手打ち中華そば 竹の助


町田市三輪町165-2 [地図]
044-988-9070


11:30〜15:00、17:00〜20:00
木曜、第1水曜休

カウンタ 10席、禁煙
自販機による食券制


P5台
最寄り駅は、小田急小田原線 柿生駅 or 鶴川駅


2012年9月14日開店
一番いちばん@町田出身の白河系ラーメン

[2017/9/26]

中華そば 700、味玉中華そば 800、ワンタン麺 900、チャーシュー麺 1000、特製中華そば(豚ももチャーシュー増量、ワンタン、煮玉子) 1100
麺大盛 +180円、麺小盛(中華そば、味玉中華そば、ワンタン麺のみ)−100

(夏季限定)
ざる中華(お酢と七味が効いた温かいスープに、冷たい麺をつけて) 900
冷やし中華 920(7・8月頃)

煮玉子・メンマ・のり 100

チャーシュー丼 400、ごはん 小 130・中 180・大 230
平日限定 ミニ丼 180(日替わりのようで、訪問日はしらす丼)
生卵 60

おつまみ盛(チャーシュー・煮玉子・メンマ) 400円

ビール 中ビン(クラシックラガ) 550、ビール 小ビン(サッポロエビス) 450、冷酒 1合ビン 550、ノンアルコールビール 330
ラムネ 200
 




その他

外観
[2017/9/26]


店舗前が工事中のため、全体を撮れなかった。

卓上の薬味
[2017/9/26]


ブラックペッパーミル


醤油

おろしニンニク





中華そば

【味玉中華そば】
[2017/9/26]
¥800


透明感のある醤油スープは、豚骨・鶏ガラなどが主体で、和風魚系の風味はなく、いかにも白河ラーメンという香りと、醤油の風味が折り重なりスッキリとした味わい。

表面には細かな油がういているがしつこさは皆無で、良いアクセントになっている。


麺は中太の幅広で、手揉みと思われる強い縮れ。多加水麺で透明感がある。
モチッとした食感があり、硬さよりもしなやかなコシと食感に加えて、小麦本来の甘さが楽しめる白河らしい麺
(自家製麺)


チャーシューは焼き豚で、モモ肉と肩ロースで薄めのカット。
煮豚と違い、しっかりと噛みしめて味わうタイプ。

煮玉子は黄身全体がしっとりとした半熟で、白身全体が色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは平たい。

その他の具は、海苔、ホウレン草、ナルト。

薬味はネギの白い部分の小口切り。


本格的な白河ラーメンで、かなりレベルが高い。

チャーシュー

焼き豚で、モモ肉と肩ロース

煮玉子

メンマ

ホウレン草



戻る レポートの一覧に戻る