らーめん 五ノ神精肉店


あきる野市小川東3-9-13
042-533-3715 [地図]

11:00〜15:00、17:00〜21:00
土日祝 11:00〜21:00
無休

カウンタ 11席、テーブル 5席・4席・3席、禁煙
自販機による食券制

駐車場は近隣に90台
最寄り駅は、JR青梅線 拝島駅 or JR五日市線 東秋留駅だが徒歩では遠い


2016/9/20オープン
いつ樹@青梅の支店(別ブランド)

Facebook(五ノ神製作所)

[2017/2/11]     アンダーラインのあるメニューは、直接ジャンプできます

(レギュラーメニュー)
豚骨らーめん 750、味玉豚骨らーめん 850、チャーシュー豚骨らーめん 950、全部入り豚骨らーめん 1050

(レギュラーではないメニュー、定期的に変わる)
鶏中華そば 750、味玉鶏中華そば 850、チャーシュー鶏中華そば 950、全部入り鶏中華そば 1050
牛トマトつけ麺 830、味玉牛トマトつけ麺 930、チャーシュー牛トマトつけ麺 1030、全部入り牛トマトつけ麺 1130

替え玉(ラーメン) 100、大盛り(つけ麺) 100

メンマ・味付き玉子 100、チャーシュー 200
ライス 100、チーズご飯 150、牛バラ肉飯 300
ハートランドビール 500

おみやげチャーシュー
豚肩ロース 1ブロック 400g前後 800〜1200
鴨ロース 1ブロック 120g前後 500


【限定メニュー】


【29(肉)の日限定】

  • 2017/06/29 つけ麺背油豚骨角煮カツ乗っけ
  • 2017/05/29 五ノ神的合鴨南蛮つけ麺
  • 2017/04/29 ジューシー鶏白湯 照り焼きのっけ
  • 2017/03/29 ドッカン勝肉麺
  • 2017/02/09 ラムチャーシュー麺 980
  • 2017/01/29 香る焼豚&チーパイのっけラーメン 950
  • 2016/12/29 つけ麺 照り焼き牛ハンバーグ 930
  • 2016/11/29 下田さん家の豚麺 950、台湾カレー 300
  • 2016/10/29 合鴨肉汁麺 900
  • 2016/09/29 つけ麺 牛トマト 900

(提供終了)
牛肉汁つけ麺 780、味玉牛肉汁つけ麺 880、チャーシュー汁つけ麺 980、全部入り牛肉汁つけ麺 1080
牛出汁中華そば 750、味玉牛中華そば 850、牛チャーシュー中華そば 950、全部入り牛中華そば 1050
合鴨つけ麺 780、味玉合鴨つけ麺 880、合鴨チャーシューつけ麺 1000、全部入り合鴨つけ麺 1100
焼き豚飯 300

看板のアップ

牛頭?のオブジェが中央にある


★29★
五ノ神 精肉店
JAPANESE RAMEN

入り口近くにある案内


駐車場は、店舗の隣にある旧スーパーの裏手、共用駐車場(90台あるとのこと)

行列は店舗の入り口近くではなく、隣の旧スーパーに沿って並ぶ

トイレは店舗の裏手

卓上の薬味(1)

[2016/9/20]

ペッパーミル
一味唐辛子


卓上の薬味(2)

[2016/12/17]

おろしニンニクが追加


ペッパーミル
一味唐辛子

おろしニンニク

卓上の薬味(3)

[2016/12/22]

おろしニンニクがなくなり、白ゴマとラー油が追加


ペッパーミル
一味唐辛子
ラー油

白ごま

卓上の薬味(4)

[2017/3/15]

揚げニンニク(壺)が追加


ペッパーミル
一味唐辛子
ラー油

白ごま
揚げニンニク





 
豚骨らーめん

【味玉豚骨らーめん】
[2016/9/20]
\850


きれいな白茶濁のスープは豚骨ベースでエキスが十分に溶け出し、とろみさえあるが、臭みなどのクセは皆無で上質なもの。唇がくっつくほどコラーゲンがたっぷりで濃厚。丼もスープも熱々。

