと柔らかい

味玉は、黄味がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。
玉子の旨味がある。

メンマは糸島メンマで、太くコリコリ、タケノコに近くて風味が良い。

その他の具は、青菜。

薬味は、白髪ネギ、長ネギの白い部分の小口切り。



オープンしたばかりとは思えない、丁寧さと落ち着いた美味しさがある。



味玉

メンマ




 
醤油ラーメン

【醤油ラーメン・ストレート麺+味玉】
[2021/6/15]
¥900+¥100


(以前と同じ印象はコピペ)
透明感のあるスープ。
地鶏 丹波黒どりに、あご煮干しや干し貝柱などの乾物類・オーガニックワインと5種類のしょうゆで仕込んだタレを合わせているとのことで、動物系・煮干しではない節系などの和風乾物系のバランスの良い味わい。

醤油の芳醇でまろやかな味わいで、旨さに重層感がある。

味付けは濃すぎることなく、自分にはちょうど良い。

添えられた「きのこのソース」が味変アイテム。

化学調味料未使用のため、ベタつかずスッキリとした味わいなのが特徴的。



麺は北海道産小麦「春よ恋」100%で、風味が良く、歯切れが良くしなやか。
好みだが、醤油もこちらの方が合っているように思う。
(東京製麺の麺箱があった)



チャーシューは2種。
肩ロースのローストは、肉・脂の旨味がある。
ロースはしっとりと柔らかい

味玉は、黄味がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。
玉子の旨味がある。

メンマは糸島メンマで、太くコリコリ、タケノコに近くて風味が良い。

その他の具は、青菜。

薬味は、白髪ネギ、長ネギの白い部分の小口切り。



オープンしたばかりとは思えない、丁寧さと落ち着いた美味しさがある。



キノコソース

味玉

メンマ




 
塩ラーメン

【塩ラーメン・ストレート麺+味玉】
[2021/6/8]
¥900+¥100


透明感のあるスープ。
地鶏 丹波黒どりに、あご煮干しや干し貝柱などの乾物類までは醤油と共通と思われる。

動物系・和風乾物系の旨味に深みがあり、まろやかな塩味。

味付けは濃すぎることなく、自分にはちょうど良い。

添えものは醤油は「きのこのソース」で、塩は鶏のほぐし身。香辛料などで味付けてある。

化学調味料未使用のため、ベタつかずスッキリとした味わいなのが特徴的。



麺は北海道産小麦「春よ恋」100%で、風味が良く、歯切れが良くしなやか。
好みだが、醤油もこちらの方が合っているように思う。
(東京製麺の麺箱があった)



チャーシューは肩ロース。
ローストしてあり、柔らかく肉・脂の旨味がある。

味玉は、黄味がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。
玉子の旨味がある。

メンマは糸島メンマで、太くコリコリ、タケノコに近くて風味が良い。

その他の具は、青菜。

薬味は、白髪ネギ、糸唐辛子。



醤油と同様に、オープンしたばかりとは思えない、丁寧さと落ち着いた美味しさがある。

スッキリとしているが、旨さの余韻が長い。


鶏のほぐし身

味玉

メンマ




 
塩ラーメン

【塩ラーメン・手揉み麺+味玉】
[2021/6/18]
¥900+¥100


(同じ印象はコピペ)
透明感のあるスープ。
地鶏 丹波黒どりに、あご煮干しや干し貝柱などの乾物類までは醤油と共通と思われる。

動物系・和風乾物系の旨味に深みがあり、まろやかな塩味。

味付けは濃すぎることなく、自分にはちょうど良い。

添えものは醤油は「きのこのソース」で、塩は鶏のほぐし身。香辛料などで味付けてある。

化学調味料未使用のため、ベタつかずスッキリとした味わいなのが特徴的。



麺は直前に手揉みを加えている。
多加水の太麺平打ち縮れで、適度な硬さでモチモチ感があり、しっかりとした食感。
小麦の香りがある。
(東京製麺の麺箱があった)



チャーシューは肩ロース。
ローストしてあり、柔らかく肉・脂の旨味がある。

味玉は、黄味がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。
玉子の旨味がある。

メンマは糸島メンマで、太くコリコリ、タケノコに近くて風味が良い。

その他の具は、青菜。

薬味は、白髪ネギ、糸唐辛子。



醤油と同様に、オープンしたばかりとは思えない、丁寧さと落ち着いた美味しさがある。

スッキリとしているが、旨さの余韻が長い。


鶏のほぐし身

味玉

メンマ



戻る レポートの一覧に戻る