手打そば 喜郷(ききょう)


福生市本町72-2 [地図
042-553-0708

11:30〜14:30 (L.O.)
17:30〜20:30 (L.O.)
木曜・第三金曜休


カウンタ 4席、テーブル 4席×3、小上がり 4席×2
P 3台


2010/5/18 オープン
車家@八王子出身
公式サイト

[2010/10/11]/[2010/11/6]     アンダーラインのあるメニューは、直接ジャンプできます

【冷たい蕎麦】 石臼で粗く挽いたそば粉に、つなぎ(小麦粉)を一割加え、中細に打った蕎麦
せいろ 750、つけとろ(千葉県多古産の大和芋) 1050、鴨せいろ 1150、野菜天せいろ 1350、天せいろ 1650
大盛り +300、おかわり麺 420

【温かい蕎麦】 石臼で粗く挽いたそば粉に、つなぎ(小麦粉)を二割加え、太めに打った蕎麦
かけそば 750、とろろそば 1100、鴨南蛮 1350、野菜天そば 1350、天ぷらそば 1650
大盛り +300

【手打うどん】
うどんせいろ・かけ 700、田舎せいろうどん 900

【一品料理】
漬物 350、自家製おぼろ豆腐 380、出し巻玉子 700・小 550、そばがき 750、自家製鴨ロース 980、野菜天 700、天ぷら盛り合わせ 950

【ビール】
エビス生ビール 中 600・小 380、エビス 中 650、アサヒ 中 630、キリンノンアルコール フリー 350

【ワイン】
リヴァークレスト(カリフォルニア) 赤・白 450

【ソフトドリンク】
サイダー・オレンジジュース・アップルジュース・ウーロン茶 300

【日本酒】
多摩自慢 純米無濾過(東京) 550、嘉泉 純米 玉川上水(東京) 550、黒龍 本醸造(福井) 580、鼎 純米吟醸 生原酒(長野) 800、王禄 超辛・純米・本生(島根) 850、八海山 純米吟醸(新潟) 1000

【焼酎】
南蛮渡来 カピタン(麦・長崎) 550、揺籃(麦・鹿児島) 550、佐藤 麦(鹿児島) 600、海(芋・鹿児島) 550、くじら(芋・鹿児島) 550、桐野(芋・鹿児島) 550
酒類にはお通し(300円)が付くが、不要も可

【コース料理】
先付け、前菜盛り合わせ、そばがき椀、煮物、天ぷら、そば、甘味 3000・5000
(2〜8名、3日前までの完全予約制)


(季節メニュー)
[2017/4/30]
【季節の蕎麦】
わかめそば 880、おろし桜海老 1180、穴子天せいろそば(冷/温) 1550
【季節の一品】
無添加いか塩辛 320、自家製おぼろ豆腐の冷奴 580、山うど・車麩田舎煮 320、穴子天ぷら 800

[2017/4/1]
【季節の蕎麦】
のらぼう菜 肉つけそば 1080、おろし桜海老 1180、カレー南蛮 1180、穴子天せいろ・そば(冷/温)1550
【季節の一品】
無添加いか塩辛 320、山うど・車麩田舎煮 320、穴子天ぷら 800
自家製おでん しいたけ・しらたき・こんにゃく 100、玉子・大根・厚揚げ・さつま揚げ・はんぺん 200、そばがき 300
鴨鍋 1390

[2016/12/27]
【季節の蕎麦】
けんちんそば 1080、カレー南蛮 1180、舞茸天せいろ・そば(冷/温) 1430、穴子天せいろ・そば(冷/温) 1550
【季節の一品】
無添加いか塩辛 320、叩きゴボウ胡麻酢和え 320、舞茸天ぷら 680、穴子天ぷら 800
自家製おでん しいたけ・しらたき・こんにゃく 100、玉子・大根・厚揚げ・さつま揚げ・はんぺん 200、そばがき 300
鴨なべ 1390

[2016/5/4]
【季節の蕎麦】
おろし桜海老 1180、穴子天せいろ・そば(冷/温) 1550
【季節の一品】
そばがきふき味噌田楽 560、穴子天ぷら 800

