黄金拉麺 鶏のおかげ


▲TOPに戻る


八王子市西片倉3-1-10 [地図]
042-632-5580


11:00〜15:00、17:00〜21:00
土日祝 11:00〜21:00
無休

カウンタ 5席、テーブル 6席×2、4席×3、3席×2、2席×1


混雑時は入口の受付に名前を書くようになっている

料金は後払い(カード決済、バーコード決済など多種に対応)


最寄り駅は JR横浜線 八王子みなみ野駅
P 12台+3台


2020/12/15 オープン
饗 くろ㐂@秋葉原 店主 黒木直人氏がメニュー・材料・レシピなど詳細にわたり全面的に監修

「やきとりの扇屋」のアト
飲食店を手がける㈱ヴィア・ホールディングスが母体 [公式サイト]
実運営は傘下の「やきとりの扇屋」の㈱扇屋東日本かもしれない

看板には「GOLDEN RAMEN TORI NO OKAGE」とある
[Instagram]

外観撮影 2020/12/15・23
[2021/8/9]
  • 特製は、ワンタン2個・味玉が追加
鶏塩らーめん [手もみ麺]
[2021/1/2] 850、味玉 980、雲呑 1050、特製 [2020/12/15] 1100

鶏醤油らーめん [手もみ麺]
[2020/12/21] 850、味玉 980、雲呑 1050、特製 1100
お子様らーめん【醤油】 480 (10歳以下のお子様に限る)

麺大盛り +150


鶏と煮干しの塩つけ麺 [幅広手打ち麺・大盛り不可] 2021/1/16~
[2021/1/16] 950、味玉 1080、特製 1200

鶏白湯つけ麺 [幅広手打ち麺・大盛り不可] 2021/1/9~
並 1000、味玉 1130、特製 1250

汁無し鶏油そば [手もみ麺、味玉付き・大盛り不可] (麺の量はラーメンの1.5倍) 2020/12/23~
醤油 [2020/12/23] 1080、塩 1080


【限定メニュー】
2021/ 7/29 ~ [夏麺] よだれ鶏の冷やしそば 1000、[限定飯] 炙りチャーシュー飯・深川あさり飯 250
2021/ 7/ 4 ~ [夏麺] 冷やし中華 900
2021/ 5/13 ~ [春の限定] 浅蜊塩つけ麺 1000
2021/ 4/ 3 ~ [春の限定] 鯛塩らーめん 1000 (大盛り不可) 、鯛飯 350 (限定麺注文時のみ、刺身が乗ったご飯)

トッピング
味玉 [2020/12/15] [2020/12/23] 130、メンマ 200、海苔 5枚 100
おつまみ
鶏焼売 [2020/12/21] 2個 280、皿ワンタン [2021/4/4] 300、おつまみ盛り合わせ 350、よだれ鶏 [2021/4/4] 400
ご飯もの
白飯 150、生姜めし 200、玉子かけごはん・生粒黒こしょう飯 [2021/4/4] ・鶏そぼろ飯 250、九条ネギ飯・ローストトマト飯 300
甘味
北海道生乳のなめらかプリン 330
お飲み物
アサヒスーパードライ 瓶ビール 小瓶 550、レモンサワー・バイスサワー・ハイボール 450、ホッピー(黒/白) 500・ナカ 200・ソト 300
アサヒドライゼロ ノンアルコールビール 450、ウーロン茶 200、オレンジジュース・コーラ 250
お持ち帰り
鶏焼売 6個 [2021/8/9] 840

(以前のメニュー)
[2021/1/16] [2021/4/4]
アサヒスーパードライ 生ビール 中ジョッキ 550・小 450
お持ち帰り 鶏焼売 3個 420




駐車場の看板
[2020/12/21]


店頭のA看板
[2020/12/15]


メニュー

一部は12月、1月から提供開始予定になっている

 汁無し鶏油そば  2020/12/23~
 鶏白湯つけ麺  2021/1/9~

 鶏と煮干しの塩つけ麺  2021/1/16~


メニュー
[2021/1/16]


提供予定のメニューが全て提供開始した日のもの


・メニューの裏側にある お持ち帰り
 鶏焼売 6個 840 ⇒ 3個 420 が追加になった



メニュー
[2021/4/4]


限定 『おかげの春麺』 が追加


第一弾 4/3 鯛塩らーめん 1000
潮の香り 至極の麺 鯛の出汁に黒木特製塩スープ


第二弾 5/13 浅蜊塩つけ麺 1000
浅利出汁の旨味凝縮スープと浅利サルサが決め手



店頭のA看板
[2020/12/15]

黄金拉麺

鶏のおかげ
GOLDEN RAMEN TORI NO OKAGE



12.15 OPEN

『饗 くろ㐂』  黒木直人 監修







店内のPOP
[2020/12/15]


店内のPOP
[2020/12/15]