表面に浮く油が少量なこともあり、とろみがあるがしつこさはない。

味付けは醤油よりも塩を主軸として、個人的には後半は塩味が強め。

丼の奥にトッピングされた茶色いペースト(マー油にしては黒くない)を溶かし入れると、ニンニクの香ばしい風味が広がり、軽快な印象になって面白い。



麺は中細のストレートで白っぽい低加水麺。
適度な硬さの茹で上げで、サクッとした歯応えが特徴的。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは肩ロース?が2枚で、柔らかすぎずに適度な味付け。

メンマは厚くカットした三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、キャベツ。

薬味は青ネギの小口切り。

チャーシュー

ココのお店らしい三角のメンマ

キャベツはさっと茹でてあり、スープの熱で柔らかくなってくる。

味付け玉子は黄身がトロトロの半熟で、白身は濃いめに色づいている。

味付けは醤油ベースでしっかりとしている。





 
鶏中華そば

【味玉鶏中華そば】
[2017/2/11]
\850



透明感のある醤油スープは、鶏の風味が満載で風味が高い。

鶏由来と思われる表面の油は多めながら、適度なコッテリ感を押し出しているものの、くどさは感じない。

味付けは醤油ベースで、やや濃いめで甘みがある。



麺は博多ラーメンのような極細ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは鶏と鴨の二種類で、どちらも素材の風味が良く出ている。

メンマはココならではの厚めで三角。繊維に沿って裂けて、風味の良いもの。

味玉は白身の全体が濃いめに色づき、黄身はゼリー状の半熟。
醤油ベースのしっかりとした味付け。

その他の具は、海苔・ナルト。

薬味は長ネギと青ネギの白い部分のの小口切り。
長ネギはスープを注ぎ入れる前に丼に入れ、青ネギは麺を入れトッピングの最後に入れる。

チャーシューのアップ

メンマのアップ

味玉のアップ





 
(限定)佐伯ラーメン

【佐伯ラーメン 醤油味】
[2016/11/25]
\700



2015/11/19から提供の限定メニューで、大分・佐伯ラーメンを再現したもの。


やや濁りのある豚骨スープは、サラッとしている。

濃くない醤油ベースの味付けで、ガーリックパウダーと胡椒が効いてジャンキー感がある。



麺は中細の白っぽいストレート。適度な歯応えがありつつしなやかさがある。



具の最大の特徴はモヤシで、関西以西で良く使われる細モヤシを茹でたもの。
香りが良くシャキシャキした歯応えがあり、個人的にはラーメンにはこちらのほうが断然好み。


チャーシューは肩ロースの低温調理で、厚めにカットしたものが2枚でボリュームがある。


薬味は青ネギ。

チャーシューは肩ロースの低温調理で、厚めにカットしたものが2枚

薄めの味付けで、肉本来の味わいで美味しい

モヤシは関西以西でよく使われる細モヤシ

透明な油と白ゴマが浮いたスープ




 
(限定)佐伯ラーメン

【佐伯ラーメン 味噌味】
[2016/11/26]
\750



2015/11/19から提供の限定メニューで、大分・佐伯ラーメンを再現したもの。(味噌味は 11/24から提供)



(以下、醤油味と共通の部分はコピペあり)

やや濁りのある豚骨スープは、サラッとしている。

濃くない味噌ベースの味付けで、ガーリックパウダーと胡椒が効いてジャンキー感がある。



麺は中細の白っぽいストレート。適度な歯応えがありつつしなやかさがある。



具の最大の特徴はモヤシで、関西以西で良く使われる細モヤシを茹でたもの。
香りが良くシャキシャキした歯応えがあり、個人的にはラーメンにはこちらのほうが断然好み。


チャーシューは肩ロースの低温調理で、厚めにカットしたものが2枚でボリュームがある。


薬味は青ネギ。

チャーシューは肩ロースの低温調理で、厚めにカットしたものが2枚

薄めの味付けで、肉本来の味わいで美味しい

モヤシは関西以西でよく使われる細モヤシ

透明な油と白ゴマが浮いたスープ




 
(限定)下田さん家の豚麺

【下田さん家の豚麺】
[2016/11/29]
\950



2015/11/29の限定メニューで、下田さん家の豚@武蔵村山の三元豚を使用したラーメン。



透明感のあるスープは、豚骨と肉の旨味に魚介の風味が程よく加わり、背脂の甘みも良く出た醤油味。
表面の油・背油の香ばしさが奥深さを増している。



麺は豚骨らーめんと同じく、中細のストレートで白っぽい低加水麺。適度な硬さの茹で上げで、サクッとした歯応えが特徴的。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



