河辺(かべ) 大勝軒


青梅市師岡町3-19-18-102
地図
0428-78-2639

11:00~16:00、17:30~20:00
日祝 11:00~16:00、17:00~19:00
木曜・第一日曜休

カウンタ 11席、テーブル 4席×3
禁煙、料金は後払い

最寄り駅は JR青梅線 河辺駅
P お店の前に2台程度。

2008/2/6オープン
オープン時の花輪は、稲城大勝軒、飛田給大勝軒、草村商店など
オープン当時の暖簾は「飛田給 大勝軒」だったが、「河辺 大勝軒」に変わった
[twitter]

外観撮影 2016/6/20

[2019/7/15]

麺の量 ・・・通常(2玉) 300g/少なめ(1.5玉) 225g/小(1玉) 150g 50円引き

中華麺 [2019/7/15] 850、ゆで玉子入り中華麺・なま卵入り中華麺 900、ワンタン麺 1000、チャーシュー麺 1050、チャーシューワンタン麺 1200
ワンタン 700
大盛り(75g増) +120

つけ中華麺 [2019/8/11] 880、ゆで玉子付きつけ中華麺・なま卵付きつけ中華麺 930、のり付き(8枚)つけ中華麺 980、チャーシューつけ中華麺 1080
大盛り(150g増) +240
お子様用つけスープ 240
(つけ中華麺は麺の硬め不可)

メンマ 250、ねぎ 70、玉子(なま、ゆで各種) 50





(以前のメニュー)
[2016/6/20]
中華麺 [2017/1/22] 800、ゆで玉子入り中華麺 [2016/6/20]・なま卵入り中華麺 850、ワンタン麺 950、チャーシュー麺 1000、チャーシューワンタン麺 1150
ワンタン 650
メンマ 240

【限定メニュー】
2017/4/24~ (2017/9/30で提供終了)
つけ中華麺 [2017/7/11] 850、ゆで玉子付きつけ中華麺・なま卵付きつけ中華麺 900、のり付き(8枚)つけ中華麺 950、チャーシューつけ中華麺 1050
大盛り(150g増) +240
お子様用つけスープ 240
(つけ中華麺は麺の硬め不可)

[2009/12/30]
中華麺 [2009/12/30] [2012/4/28] 750、ゆで玉子入り中華麺・なま卵入り中華麺 800、ワンタン麺 900、チャーシュー麺 950、チャーシューワンタン麺 1100
ワンタン 600
メンマ 200
大盛り(75g増) +100

(つけ中華麺は4~9月の提供。麺の硬さの指定は不可)
つけ中華麺 [2012/4/28] 800、のり付きつけ中華麺・ゆで玉子付きつけ中華麺・なま卵付きつけ中華麺 850、チャーシューつけ中華麺 1000
メンマ 200
大盛り(150g増) +200
お子様用つけスープ 200

[2008/2/11]
中華麺 [2008/2/11] 700、ゆで玉子入り中華麺・なま卵入り中華麺 750、ワンタン麺 850、チャーシュー麺 900、チャーシューワンタン麺 1050
ワンタン 550
メンマ 200
大盛り +100
 



[2016/6/20]

卓上の薬味

ラー油

白胡椒
七味唐辛子

[2016/6/20]

メニューは卓上にあるのみ



(営業時間について)

「6月15日から夜の営業を再開」と告知が貼ってあったので、しばらくは昼のみの営業だったようだ。




 
中華麺

【中華麺・小】
[2019/7/15]
\850-\50=\800


(以前と同じ部分はコピペ)
小は並・少なめの丼と異なり、小さめの丼になる。

透明感のあるスープは、煮干しなどの和風の良い香りがする。

表面の油は永福町系大勝軒にしては少なめで、スッキリとしている。

味付けは醤油ベースで、コショウなどの香辛料の風味がある。
柚子は入っていなかった。

スープの量がたっぷりで熱々。冷めにくいのと、麺が食べやすい。



麺は中細の縮れ麺で、柔らかめの茹で方。(草村商店)

個人的には永福町大勝軒系は、この程度の柔らかいほうが違和感がないが、硬め指定はできるようだ。



チャーシューは肩ロースで小さめ。

メンマは柔らかく仕上げてある。

その他の具は、海苔、ナルト。

薬味は長ネギの小口切りが多め。

 

チャーシュー

メンマ




 
中華麺

【中華麺・少なめ】
[2017/1/22]
\800


(以前と同じ部分はコピペ)
透明感のあるスープは、煮干しなどの和風の良い香りがする。

表面の油は永福町系大勝軒にしては少なめで、スッキリとしている。

味付けは醤油ベースで、コショウなどの香辛料の風味がある。
後半は柚子の爽やかな風味が広がってくる。

スープの量がたっぷりで熱々。冷めにくいのと、麺が食べやすい。



麺は中細の縮れ麺で、柔らかめの茹で方。(草村商店)