三つのおかげ









《  》 はネット情報などによる


三つのおかげ   鶏に真摯に向き合った、本物の味

(壱) スープのおかげ
小豆島産木桶仕込みの三つの醤油   《醤油のカエシは、紫くろ㐂で使用していたもの》
・正金醤油 ・ヤマヒゲ醤油 ・ヤマロク醤油

海・山・湖から三つの塩
・海は甘味 ・山は苦味 ・湖は深み  全ての塩の旨味   《塩のカエシは、饗くろ㐂と同じ》
 
(弐) 麺のおかげ
小麦の甘味を感じる 手揉み麺     《無添加 加水率46%》
小麦の香りを感じる 平打ち麺     《無添加》

北海道産 きたほなみ/ゆめちから,福岡県産 チクゴイズミ
 
(参) 素材のおかげ
無添加中心の自然の旨味
・国産鶏を炊き上げた鶏油
・黄金色のスープは、厳選素材と三つの温度管理で自然の旨味を引き出します
 




卓上の調味料
[2020/12/23]


ブラックペッパーミル
(お店のオススメは 塩に)

ホワイトペッパーミル
(お店のオススメは 醤油に)

焼売のタレ
(黒酢醤油。焼売は味が付いているのでお好みで)


オープン日[2020/12/15]と調味料は変わらないが、席の間にアクリル板が設置されたため、箸入れなどの容器やレイアウトが変わった。




 
鶏塩らーめん

【鶏塩らーめん 特製】
[2020/12/15]
¥1100

綺麗な器は有田焼とのこと。

透明感がありやや褐色を帯びたスープ(お店では「黄金色のスープ」)は、オーダーの都度小鍋で温めているので熱々。

鶏を中心とした穏やかで柔らかく、突出したものはないが奥深さのある上品でバランスの良い淡麗系スープ。

食べ進むと鶏油のオイリーさの濃厚感が出てくる。

味付けは控えめな塩味。
ローストトマトの甘味・酸味とおろしショウガ、お店オススメのブラックペッパーで味変。


中太手揉み風の縮れ麺は適度な硬さの茹で加減で、ツルツルとした口当たりと、モチッとした食感があり、スープに良くマッチしている。
(製麺所は不明)


チャーシューは鶏で二種。
モモ肉はケイジャンチキンで、ローストした香ばしさ。
ムネ肉はしっとりとした肉の旨味がある。

味玉は黄身がトロっとした半熟で、白身は全体が色づいている。穏やかな味付け。

ワンタンは肉ワンタン。

ローストトマトは穏やかな甘味・酸味がある。

メンマは穂先メンマ。

薬味は青ネギ(九条ネギ?)の白髪ネギ、おろしショウガ。


柔らかくバランスの良い仕上がりに、黒木氏らしさがある。

鶏チャーシュー 二種

ワンタン

味玉

ローストトマト

穂先メンマ

お店のオススメ

ブラックペッパーを合わせると、引き締まった味わいになる。




 
鶏塩らーめん

【鶏塩らーめん 並】
[2021/1/2]
¥850


(以前と同じ印象はコピペ)
綺麗な器は有田焼とのこと。

透明感がありやや褐色を帯びたスープ(お店では「黄金色のスープ」)は、オーダーの都度小鍋で温めているので熱々。

鶏を中心とした穏やかで柔らかく、突出したものはないが奥深さのある上品でバランスの良い淡麗系スープ。

食べ進むと鶏油のオイリーさの濃厚感が出てくる。

味付けは控えめな塩味。
ローストトマトの甘味・酸味とおろしショウガ、お店オススメのブラックペッパーで味変。


中太手揉み風の縮れ麺は適度な硬さの茹で加減で、ツルツルとした口当たりと、モチッとした食感があり、スープに良くマッチしている。
(製麺所は不明)


チャーシューは鶏で二種。
モモ肉はケイジャンチキンで、ローストした香ばしさ。
ムネ肉はしっとりとした肉の旨味がある。

ローストトマトは穏やかな甘味・酸味がある。

メンマは穂先メンマで長い。

薬味は青ネギ(九条ネギ?)の白髪ネギ、おろしショウガ。
ネギの盛りが高くなった。


柔らかくバランスの良い仕上がりに、黒木氏らしさがある。

鶏チャーシュー 二種

ローストトマト

ローストトマトを崩して

長い穂先メンマ




 
鶏醤油らーめん

【鶏醤油らーめん 並】
[2020/12/21]
¥850

綺麗な器は有田焼とのこと。

透明感があるスープ(お店では「黄金色のスープ」)は、オーダーの都度小鍋で温めているので熱々。

鶏を中心とした穏やかで柔らかく、突出したものはないが奥深さのある上品でバランスの良い淡麗系スープ。

味付けは芳醇な醤油味で、鶏風味と良く合っている。

食べ進むと鶏油のオイリーさの濃厚感が出てくる。

おろしショウガとお店オススメのホワイトペッパーで味変。


中太手揉み風の縮れ麺は適度な硬さの茹で加減で、ツルツルとした口当たりと、モチッとした食感があり、スープに良くマッチしている。
(製麺所は不明)