最大の特徴は二種のチャーシュー。

2日間タレ漬けした焼きたての「焼き豚肩ロース」はタレの焼けた風味と濃いめの味が肉に染み、噛みしめるとわき出てくる肉汁の美味しさが楽しめる。

シンプルに塩と玉ねぎのみで味付けした豚バラを、下田さん家の豚油の中で火入れした「塩バラ肉のコンフィ」は、トロトロに柔らかく、スッキリとした味わいだが、肉の脂の美味さが良くわかる。



薬味は長ネギの小口切り。



「下田さん家の豚」の魅力を活かすべく、スープやタレなどなるべくシンプルに「引き算」で仕上げたというコンセプトが良くわかる一杯。

メンマはここらしい三角で分厚いもの

透明な油と背脂が浮いたスープ




 
(限定)癒し系 牛味噌らーめん

【癒し系 牛味噌らーめん】
[2016/12/17]
\800


2015/12/10からの限定メニュー

茶濁したスープは、白味噌仕立てで、味噌ならではの香ばしさと適度な甘みが特徴的な味わいになっている。

表面には透明な油が浮いているが、牛の風味は味噌の風味にに隠れているのか、あまり感じない。

そんな単調になりがちな印象を、トッピングされているニラキムチの辛味が上手に補い、ちょうど良い味変になっている。



麺はたぶん牛出汁中華そばと同じで、中太の平打ちの軽くウェーブがかかっているもの。
麺の硬さよりもしなやかなコシと滑らかな口当たりがあるのが特徴的で、好きなタイプ。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューはバラ肉。濃いめの味付けで、柔らかくボリュームがある。

煮込んだ牛すじ?がトッピングされているが、少量なので印象は薄いか。

メンマはココならではの厚めで三角。繊維質に裂けて、風味の良いもの。

その他の具は、さっと茹でた白菜。

薬味は長ネギの白い部分の小口切り。




トッピングの、牛すじ?とニラキムチ

ニラキムチは辛すぎず、ちょうど良い味変になる




 
(限定)塩豚ワンタン麺

【塩豚ワンタン麺】
[2016/12/22]
\850


2015/12/21からの限定メニュー

濁り度合いが薄めの白濁したスープは、豚骨の風味がダイレクトに伝わってきて、個人的にはそれが強すぎるか。

味付けは塩ベースで、スッキリとした味わいだが、豚骨臭との組み合わせは微妙。

表面には透明な油が浮いているものの、しつこさは感じない。



麺はたぶん豚骨らーめんと同じく、中細のストレートで白っぽい低加水麺。適度な硬さの茹で上げで、サクッとした歯応えが特徴的。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



ワンタンは大振りのものが5個程度。
皮はツルンとしたタイプではなく厚め。餡は適度な塩味の味付けで、生姜などは感じなかった。


チャーシューは肩ロースで、濃いめの味付け。

メンマはココならではの厚めで三角。繊維質に裂けて、風味の良いもの。

その他の具は、サイコロ状にカットしたベーコン。

薬味は青ネギの小口切りと刻みタマネギ。

肩ロースチャーシューのアップ

ベーコンもトッピングされている




 
(限定)高純度 海老重ねラーメン

【高純度 海老重ねラーメン】
[2017/1/4]
\800


2017/1/3・4の限定メニュー

褐色を帯びたオレンジ色のスープは動物系・魚介乾物などは使用しておらず、海老の殻と身から抽出した海老100%で、表面の油も海老由来とのこと(=「重ね」)

かなり大量の海老から抽出してもスープは少量らしい(=「高純度」)

