音七(おとしち)


八王子市子安町4-1-1 [地図
090-6199-1039


11:00~17:00
水曜休

カウンタ 6席、禁煙
自販機による食券制


Pなし、至近にコインPあり


2019/7/5オープン
一陽来福」の関連店
メニューなどは一陽来福と同じで、カレーらーめんはここのオリジナルメニュー
看板には、「中華そば」「つけ麺」「八王子らーめん」とある


外観撮影 2021/5/1

[2019/12/10] [2021/5/1] [2021/8/7]
  • 辛いらーめん・辛いつけ麺は、さらに辛くすることができる
【らーめん】  細麺 茹で時間2分
らーめん [2019/7/6] [2021/5/1] 650
塩らーめん 750
辛いらーめん 800
カレーらーめん [2019/12/10] 800

【つけ麺】  極太麺 茹で時間13分、細麺可
つけ麺 太麺 [2021/8/7] 750、チャーシューつけ麺 1050
辛いつけ麺 800
胡麻つけ麺 850

大盛 +100、特盛 +200、特々盛 +300


【トッピング】
半熟味玉半分 [2019/7/6]玉ねぎ [2021/5/1] ・揚げ玉ねぎ(カレーらーめんにトッピングしてあるもの) 50、
半熟味玉 [2019/12/10] [2021/5/1] メンマ・のり・わかめ 100、白髪ネギ 150、チャーシュー 2枚 150・4枚 300

【ご飯物】
のりめし 250 (しろめしに海苔・ねぎ・煎り胡麻・高菜・醤油だれ・ごま油)
ねぎめし 300 (のりめしにねぎいっぱいに辛味噌)
ねぎ豚丼 350 (ねぎめしに柔らかチャーシュー)
ライス 200・半ライス [2019/12/10] 150

【飲み物】
缶ビール 350ml 350、ノンアルコールビール 350ml 350、コーラ 150



(以前のメニュー)
[2021/5/1]
担々丼 350 (担々麺のご飯バージョン、白ごまの香り、当店オリジナル)

[2019/7/6]
らーめん 600、塩らーめん 700、辛いらーめん 750、カレーらーめん 750
つけ麺 700、辛いつけ麺 750、胡麻つけ麺 800、チャーシューつけ麺 1000 (極太麺 茹で時間14分)
大盛 +100、特盛 +200、特々盛 +300
玉ねぎ・半熟味玉半分 [2019/7/6] 50、半熟味玉・メンマ・のり・わかめ 100、チャーシュー 2枚 150・4枚 300
のりめし 250、ねぎめし 300、ねぎ豚丼 350、坦々丼 350




その他

[2019/7/6]

つけ麺には柚子が入っている
柚子ぬき可(胡麻つけ麺・辛いつけ麺には入っていない)
⇒ [2019/12/10] POPがなくなっていた

茹で時間
極太麺 14分
⇒ [2019/12/10] 13分になっていた
細麺 2分

(出来上がる順番が変わる場合がある)


麺の量(茹で後)

つけ麺
極太麺(細麺可、大まで)
あつもり可
  1.5玉 435g
  2玉 580g
  2.5玉 725g
  特々 3玉 870g
   
らーめん
  1玉
  1.5玉
  2玉
  特々 3玉

卓上の調味料
[2021/5/1]


胡椒
一味唐辛子 (追加された)

おろしニンニク





右のポットは、つけ麺の割りスープ

オープン時のお店の外観
[2019/7/6]




 
ラーメン

【ラーメン+半熟味玉半分】
[2018/7/6]
¥600+¥50


透明感のある醤油スープは、動物系と野菜・果物を使用しているとのことで、インパクトよりもバランスの良い旨味が染み出ているのが特徴。

表面に浮かぶ油が発する甘くて香ばしい薫りが全体を包み込むような印象。

味付けは醤油ベースで、ちょうどよい塩梅。


麺は中細のほぼストレートで加水が低め。小麦の良い香り。
適度な硬さの茹で上げで、サックリとした歯切れ感がある。
(岩本製麺@八王子)


チャーシューは大判の肩ロースで薄めのカットで、ホロホロに崩れるくらいに柔らかい。
肉の旨味があって上質。

半熟味玉は、黄身がしっとりとした半熟で、白身全体に薄らと色づいている。甘みがありしっかりとした味付け。

その他の具は、メンマ、海苔。

薬味は八王子系ラーメンらしく、刻み玉ネギで、比較的大きめのカットが多い。

チャーシュー

メンマ


半熟味玉半分


刻み玉ねぎ


穴あきレンゲで刻み玉ねぎがきれいに食べられる。


卓上の調味料
[2019/7/6]


