らーめん愉悦処 鏡花(きょうか)


★お店の情報★   (デジカメ画像)

住所・電話 立川市柴崎町2-12-20  (042-525-3371)
道順 JR中央線 立川駅、南口を出てモノレール沿いを南に向かい最初の信号を右折し直進。「公証役場前」交差点・いなげやの先、左手。徒歩5分くらい。 [地図
駐車場 なし、至近にコインパーキングあり
営業時間 11:30〜15:00、18:00〜22:00
土・日 11:30〜22:00
定休日 なし
席数 カウンタ 20席
メニュー

[2017.1.24]
醤油ラーメン 850、極醤油ラーメン 1000、醤油チャーシューメン 1100、野菜盛醤油ラーメン 1050
塩ラーメン 850、極塩ラーメン 1000、塩チャーシューメン 1100、野菜盛塩ラーメン 1050
鶏白湯ラーメン 850、鶏白湯つけ麺 900、特濃中華そば 950
どろ煮干 850

つけ麺 900、極つけ麺 1100、つけチャーシュー麺 1150、野菜盛つけ 1100
どろ煮干つけ麺 850
釜玉油そば 850

大盛 100、替え玉(鶏白湯のみ) 150

(トッピング)味玉 120、ピリピリミンチ 150、野菜増し 200、メンマ 300
おつまみ皿・チャーシュー皿 350、牛すじ皿 400
ごはん 250、玉子かけごはん 300、ピリ玉ごはん 400、牛すじ丼 400
エビス生 600、黒ウーロン茶・オレンジジュース・サイダー 300


(以下、以前のメニュー)

[2008.8.9]
醤油ラーメン 780、極醤油ラーメン 950、醤油チャーシューメン 1050、野菜盛醤油ラーメン 980
塩ラーメン 780、極塩ラーメン 950、塩チャーシューメン 1050、野菜盛塩ラーメン 980
つけ麺 830、極つけ麺 1000、つけチャーシュー麺 1100、野菜盛つけ 1030
(月曜限定)鶏白湯ラーメン 800、鶏白湯つけ麺 850、特濃中華そば 950
釜玉油そば 800
大盛 100、替え玉 150
(トッピング)味玉 100、巾着玉子・ピリピリミンチ 150、メンマ 200
ごはん 200、玉子かけごはん 250、ピリ玉ごはん 350
エビス生 500、黒ウーロン茶 350、100%オレンジジュース・サイダー 300

[2008.1.13]
ラーメン 醤油・塩 700
つけ麺 750
大盛 +100、チャーシュー +200
焼き釜 750
おやっさんの気まぐれA 800、おやっさんの気まぐれB 900、月曜日の限定 750
メンマ 200、味玉 100、巾着玉子 150
ごはん 200
天然ミネラル水 100、ペットボトル各種 200、ビール スタイニーボトル 300

[2005.10.30]
幻(まぼろし・今昔鶏想麺の進化系) 地鶏を主軸に計28種の厳選食材が織りなす透き通ったスープの鏡花代表作 醤油・塩 740円
和(なごみ・○○豚想麺の進化系) コラーゲンたっぷり、クリーミーでコクのある鶏白湯に豚骨と魚介の隠し味を加えた新味 醤油・塩 690円
幸(さち・八王子系鏡花風ラーメン) 八王子周辺に伝わる、豚肉・玉ねぎ・濃い口醤油の八王子系ラーメンを原点に、鶏・煮干しなどで奥行きのある素朴な味に仕上げた力作 480円

(以前のメニュー)
今昔鶏想麺(淡麗醤油味/うしお塩味) 780円
○○豚想麺(豚骨だし濃口醤油味) 700円
期間限定想麺 860円
麺増し 100円、葱増し 100円、肉増し 200円
だしたま、支那竹、山くらげ 100円、岩のり、キムチ 200円

期間限定想麺のラインナップ
 (開店当時)鏡花そば(鴨だし溜り醤油味)
 (2000年秋)愁想麺
 (2000年大晦日・2001年元旦) 年越し迎春想麺
 (2001年夏〜11月まで) 梅香麺
 (2001年11月から) 深海想麺


