手もみらあめん 十八番


【お店の外観】
[2017/1/20]


以前と変わらない黄色いテント


お店の営業時間などはこちら

卓上の調味料


醤油

ラー油

ブラックペッパー

メニューは卓上にある

料金は後払い





【ラーメン】
[2017/1/20]
¥600



突出したダシの香りではなく、滋味深さで食べさせる清湯スープは、インパクトよりも飽きが来ない味わいがある。

味付けは甘みのある醤油ベースで、濃すぎない塩味。

表面の油は多くないが、黒ごまが多めにかかっている。黒ごまは摺っていないので、香りは強くない。



麺は中細の平打ち縮れ麺。加水が高めで透明感がある。
適度な硬さがある茹で加減。やや粘性がある食感。
(「山正食品」の麺箱があった)



チャーシューはバラ肉のロールタイプで、薄めの味付け。

メンマは薄めのカットながら、コリコリとした食感。

ホウレン草のように見えるのはニラで、歯応えが良い。

その他の具は、1/4カットのゆで玉子、海苔、ワカメ。

薬味は長ネギの小口切りが多め。

チャーシューのアップ

1/4カットのゆで玉子が入っている

メンマは薄めだがコリコリとした食感

ラーメンと一緒にガリが出される





【ポークラーメン】
[2017/3/3]
¥900



中華鍋で豚バラ肉とおろしニンニクを炒めるので、その香ばしさが店内に充満する。

丼からもニンニクの炒めた香りと、生のニンニクのほろ苦さを感じる。

ベースはノーマルのラーメンと同じく醤油スープだが、ニンニクと炒めた際の多めの油のため、印象は全く異なりパンチがある。

ラーメンと同じく黒ゴマがかかっているが、ニンニクなどの風味が強く、存在感があまりない。



麺は中細の平打ち縮れ麺。加水が高めで透明感がある。
適度な硬さがある茹で加減。やや粘性がある食感。
(「山正食品」の麺箱があった)



豚バラ肉は5枚程度。薄めの味付けで、ニンニクの風味がたっぷり。

メンマは薄めのカットながら、コリコリとした食感。

その他の具は、海苔、ニラ、ワカメ。

薬味は長ネギの小口切りが多め。

豚バラ肉

ニラ

メンマは薄めだがコリコリとした食感

ラーメンと一緒にガリが出される




(以前の画像)
【お店の外観】

住宅地の中にある。

小さく見えるが、店の奥には小上がりもある。
【ラーメン】
[98/09/20]
\550

丼が黒いため良くわからないがスープは透明な薄目の醤油色。

麺は手揉み風の縮れ麺。
【ラーメン】
[2009/08/16]
\600

10年前とほとんど同じ印象。
麺のアップ

やや平打ちで、一定範囲で幅にばらつきがある細めの縮れ麺。

多加水で透明感があり、独特の硬さがある。歯ごたえが面白い。
やや足が速いか。
ラーメンと一緒に出されるガリは、ちょうど良い箸休めになる。
卓上の調味料

(左から)
 ラー油
 ブラックペッパー
 酢
 醤油


戻る このお店のレポートへ

レポートの一覧に戻る