胡椒

おろしニンニク





右のポットは、つけ麺の割りスープ




 
ラーメン

【ラーメン+玉ねぎ+味玉】
[2021/5/1]
¥650+¥50+¥100


(以前と同じ印象はコピペ)
透明感のある醤油スープは、動物系と野菜・果物を使用しているとのことで、インパクトよりもバランスの良い旨味が染み出ているのが特徴。

表面に浮かぶ油が発する甘くて香ばしい薫りが全体を包み込むような印象。

味付けは醤油ベースで、ちょうどよい塩梅。


麺は中細のほぼストレートで加水が低め。小麦の良い香り。
適度な硬さの茹で上げで、サックリとした歯切れ感がある。
(岩本製麺@八王子)


チャーシューは大判の肩ロースで薄めのカットで、ホロホロに崩れるくらいに柔らかい。
ジューシーで肉の旨味があって上質。

半熟味玉は別皿。
黄身がトロッとした半熟で、白身全体に薄らと色づいている。甘みがありしっかりとした味付け。

その他の具は、メンマ、海苔。

追加の刻み玉ねぎは別皿。
薬味は八王子系ラーメンらしく、刻み玉ネギで、比較的大きめのカットが多い。


ココならではの風味と旨味がある。

チャーシュー

メンマ

半熟味玉

半熟味玉

玉ねぎ

刻み玉ねぎは、比較的大きめ

穴あきレンゲが秀逸




 
カレーラーメン

【カレーらーめん+味玉+小ライス】
[2019/12/10]
¥800+¥100+¥150


ドロッとしたスープは、香辛料をふんだんに使用してスパイシーで、辛めの仕立て。

フライドオニオンが山盛りにトッピングされていて、スープと合わせると更に粘性が強くなるようだ。
当然、麺にスープが激しく絡んで、多めに持ち上げる。



麺はラーメンと同じ。
中細のほぼストレートで加水が低め。小麦の良い香り。
適度な硬さの茹で上げで、サックリとした歯切れ感がある。
(岩本製麺@八王子)



チャーシューは細切りで、フライドオニオンの下に配置。
肉の旨味があって上質。

半熟味玉は半分入っている。
黄身がしっとりとした半熟で、白身全体に薄らと色づいている。甘みがありしっかりとした味付け。

薬味は刻み玉ネギで、比較的大きめのカットが多い。

フライドオニオンの上に、一味唐辛子と青海苔がかかっている。

フライドオニオンの下にチャーシューの細切り。

刻み玉ねぎ

半熟味玉半分

味玉は別皿

小ライスに残ったスープ。具をかけると、ほぼカレーライス。

味玉を潰してもイケる。





 
つけ麺

【つけ麺・太麺】
[2021/8/7]
¥750


麺は茹で時間13分の極太。
ヨリが入って短め。

ツルツル啜ることはできないので、ワシワシと食べる。
冷水で締められて、モッチリとしっかりとした食感。
麺自体の香り・味がある。
表面が適度にザラついているので、つけ汁の乗りが良い。
(岩本製麺@八王子)



つけ汁は和風魚系でサラリとしていて、つけ汁らしいキリッとした醤油味。

若干の酸味と一味唐辛子の辛さがアクセントになっている。

つけ汁には、みじん切りのチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、白髪ネギが入っている。

チャーシューは肉の旨味がある。
みじん切りなので、卓上の穴あきレンゲが重宝する。

メンマは細切りで、シワッとした食感。


麺にトッピングの具は、半熟味玉は1/2
黄身がトロッとした半熟で、白身全体に薄らと色づいている。甘みがありしっかりとした味付け。

その他の具は、わかめ、海苔、ナルト。



スープ割りは卓上のポット。
和風魚介系で、温かさと風味が再度立ち上り、最後まで楽しめる。

麺の皿のトッピング

味玉1/2、海苔、ワカメ、ナルト

つけ汁の中には、みじん切りのチャーシューとメンマ

刻み玉ねぎと白髪ネギ

みじん切りチャーシューには、卓上の穴あきレンゲが重宝する

スープ割りは卓上のポットで

和風魚系の清湯スープ



戻る レポートの一覧に戻る