(蘊蓄)
地鶏各種と煮干し各種ほか、全21種の厳選食材からなる2段仕込みスープ
関ヶ原たまりが冴える秘伝醤油だれ
塩香るまろみ塩だれ
国産小麦中太平麺 鴨と鶏の香り油 国産黒豚チャーシュー
 

その他

2000/06/29オープンで、ラーメン登竜門準決勝出場の町田恵一さんのお店。看板は「らーめん愉悦処 鏡花」になっておりお洒落な外観。窓がなくて店内の照明は暗くしてあり、それぞれのテーブル席にピンスポットライトがあたるようになっている。店内奥に団らん席がある。入り口近くの自販機による食券制。ティッシュなし。BGMは川のせせらぎ・蛙の鳴き声・小鳥のさえずりと変わっている。
[2000/07/17] 定休日が毎月20日〜22日から月曜日に変更になっていた。
[Facebook] [twitter]


★食べたラーメンの情報★

年月日 2000/07/01 13:00ごろ
実食メニュー 今昔鶏想麺 (780円)
スープ

色:透明感のある薄目の醤油色  脂:透明な脂が多く浮いている
味:鶏と和風の風味でアッサリしているがコクがあって美味しい。温度が熱い。

太さ:細目  縮れ度合い:縮れ麺
デフォルトでも堅めの茹で方。中国産かん水を使用しているのだそうだ。(麺箱に「錦麺」とあるので「錦製麺所」のはず)

具の種類:チャーシュー2枚、メンマ、山くらげ、ネギ・ワサビ
チャーシュー:肩ロースのロールで柔らかい。薄い味付けで、肉本来の味が残っていて美味しい。
メンマ:大きくて太い。風味がよい
ネギ:長ネギの白い部分で、薄い小口切り。

その他 もう少しダシの素材の風味が強くても良いと思う。
全体の評価 ★★ (美味しかった)


年月日 2000/07/01 13:00ごろ
実食メニュー 期間限定想麺(鏡花そば) 860円
スープ

色:透明感のある濃いめの醤油色  脂:透明な脂が多く浮いている
味:鴨からとったスープで香りが良い。見た目より醤油味は濃くない。

太さ:太めの平打ち  縮れ度合い:強い縮れ麺
デフォルトでも堅めの茹で方。スープとの相性がよい。麺箱は一緒だが、かなり印象が違う。

具の種類:鴨肉3枚、三つ葉、ネギ
鴨肉:しっかりとした味付け。
ネギ:長ネギの白い部分で、細切り。

その他

12:30に行って行列15人程度。着席するまで30分程度。出てくるまで20分程度と時間がかかる。雷門、花の季、錦製麺所からの花が飾ってあった。3味毎に麺が違い、鍋が1つであるため、出来上がりまで時間がかかるようだ。ホール担当の男性・女性とも接客態度がかなり良い。だしたまが売り切れだったのが残念。

全体の評価 ★★ (美味しかった)


年月日 2000/08/01 20:00ごろ
実食メニュー ○○豚想麺 700円
スープ

色:白茶濁  脂:ほとんど浮いていない
味:豚骨の香りが中心のスープ。味付けは醤油味ベースで、やや薄目。時間が経つと表面に膜が張ってくる乳化されたスープ。

太さ:やや細め  縮れ度合い:縮れ麺
デフォルトでも堅めの茹で方で、コシが強く弾力がある。

具の種類:チャーシュー、生キャベツ、キクラゲ、ネギ
チャーシュー:部位は肩ロース?で、厚い切り方。硬めの仕上げ。味付けは薄目。
生キャベツ:シャキシャキとした歯ごたえ。
ネギ:長ネギの白い部分の小口切り。量は少ない。

その他

手の込んだスープであることはわかるが、インパクトに欠けるのだろうか。単調で後半は飽きてくる。また、スープに比べて麺が強すぎて、相性が気になった。だしたまはまたもや売り切れだった。

全体の評価 ★ (まあまあ)