なので、海老の風味が満載で、しつこくはないがインパクトが強い独特のもの。

味わいは塩味とともに、海老由来の甘みが強いもの。通常タレに使用する味醂は使用していないとのことだが、甘みが引き立っている。



麺はたぶん牛出汁中華そばと同じで、中太の平打ちの軽くウェーブがかかっているもの。
麺の硬さよりもしなやかなコシと滑らかな口当たりがあるのが特徴的で、好きなタイプ。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューはバラ肉で、柔らかくて濃いめの味付け。

メンマはココならではの厚めで三角。繊維質に裂けて、風味の良いもの。


薬味は青ネギの白い部分中心で、青い部分も使用している。

メンマのアップ




 
(限定)濃縮鶏中華そば

【濃縮鶏中華そば】
[2017/1/24]
\750


2017/1/23からの限定メニュー

透明感のある醤油スープは、鶏の風味が満載で風味が高い。

鶏由来と思われる表面の油は多めながら、適度なコッテリ感を押し出しているものの、くどさは感じない。

味付けは醤油ベースで、甘みがあって塩味はちょうど良い。



麺は細麺ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは鶏と鴨の二種類で、どちらも素材の風味が良く出ている。

メンマはココならではの厚めで三角。繊維に沿って裂けて、風味の良いもの。

その他の具は、海苔・ナルト。

薬味は青ネギと、長ネギの白い部分のの小口切り。



ネーミングどおりかなり濃い清湯で、白湯にはない美味しさがある。

メンマのアップ




 
(限定)牛仕込み八王子ラーメン

【牛仕込み八王子ラーメン】
[2017/3/15]
\700


2017/3/15からの限定メニュー

やや濁りのあるある醤油スープは、牛独特の甘い風味がある。

表面の油も牛? コッテリ感があるが、くどさは感じない。

味付けは醤油ベースで、甘みがあり、塩味はやや濃いめ。



麺は中麺ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは豚で、厚めのカット。しっかりとした味付けで。

メンマは三角ではなく一般的なもの。柔らかく仕上げてある。

その他の具は、海苔・ナルト。

薬味は刻みタマネギで、やや粗めのカット。



いわゆる八王子ラーメンとは異なるが、このお店らしさが良く出ている。

チャーシュー

メンマのアップ

刻みタマネギは粗めのカット




 
(限定)まったり海老らーめん

【まったり海老らーめん】
[2017/3/19]
\800


2017/3/19から限定80食で提供

お店からの告知(抜粋)
『甘エビで甘さを、焼き伊勢海老で香ばしさを。オマール海老のミソで奥深さを、ライトな鶏白湯スープに効かせます』

表面にオレンジ色を帯びた海老油が浮き、海老の風味が香ばしい。生臭さはなく香ばしさだけが主張してくる。

ベースとなっているのは鶏白湯とのことだが、強い海老の風味に加えて、海老の甘みと味噌の奥深さがあり、それも良くわからないほど。

味付けは醤油ベースで、海老の甘みがあり、塩味はやや濃いめ。



麺は中細ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは豚と鶏。
豚は肩ロースでしっかりとした味付け。
鶏は薄めの味付け。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

薬味は長ネギの白い部分の笹切り。

チャーシュー

メンマのアップ




 
(限定)八王子ラーメン

【八王子ラーメン】
[2017/4/11]
\800


2017/4/11から限定60食で提供

お店からの告知(抜粋)
『大好きなソウルフード、「八王子ラーメン」に大好きな旬の「新玉ねぎ」を乗せ、大好きなトッピングの「雲呑」をのっけました』


透明感のある醤油スープは、豚骨由来?の風味が主体。
表面の油は多めで、コッテリ感と甘みがある。

味付けは醤油ベースで、塩味はやや濃いめ。



麺は中細ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは豚バラ肉でしっかりとした味付け。

肉ワンタンは肉がたっぷりで大きめで5個ほど。皮は厚めで、ツルッとした食感ではなくしっかりとした食感のタイプ。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、海苔。