[2013/12/15]
【季節の蕎麦】
けんちんそば 1050、カレー南蛮 1150、舞茸天せいろ・そば(冷/温) 1250
【季節の一品】
鴨なべ 1500
おでん しいたけ・しらたき 100、玉子・大根・厚揚げ・さつま揚げ・はんぺん・自家製こんにゃく 200、銀杏がんも・そばがき 300
舞茸天ぷら 630、穴子天ぷら 780
 


(過去の月替わりメニュー)
[2010/11/6]
【十一月 〜霜月〜 季節の蕎麦】
数量限定 粗挽きせいろ 850(石臼で粗く挽いたそば粉を、30メッシュでふるい、つなぎ(小麦粉)を1割加え、中細に打った蕎麦)
きのこおろし蕎麦 1050・大盛 +300
カレー南蛮蕎麦(温) 1250・大盛 +300
そば御膳(自家製おぼろ豆腐、前菜三点盛(そば寿司・出し巻きなど)、季節の小鉢、揚げ出しそばがき、天ぷら盛り合わせ、せいろ(かけそば)、自家製甘味) 2000
自家製甘味 そばがきぜんざい 480
【十一月 〜霜月〜 季節の一品】(平日は夜のみ、土日祝は昼も可)
季節のおぼろ豆腐 温おぼろ豆腐 べっこうあん 380、とろろ豆腐 480、帆立の旬菜サラダ(自家製人参ドレッシング) 480、揚げ里芋の蟹野菜あんかけ 580、百合根天 630、おでん(大根、コンニャク、玉子、がんも、そばがき盛り合わせ) 750

[2010/10/11]
【十月 〜神無月〜 季節の蕎麦】
数量限定 粗挽きせいろ 850(石臼で粗く挽いたそば粉を、30メッシュでふるい、つなぎ(小麦粉)を1割加え、中細に打った蕎麦)
桜海老の冷やがけそば(温) 1150、きのこおろし蕎麦 1050・大盛 +300
野菜あんかけそば(温) 1050・大盛 +300
そば御膳(自家製おぼろ豆腐、前菜三点盛(そば寿司・出し巻きなど)、季節の小鉢、揚げ出しそばがき、天ぷら盛り合わせ、せいろ(かけそば)、自家製甘味) 2000
自家製甘味 牛乳プリン いちじくソースかけ 300
【十月 〜神無月〜 季節の一品】(平日は夜のみ、土日祝は昼も可)
季節のおぼろ豆腐 温おぼろ豆腐 べっこうあん 380、前菜三点盛 480、帆立の旬菜サラダ(自家製人参ドレッシング) 480、地鶏と茄子のくわ焼 530、おでん(5品盛り合わせ:) 750、おでん単品 コンニャク 130、大根・玉子・がんもどき 150、そばがき 200

【喜郷のこだわり(抜粋)】
  • 厳選された良質な丸抜き(蕎麦の実)を日本各地より仕入れ、ただちに低温保温し、毎朝石臼にて自家製粉
  • 冷たいそばは、つなぎ一割の中細
  • 温かいそばは、つなき二割のやや太め
  • だしは直前に鰹節を削る
  • 鰹節は鹿児島県山川産一本釣り本枯節を使用
  • 厳選した醤油三種類・みりん・砂糖を火にかけ、よく混ぜ合わせたのち火を止め、10日ほどねかせたかえしでつゆを仕上げる
  • 水は逆浸透膜浄水器を使用、水以外の不純物(放射性物質、塩素、鉄さび、硬度物質など)をすべて取り除き安全な水を作る。そば練り・お茶・だし・料理などに使用
 


