中華蕎麦 ひら井


府中市栄町2-11-7
地図
042-319-8389


11:00〜15:00
土 11:00~17:00
日曜、第1・3・5月曜休

カウンタ 8席、テーブル 4席
自販機による食券制

最寄り駅は JR中央線 国分寺駅 or JR武蔵野線 北府中駅
Pなし、近隣にコインPあり


2021/5/10 オープン
店主は上野竜一氏
ラーメン二郎八王子野猿街道店2の出身
Twitter] [Instagram]

外観撮影 2021/11/4



2021/11 食べログ ラーメン百名店 TOKYO 2021
2021/10 第22回 TRYラーメン大賞 2021-2022
 新人大賞 第2位  「つけ蕎麦」
 新人賞 とんこつ部門 第1位  「中華蕎麦」
 新人賞 つけめん部門 第1位  「チャーシューつけ蕎麦」

[2021/11/4]
  • 満席の場合は食券購入後に並ぶ。代表待ち、割り込み禁止。
  • つけ蕎麦の麺は極太麺のため、茹で時間が12~13分で時間がかかる。提供が前後することがある。
  • 総入れ替え制

麺量
つけ蕎麦 並 250g/大 375g +100/特大 500g +200 (少なめ 180g・半分 125g に変更可、味玉・のり・九条ネギサービス)
中華蕎麦 並 140g/大 210g +100


つけ蕎麦 [2021/11/24] 1000、チャーシューつけ蕎麦 1300
中華蕎麦 [2021/11/4] 800、チャーシュー中華蕎麦 1100

味玉 [2021/11/4] [2021/11/24]・ネギ・のり 100

白米 100、チャーシュー丼 300

(提供予定)味噌つけ麺 1000、辛つけ麺 1100、汁なし蕎麦 1000



卓上の蘊蓄より抜粋


麺 つけ蕎麦・中華蕎麦の麺ともに自家製麺です

つけ蕎麦
三重県産「あやひかり」、九州産「チクゴイズミ」、北海道産「春よ恋」の石臼挽き全粒粉を使用した極太ストレート麺です。

中華蕎麦
北海道産「春よ恋」「はるきらり」を使用した細ストレート麺です。
(茹で時間の関係で提供の順番が前後いたします、ご了承ください)

スープ
豚ゲンコツ、豚頭、牛骨、鶏ガラ、モミジを使用し、魚介系材料は一切加えず仕上げた動物系100%の濃厚スープです。熟成や材科を炊く時間に変化を加えながら、重層的な旨味と奥行きを追求しております。

チャーシュー
炭火焼きの豚バラと肩ロース、真空低温調理の豚肩ロースの3種類をご用意しております。
通常の中華蕎麦、つけ蕎麦は、炭火焼きの豚バラチャーシューのみとなります。

日替わり薬味
つけ麦には柑橘と薬味の日替わりトッビングをお付けしております。
柑橘は麺に、薬味はつけ汁または麺に加えると、味の変化をお楽しみ頂けます。お好みでご使用ください。


 



卓上の調味料など

[2021/11/4]
調味料給水器の上にある


こしょう
白こしょう
一味唐辛子


卓上の蘊蓄

卓上にもメニューがある




 
つけ蕎麦

【つけ蕎麦・少なめ+味玉】
[2021/11/24]
¥1000+サービス


麺を少なめ(250g⇒180g)にしたので、味玉はサービス。

極太ストレート麺は、三重県産「あやひかり」、九州産「チクゴイズミ」、北海道産「春よ恋」の石臼挽き全粒粉を使用して褐色。

まずは、お店オススメの塩をつけて食べると、小麦の香り・甘みが際立ち、そのまま食べ進められるほど。

硬すぎずにモッチリとして、麺がとにかく旨い。
これほど満足度の高い麺は初めてかも。



つけ汁は中華蕎麦とベースは共通のようで、豚・鶏・牛の動物系のトロッとしていて、旨味が重なり合って奥深い味わい。

動物系の重厚感があるが、重すぎずに食べやすい。

味付けは甘みがあり、まろやかな醤油味。



チャーシュー、メンマはつけ汁に入っている。
チャーシューはバラロールで、大きく分厚いカット。
煮豚にしてからタレで煮込んでいるらしいく、しっかりとした旨味と味わいがあって上質、かなり美味しい。
断面に焦げ目があるので、直前に炙っている?

味玉は黄身がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは太く、風味が良い。

その他の具は、海苔。

薬味は、九条ネギ。



スープ割りは卓上のポットから。
ほぼ透明で生姜が効いて、サッパリと〆られる。
スープ割りもかなり美味しい。



全体的に、丁寧に作っていることが伝わってくる。

前回同様に、接客が丁寧であいさつもハキハキとして気持ちが良い。

つけ汁

中に、バラチャーシュー、メンマが入っている。

レモン、塩

提供時に、「まずは塩で、レモンは麺に搾って」の旨の説明がある



バラチャーシュー

断面に焦げ目があるので、直前に炙っているのかも。

味玉

メンマ

スープ割り

生姜の爽やかさが広がる

スープ割りは卓上のポットから




 
中華蕎麦

【中華蕎麦+味玉】
[2021/11/4]
¥800+¥100



スープは温度が高い。

炙りチャーシューのスモーキーな香りがたっぷりで独特。
チャーシューを燻す際に肉から滴り落ちる「炭火焼き油」を香味油に使用しているとのこと。

旨味が重なり合って奥深く、豚ゲンコツ、豚頭、牛骨、鶏ガラ、モミジの動物系のみ使用とは思えない。

動物系の重厚感があるが、重すぎずに食べやすい。

味付けはやや濃いめで、まろやかな醤油味。



麺は細麺ストレートの低加水タイプ。
北海道産「春よ恋」「はるきらり」を使用し、サクッとした歯切れ感で、存在感がある。
140gにしては多く感じる。
(自家製麺)



チャーシューはバラロールで、大きく分厚いカット。
(端だったので余計に分厚かったと思われる)
煮豚にしてからタレで煮込んでいるらしいく、しっかりとした旨味と味わいがあって上質、かなり美味しい。

味玉は黄身がトロッととした半熟で、白身は全体的に色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは太く、風味が良い。

薬味は、九条ネギ。



スモーキーな「炭火焼き油」が独創的で、動物系のみとは思えないスープ。

接客が丁寧であいさつもハキハキとして気持ちが良い。

細かい部分にも気遣いがあり、弟子にもキッチリと教えている。出身者はきっと名店に仕上げるに違いない。



チャーシュー

味玉

メンマ



戻る レポートの一覧に戻る