年月日 2000/11/28 22:00すぎ
実食メニュー ○裏変想麺 750円
スープ

色:透明感のある薄目の醤油色  脂:透明な脂が多く浮いている
味:豚骨+鶏と和風の風味が強すぎない。アッサリしているがコクがあって美味しい。味付けは醤油味ベースでやや薄目。

太さ:やや細め  縮れ度合い:縮れ麺
デフォルトでも堅めの茹で方で、コシが強く弾力がある。

具の種類:チャーシュー、メンマ、岩ノリ、ネギ
チャーシュー:脂が少な目の肩ロース?で硬めの仕上げ。味付けは薄目。
メンマ:大きくて太い。風味がよい。歯ごたえがある。
ネギ:長ネギの白い部分の小口切り。

その他

後半はやや単調で飽きてくる。もう少し味が濃いめの方が好みかもしれない。だしたまがみそたまに変わっていた(売り切れ)。期間限定想麺(愁想麺)は売り切れだった。12/31〜元旦にかけて1日だけ「つけ」を提供するらしい。

全体の評価 ★★ (美味しかった)


年月日 2001/01/01 14:30ごろ
実食メニュー 期間限定想麺(年越し迎春想麺) 860円
つけ汁

色:茶濁醤油色  脂:少量で、表面は赤っぽい
味:鴨つけ蕎麦のつけ汁のようなネギと豚肉?が入っている。味付けは醤油ベースで、自分にはかなり辛い。肉は軟らかくて美味しい。食べ終わるとスープ割をしてもらえる。

太さ:やや太め  縮れ度合い:強い縮れ麺
水で締めてあるのでかなり堅めでコシが強く弾力がある。長さは短い。岩手産の地粉を使用しているとのこと。極太のメンマと岩ノリがトッピングされている。岩ノリはスープに浸していないためか風味は強くない。

その他 2000年大晦日と2001年元日のみの限定メニュー。麺はかなり美味しかったが、つけ汁は自分には辛すぎ。
全体の評価 ぎりぎり ★★ (美味しかった)


年月日 2001/08/23
実食メニュー 期間限定想麺(梅香麺) 860円
つけ汁

色:茶濁醤油色  脂:適度に浮いており、表面は赤い
味:独特の風味がする。味付けは醤油ベースで、自分には辛くて酸っぱくて苦手。シラガネギと短冊状のチャーシューが入っている。食べ終わるとスープ割をしてもらえる。

太さ:やや太め  縮れ度合い:強い縮れ麺
竹を縦割りにした器を使用し、涼しさを演出している。麺の中に青梅が練り混まれており、そのものの香りは強くないが、麺のみを食べると美味しい。水で締めてあるのでかなり堅めでコシが強く弾力があるが、練り混み麺なので箸ですくうとブチブチと切れるのが難点。器の端にメンマが盛られている。

その他 スープの独特の香りはかなりクセがあり、自分には辛い・酸っぱいよりもかなり苦手だった。ただし手間暇をかけて作ってあることは良くわかる。
全体の評価 自分としては ★(まあまあ)だったが、好きな人ははまると思う


年月日 2001/10/24
実食メニュー 今昔鶏想麺(うしお塩味) (780円)
スープ

色:透明感のある薄目の褐色  脂:透明で細かな脂が少量と、揚げネギが浮いている
味:ダシの風味は弱めで、食べ進むとコクが増してくる。味付けは塩というよりまろやかな白醤油に近い。香味油を上手に使いこなしている印象。揚げネギの風味は弱くうまくまとまっている。

太さ:細目  縮れ度合い:縮れ麺
デフォルトでも堅めの茹で方。最後までダレない。

具の種類:チャーシュー2枚、メンマ、岩海苔
チャーシュー:肩ロースとバラ肉ロールが1枚づつ。薄めの味付けで、肉本来の味が残っていて美味しい。
メンマ:大きくて太い。風味は良いが酸味のある味付けはやや違和感あり。

その他 万人受けする味だと思うが、スープとトッピングの岩海苔との相性は好みが分かれるかもしれない。
全体の評価 ★★ (美味しかった)


活動報告の一覧に戻る
メインのページに戻る