薬味は刻みタマネギで、大きめのカットだが、柔らかくて苦味は少ないのは新タマネギだからか。

ワンタンのアップ

チャーシューのアップ

メンマのアップ

刻みタマネギは粗めのカット




 
(限定)手揉み海老中華そば

【手揉み海老中華そば】
[2017/4/22]
\780


2017/4/22から限定70食で提供

お店からの告知(抜粋)
『豚肉出汁にオマール海老.甘エビ.干しエビを効かせたイノシン酸たっぷりスープに、昆布のグルタミン酸ビンビンの醤油ダレ合わせて、いつもの海老油を浮かべます。
合わせる麺は、モチプリの多加水手揉み麺。今回は熟成浅めに粉のフレッシュ感を海老スープにぶつけます。滑らかでプルプル、噛めばモッチリな手揉み麺をご堪能下さい』



オレンジ色は表面の海老油で、海老のローストした?香ばしさが強く出ているのが特徴的。

味付けは醤油ベースで、塩味はやや濃いめ。


麺は太麺の強い縮れで、茹でる直前に手揉みしている。
多加水でモチッとした食感と小麦の香りがある。スープとの相性は良い。(自家製麺)


チャーシューは豚バラ肉(煮豚)とモモ?の焼豚。
焼豚は甘めで美味しい。

大きめの皮ワンタンが入っている。柔らかくツルッとしいる。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、海苔、ホウレン草、ナルト。

薬味は長ネギの厚めの小口切りでたっぷりの量。

皮ワンタンのアップ

メンマのアップ




 
(限定)豚骨煮干しらーめん

【豚骨煮干しらーめん】
[2017/5/13]
\750


2017/5/13から限定100食で提供

お店からの告知(抜粋)
『普段通常メニューの豚骨スープは、水を足しながら煮込みますが、それを煮干し出汁を足しながら煮込んでみました。豚骨の髄とゼラチンと煮干しのハーモニーをお楽しみ下さい』


焦げ茶色に近い不透明なスープは、やや粘性がある。表面の油は皆無。

煮干しの香りが強烈に香り、エグ味・苦味が出始めていている。豚骨のエキスも十分に染み出ていて、唇がくっつくほど。非常にクセの強いスープ。

味付けは醤油ベースで、塩味はやや濃いめ。


麺は中細ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)


チャーシューは豚バラ肉(煮豚)とモモ?の焼豚。
焼豚は甘めで美味しい。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、海苔。

薬味は長ネギの青い部分の小口切りで量は多め。

皮ワンタンのアップ

メンマのアップ




 
(限定)五ノ神的タンツー麺

【五ノ神的タンツー麺】
[2017/7/19]
\750


2017/7/18から限定200食で提供

お店からの告知(抜粋)
『台湾にて出会った麺料理にちょっと五ノ神テイストを加えた限定をお出しします。
台湾南部の郷土麺料理の肉そぼろ乗った海老出汁麺を、五ノ神的な旨味の掛け合わせと海老出汁を強目に効かせてお出しします。
しっかり海老出汁に塩分は控え目、肉そぼろの辛味や肉エキスで味わい変わるスープに細麺合わせてます。
うちの海老が好きなお客様には優しく感じるかもしれませんが、僕の刺激の受けた台湾麺料理を是非食べていただきたい』



茶濁スープは、動物系の主張はなく、サラリとしたタイプ。
表面にはオレンジ色の海老油が浮き、その香ばしい風味が適度に香る。

味付けは塩ベース?で、塩味はかなり薄め。

肉そぼろの味付けは濃くなく、ほんのりと花山椒の風味を感じる。痺れ感はほぼない。
味変としては肉の味わいと塩味で、やや印象が強くなる程度の穏やかなアイテム。


麺は細麺ストレートで、低加水のサクッとした歯切れ感が楽しい。スープとの相性は良い。
(自家製麺)


チャーシューは肩ロースの低温調理。しっかりとした歯応え。

メンマはここのお店らしい厚いカットの三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

その他の具は、茹でモヤシ、ニラが少量。

薬味はなし。


ここのラーメンとしては、非常に穏やかな一杯。

メンマのアップ






(以下、提供終了)
 