チャーシューは鶏で二種。
モモ肉はケイジャンチキンで、ローストした香ばしさ。
ムネ肉はしっとりとした肉の旨味がある。

メンマは穂先メンマで長い。

その他の具は、海苔。

薬味は青ネギ(九条ネギ?)の白髪ネギ、おろしショウガ。


ダシも味付けも強すぎることなく、穏やかで優しいのが、黒木氏らしい仕上がり。

鶏チャーシュー 二種

長い穂先メンマ

お店のオススメ

ホワイトペッパーを合わせると、引き締まった味わいになる。




 
鶏と煮干しの塩つけ麺

【鶏と煮干しの塩つけ麺】
[2021/1/16]
¥950


2021/1/16から提供開始のメニュー


麺は冷水で締めていて、汁無しと同じ大きく深めの皿のような器に盛ってあり、冷たい煮干し出汁に浸っている。

麺は褐色を帯びた平打ちストレートで、粒々が練り込まれているので、全粒粉も使用しているかもしれない。

水で締めてあるので適度な硬さがあり、ツルツルとした口当たりで喉ごしが良く、薄めながらモチッとした食感がある。
(製麺所は不明)



つけ汁は熱々で、鶏清湯のキリッとした塩味。
九条ネギの小口切りが多め。
具は入っていない。

食べ進むと麺の煮干し出汁が徐々に加わり、少しずつ味が変わっていく。
おろし生姜で味が爽やかに一変する。

スープ割りは、麺の器に残った煮干し出汁で。



トッピングはラーメンと同じで、麺に乗っている。

チャーシューは鶏で二種。
モモ肉はケイジャンチキンで、ローストした香ばしさ。
ムネ肉はしっとりとした肉の旨味がある。

ローストトマトの甘味と酸味がアクセントになっている。

メンマは穂先メンマ。

その他は、九条ネギの細切りにおろし生姜。



化学調味料未使用のため食後もスッキリとしている。

濃厚コッテリとは真逆の、穏やかで優しい味わいが、黒木氏らしいつけ麺。

つけ汁

ネギのみで具は入っていない

トッピングはラーメンと同じ

モモ肉ケイジャンチキンとムネ肉

ローストトマト

穂先メンマ

九条ネギの細切り+おろし生姜


モモ肉ケイジャンチキンとムネ肉チャーシュー




 
汁無し鶏油そば

【汁無し鶏油そば・醤油】
[2020/12/23]
¥1080


2020/12/23から提供開始のメニュー


大きく深めの皿のような器を使用している。


麺はラーメンと同じ手もみ麺で、量は1.5倍とのこと。
茹で上げた熱々の麺を盛ってある。
中太手揉み風の縮れ麺は適度な硬さの茹で加減で、ツルツルとした口当たりと、モチッとした食感がある。
(製麺所は不明)



底に鶏油と醤油ダレがあるので、良くかき混ぜて食べる。

芳醇な醤油と鶏油の良い風味があり、濃すぎない味付けで、麺や具の本来の味わいが良くわかる。

刻み玉ねぎのシャキシャキ感と、鶏そぼろの肉の旨味がアクセントになっている。



チャーシューは鶏で二種。
モモ肉はケイジャンチキンで、ローストした香ばしさ。
ムネ肉はしっとりとした肉の旨味がある。

鶏挽肉そぼろで、肉の旨味がプラスされる。

ローストトマトの甘味と酸味がアクセントになっている。

味玉は黄身がしっとりとした半熟で、白身は薄らと色づいている。控えめな味付け。

薬味は、刻み玉ねぎ、九条ネギの細切り。



化学調味料未使用のためベタつき感がなく、食後もスッキリとしている。

ジャンキーさはなく穏やかで優しい味わいが、黒木氏らしい。

刻み玉ねぎ

味玉

ローストトマト

底に醤油・鶏油が入っている。

麺を醤油・鶏油とよく絡めて

チャーシューはラーメンと同じく、 モモ肉ケイジャンチキンとムネ肉




 
おつまみ

【鶏焼売】
[2020/12/21]
¥280


オーダーの前から蒸し上げているようで、短時間で提供される。

鶏の風味が満載。
フワッとして柔らかい。

適度に味が付いているので、そのままでも美味しいが、卓上の焼売のタレ(黒酢醤油)で、違った味わいが楽しめる。

【鶏焼売】
[2020/12/21]
¥280


従前と同じ





 
おつまみ

【皿ワンタン】
[2021/4/4]
¥300


肉の餡が詰まったワンタン。

ネギがトッピングされている。

つまみに最適。





 
おつまみ

【よだれ鶏】
[2021/4/4]
¥400


蒸し鶏とスライストマトが交互にサンドされている。

カリカリの野菜?に白ごま、醤油ベースのタレ。

ネギが添えられている。

つまみに最適。





 
ご飯もの

【生粒黒こしょう飯】
[2021/4/4]
¥250


生粒黒胡椒が刺激的





 
お持ち帰り

【鶏焼売】
[2021/8/9]
¥840


出来たての熱々をテイクアウトできるので、お店と変わらない味わい

生姜付き









 

(オープン日)

店舗の外観
[2020/12/15]

卓上の調味料
[2020/12/15]


ブラックペッパーミル
ホワイトペッパーミル

焼売のタレ(黒酢醤油)



戻る レポートの一覧に戻る