その他

メニューは卓上にある

卓上の薬味は、七味唐辛子のみ。

蕎麦湯は濁りのあるさらりとしたもの。

すっきりとしたつゆとの相性が抜群に良い。

せいろだけでなく、かけそばにも出してくれる。

駐車場はお店の向かいに3台




 
せいろ

【数量限定 粗挽きせいろ】
[2010/10/11]
\850


蕎麦は会津産だそうだ。
石臼で粗く挽いたそば粉を、30メッシュでふるい、つなぎ(小麦粉)を1割加え、中細に打った蕎麦 とある。

蕎麦の香りは強くないのですが、細めなのに歯ごたえがしっかりとしている独特な蕎麦。

つゆは鰹節が適度に香り、醤油がキリッと引き立つ軽快なもの。
蕎麦に半分ぐらい付けるのが良い感じ。

薬味は葱と山葵。




 
せいろ

【せいろ】
[2010/10/11]
\750


石臼で粗く挽いたそば粉に、つなぎ(小麦粉)を一割加え、中細に打った蕎麦 とある。

歯ごたえは粗挽きと同様に硬めの食感。

つゆ・薬味は同じ。




 
かけ

【かけそば】
[2010/11/6]
\750


石臼で粗く挽いたそば粉に、つなぎ(小麦粉)を二割加え、太めに打った蕎麦 とある。

太めといっても、せいろより若干太い程度。

せいろに比べると歯ごたえが弱いものの、かけそばとしては十分で、粉っぽさや粘性はなくて滑らかな口当たりと喉越しがある。


鰹節のフレッシュさが前面に出たつゆは、適度な濃さの味付けですっきりとしている。温度が高いので、レンゲが付いてくるのは嬉しい配慮。


三つ葉のほろ苦さと、柚子の柑橘系の香りがアクセントになっている。
薬味は長葱の薄い小口切り。




 
カレー南蛮

【カレー南蛮】
[2013/12/15]
\1150


かけと同様の太めの蕎麦。
温かい蕎麦にしては歯応えがあり、滑らかな口当たりと喉越しがある。



つゆは甘みが少なく、香辛料がほどよく効いている。

とろみがついているので、熱々で冷めにくい。

具の豚肉の風味が良い。



薬味は長葱。




 
おろし桜海老

【おろし桜海老】
[2016/5/4]
\1180



いわゆる「ぶっかけ」で、桜海老の唐揚げと海苔の風味が特徴的。

蕎麦はかけ同じと思われ、相変わらずの上質のもの。

つゆはかけと同じ辛汁。



薬味はカイワレ菜。




 
鴨せいろ

【鴨せいろ】
[2016/12/27]
\1180


蕎麦は雑穀とは異なる穏やかな香りがあり、甘みがある。

硬さよりもしなやかさがあり、水切りの加減もちょうど良く、つゆを付けずともそのまま一枚食べられそうな味わい。



つけ汁は鴨の風味が満載で、柚子と三つ葉の香りが加わることによって、折り重なる美味さがある。

その中でも蕎麦が負けていないという、優しくも底力がある蕎麦。



別皿の薬味は、長ネギの白い部分の薄い小口切り。




 
のらぼう菜 肉つけそば

【のらぼう菜 肉つけそば】
[2017/4/1]
\1080


(以前と同じ印象の部分はコピペ)

蕎麦は雑穀とは異なる穏やかな香りがあり、甘みがある。

硬さよりもしなやかさがあり、水切りの加減もちょうど良く、つゆを付けずともそのまま一枚食べられそうな味わい。



つけ汁は熱々で、具はのらぼう菜、厚揚げ、豚三枚肉。

炙ったような香ばしさが特徴的なつゆでも蕎麦が負けていないという、優しくも底力がある蕎麦。



別皿の薬味は、長ネギの白い部分の薄い小口切り。

薬味はネギのみで、山葵はない。




 
うどんせいろ

【うどんせいろ】
[2017/4/30]
\700


うどんはやや細めの平打ちで、表面がツヤツヤしている。

冷水でキッチリと締められており、歯を容易に侵入させないような弾力のあるコシと滑らかな喉ごしのあるうどん。



つけ汁の見た目は薄め。
蕎麦のつけ汁は鰹節主体だが、こちらはいりこ?の風味。

醤油は白醤油?で、濃くない味付け。



別皿の薬味は、長ネギの白い部分の薄い小口切りとおろし生姜。

薬味はネギとおろし生姜。





舞茸天

【季節限定の群馬県産天然舞茸天】
[2010/10/11]
\580

蕎麦塩という塩が付いてくる。
油が軽く、衣がサクサク。



戻る レポートの一覧に戻る