個人的には永福町大勝軒系は、この程度の柔らかいほうが違和感がないが、硬め指定はできるようだ。



チャーシューは肩ロースで小さめ。

メンマは柔らかく仕上げてある。

その他の具は、海苔、ナルト。

薬味は長ネギの小口切りが多め。

 

チャーシュー

メンマ

柚子




 
中華麺

【ゆで玉子入り中華麺・小】
[2016/6/20]
\850-\50=\800



小は小さい丼になる。

透明感のあるスープは、煮干しなどの和風の良い香りがする。

表面の油は永福町系大勝軒にしては少なめで、スッキリとしている。

味付けは醤油ベースで、コショウなどの香辛料の風味がある。

スープの量がたっぷりで熱々。冷めにくいのと、麺が食べやすい。

以前は入っていた柚子はなかった。



麺は中細の縮れ麺で、柔らかめの茹で方。(草村商店)

個人的には永福町大勝軒系は、この程度の柔らかいほうが違和感がないが、硬め指定はできるようだ。



チャーシューは肩ロースで小さめ。

その他の具は、メンマ、海苔、ナルト

薬味は長ネギの小口切りが少量。

 

チャーシュー

ゆで玉子は半分にカットしてある。

黄身まで固まっている。

味付けはされていない。




 
つけ中華麺

【つけ中華麺・少なめ】
[2019/8/11]
\850

 

つけ汁は温かく、たっぷりの量で、中華麺を踏襲した煮干しの風味がある和風。

味付けはやや濃いめの醤油味で、若干の酸味がある。

ナルトの細切り・ネギと、少量のチャーシューの細切りが入っている。



麺は中細の縮れ麺で、中華麺と同じ。
水で冷やしてあるので、強めの食感がある。
(草村商店)



麺の上の具は、チャーシュー、メンマ、海苔と洋がらし。

チャーシューは肩ロースでしっとりとしている。

メンマは適度なコリコリとした食感。



スープ割りが可で、温度が上がり和風の風味が強くなる。

チャーシュー

メンマ




 
つけ中華麺

【つけ中華麺・少なめ】
[2017/7/11]
\850

 

つけ汁は温かく、たっぷりの量で、中華麺を踏襲した煮干しの風味がある和風。

味付けはやや濃いめの醤油味で、酸味があるが弱め。

ナルトの細切り・ネギと、少量のチャーシューの細切りが入っている。



麺は中細の縮れ麺で、中華麺と同じ。

水で冷やしてあるので、強めの食感がある。(草村商店)



麺の上の具は、チャーシュー、メンマ、海苔と洋がらし。

チャーシューは肩ロースで小さめ。

メンマは柔らかく仕上げてある。



スープ割りが可で、温度が上がり和風の風味が強くなる。

麺のアップ

中華麺と同じ麺

チャーシュー





(以下、以前の画像)
【外観】
[2012/4/28]


開店当時の暖簾は「飛田給 大勝軒」だったが、「河辺 大勝軒」に変わっている。



 
中華麺
【中華麺・小】
[2012/4/28]
\750-\50

基本は同じで、麺の量が少ない。

今回は柚子の風味がしなかったような気がする。



 
つけ中華麺
【つけ中華・少なめ】
[2012/4/28]
\750
麺は中華麺と同じながら、水で締めてあるので、歯ごたえがある。
つけ汁は醤油ベースで、酸味がありさっぱりとしている。


スープ割りをすると、煮干しなどの魚介系の風味が広がる。
卓上の薬味

ラー油・酢・白胡椒・七味唐辛子




 
青梅市師岡町3-19-18-102
0428-78-2639


11:00~20:00
日 11:00~19:00
木・第一日休

2008/2/6オープン。
店内禁煙。P2台程度。
カウンタ 12席、テーブル 4席×3

オープン時の花輪は、稲城大勝軒、飛田給大勝軒、草村商店など
暖簾からすると、飛田給大勝軒出身か?

外観撮影 2008/2/11



 
中華麺
【中華麺】
[2008/2/11]
\700

直径が割り箸より長い大きな丼。
煮干しが香る透明感のあるスープは柚子が隠し味程度に効き、見た目より油が主張する。

永福系大勝軒にしては表面のラードが少なく、スッキリとしている。

麺は普通の太さの縮れで、適度な硬さの茹で方。量が多い。(草村商店の麺箱とカレンダーがあった)

この系統にしては、硬めの茹で上げ。

チャーシューは小ぶりのモモ肉でジューシー。メンマは普通。海苔とナルトが入っている。

いかにも永福町大勝軒系列の味。
卓上の薬味

ラー油・酢・白胡椒・七味唐辛子




 
中華麺
【中華麺・小】
[2009/12/30]
\750-\50

基本は同じで、麺の量が少ない。
 
卓上の薬味

ラー油・酢・白胡椒・七味唐辛子



戻る レポートの一覧に戻る