蕎麦 よしの


★お店の情報★   (デジカメ画像)

住所・電話 あきる野菅生818−2  (042-558-5313)
道順 滝山街道沿いの西多摩霊園の向かい。秋川から青梅に向かって右手、一段下がったところにある。最寄り駅はJR五日市線「秋川」駅だが、徒歩では無理。mapfan
駐車場 6台くらい
営業時間 11:30〜売り切れまで(13:30ごろ?)
定休日 月曜日
席数 テーブル 10席×1、4席×2
メニュー せいろ 700円
手挽き田舎せいろ 800円(新)→なくなったようだ。
とろろせいろ 1300円(新)
天せいろ 1300円
特天せいろ 1700円
鴨せいろ 1300円(季節メニュー)
そばがき 600円
エビスビール 500円、他日本酒各種あり
その他 60食前後(天候によって仕込量が違うのだそうだ)が売り切れた時点で終了で、早いときには14時前で閉店になることもある。お店を立て替えて綺麗な外観・店内になり、日本蕎麦店らしくない?内装。卓上は薬味等は一切なくメニューのみが置いてある。ティッシュなし。BGMはクラシック。


★実食した感想★

年月日 2001/06/30 13:00頃
実食メニュー せいろ (700円)
つけ汁 猪口に少量、徳利にも入っている。鰹節の香りが強めに効いていて、甘みはなく味付けは薄めのライトなタイプ。
笊に盛られている。細めでやや緑色がかっている。粒々はない。硬めで歯ごたえが良く、ツルツルとしており喉越しもよい。蕎麦の香りが良く出ていて、ボソボソ感はない。量は少なめ。十割。
薬味 別皿に、長葱小口切り・わさび
その他 そば湯は白濁で粘性があり、そば粉を溶かしてあるようで、そのまま飲んでも美味しい。天せいろの天ぷらは、海老・鱚・茄子・南瓜・獅子唐・紫蘇の葉。
レジ近くに置いてあるお店の紹介によると、秋に収穫した長野信濃町黒姫の玄そばを無酸素で5度で冷蔵保存。その日に使用する分のみを自家製粉して手打ちにしている、と書いてある。
全体の評価 ★★★(また行きたい)


戻る レポートの一覧に戻る