牛出汁中華そば

【牛出汁中華そば】
[2016/9/23]
\750


牛骨は地元産の秋川牛を使用しているとのこと。
透明感のある褐色のスープは、牛骨の独特のクセのある香りと甘味があるものの、食べやすいスープに仕上げてある。

表面には透明な油が浮いているが、しつこさはない。
牛独特の香りが苦手な人は、トッピングされた刻み玉ねぎが効果的な口直しになるはず。

醤油ベースのクッキリとした味付けで、個人的には好みの味わい。



麺は中太の平打ちで、軽くウェーブがかかっているもの。
麺の硬さよりもしなやかなコシと滑らかな口当たりがあるのが特徴的で、好きなタイプ。スープとの相性は良い。
(自家製麺)



チャーシューは厚切りのバラ肉で、見た目は角煮に近い。柔らかで醤油の適度で甘味のある味付け。肉らしさがキッチリと残っていて美味しい

メンマは厚くカットした三角で、繊維に沿ってきれいにほぐれる。

薬味は刻み玉ねぎと青ネギの小口切り。

麺のアップ

分厚いチャーシュー

ココのお店らしい三角のメンマ

薬味の刻み玉ねぎと青ネギ




 
合鴨つけ麺

【合鴨つけ麺】
[2016/9/27]
\780

つけ汁は合鴨の手羽先などから抽出した『鴨白湯』スープとのことで、強めの鴨の風味と味わいが、全体を包み込んでいる。
温度が高い。

味付けは醤油ベースで、濃いめながらつけ汁としてはちょうど良い。

つけ汁の中には、鴨のつくね2個と三角のメンマ2つ。
つくねは粗挽きの鴨肉でコリッとした食感。鴨の風味と味わいが美味しい。



麺は中太のストレート。
牛出汁中華そばの麺と麺帯・切り刃は共通とのこと(ただし牛出汁中華そばは平打ち)だが、水で締めてあるので硬めの歯応えがあり、印象はかなり異なる。
密度が高くつけ麺に適した麺で、ツルッとした口当たり。
(自家製麺)



具は、麺の上に鴨ロースト2つ。ピンク色の肉で皮に焼き目がある。
鴨らしい強めの歯応えがある上質のもの。

その他の具は海苔大。

薬味は、つけ汁に青ネギの小口切り。

麺のアップ

スープ割り (↑前 ↓後)

鴨白湯スープと少量の青ネギが追加され、温度が再び高くなり鴨の風味が強くなる。

味付けは濃いめだが、飲み干せる程度(濃ければ調整可)



合鴨つけ麺

【合鴨つけ麺・麺少なめ・味付き玉子】
[2016/10/10]
\780


麺少なめにすると、味玉かメンマを追加できる。

味玉はつけ汁の中に入っている。

感想は前回と同じ
(以下、コピペ)

つけ汁は合鴨の手羽先などから抽出した『鴨白湯』スープとのことで、強めの鴨の風味と味わいが、全体を包み込んでいる。
温度が高い。

味付けは醤油ベースで、濃いめながらつけ汁としてはちょうど良い。

つけ汁の中には、鴨のつくね2個と三角のメンマ2つ。
つくねは粗挽きの鴨肉でコリッとした食感。鴨の風味と味わいが美味しい。



麺は中太のストレート。
牛出汁中華そばの麺と麺帯・切り刃は共通とのこと(ただし牛出汁中華そばは平打ち)だが、水で締めてあるので硬めの歯応えがあり、印象はかなり異なる。
密度が高くつけ麺に適した麺で、ツルッとした口当たり。
(自家製麺)



具は、麺の上に鴨ロースト2つ。ピンク色の肉で皮に焼き目がある。
鴨らしい強めの歯応えがある上質のもの。

その他の具は海苔大。

薬味は、つけ汁に青ネギの小口切り。

麺のアップ

つみれ

味玉は黄身がゼリー状の半熟で、白身は全体的に濃い目にタレが染み込んでいる。

ダシが効いた醤油ダレのしっかりとした味付け。



戻る レポートの一覧に戻る