口楽(こうらく)


八王子市下柚木2-9-11 [地図
電話番号非公開

11:30〜14:30、18:00〜21:00
火曜休


カウンタ 10席程度、禁煙
自販機による食券制

最寄り駅は、京王線 京王堀之内駅
P 店舗の至近に4台


2012/7/7オープン

facebook] [Twitter

[2017/11/29]

鯵な漢の煮干そば 並 750・大 850
肉鯵煮干そば 並 1050・大 1150
特製鯵煮干そば 並 1000・大 1100

葱姜麺(ツォンジャンメン、汁なし) 小 700・中 750・大 800

【限定メニュー】
2017/11/27〜12/3 南三陸ネギSPラーメン 900、パクチー 100

半ライス 100・ライス 150、肉飯 200・中 380

板海苔 80、味玉・玉葱・うずら 100、きくらげ・長葱・岩海苔 150、チャーシュー 300円
ワンタン餃子 280

瓶ビール 550、レモンチューハイ 350



(以前のメニュー)
[2013/3/3]
中華そば 並盛 680・大盛 780
極鯖そば 並盛 730・大盛 830
清湯つけ麺 200g・300g 750、400g 850
板海苔・きざみ海苔・温泉玉子 50、玉ネギ 80、味玉・メンマ 100、チャーシュー 200
おつまみセット 350
半ライス 50、ライス 100、肉めし150
ビール(缶・スーパードライ) 350、レモンサワー 350
 


その他

卓上の調味料
[2017/11/29]

拉麺胡椒
一味唐辛子


生ニンニク

駐車場の案内
[2017/11/29]

近くの駐車場に4台
No.1,2,7,12





 
極鯖そば

【極鯖そば 並盛】
[2013/3/3]
\730


表面には褐色の油が浮いているものの、スープそのものの色は濃くない。

鯖節をメインとした風味ながら、突出しすぎていないので、後半も飽きずに食べ進める。

味付けは塩とのことだが、醤油に近い。


最大の特徴は麺で、平打ちの強い縮れでロピロとしている。

表面がツルツルで、口当たりは強くないが、違和感はない。


メンマは見た目より味付けは濃くなく、硬めになっている。


薬味はネギと刻みタマネギと変わっている。

チャーシューは肩ロースで、適度な柔らかさがあり、しっかりとした味付け。

刻みタマネギは四角く、ほぼ均一の大きさに切り分けられている。

丼は切り立ち。




 
中華そば

【中華そば 並盛】
[2013/3/23]
\680


動物系は控えめで、和風魚系、特に煮干しがよく出ているWスープ。

背脂が多めに浮いているものの、しつこさは感じない。

味付けは醤油ベース。


麺は極鯖そばと同じく自家製平打ち縮れ。スープに対して強すぎないので、違和感はない。


薬味はネギ。


丼は極鯖そばと同じく切り立ち。




 
清湯つけ麺

【清湯つけ麺 200g】
[2013/3/23]
\750


つけ汁は中華そばをベースに、インパクトを与えるように強めにシフトさせたもの。


麺は同じく自家製平打ち縮れだが、水で締めているため、また違った味わいになっている。




 
(限定)

【(限定)南三陸ネギSPラーメン】
[2017/11/29]
\900


【南三陸ネギラーメンプロジェクト】

東日本大震災で大きな津波被害を受けた、南三陸町・気仙沼市で震災後誕生した「南三陸ネギ」、
南三陸ネギコラボイベントとして、4店が1週間づつ南三陸ネギを使用した限定メニューを提供、スタンプラリーを開催。
 11/27〜12/03 口楽  南三陸ネギSPラーメン
 12/04〜12/10 睡蓮  南三陸ネギ 潮の幸ラーメン
 12/11〜12/17 もつけ  南三陸ネギたっぷり ホルモンラーメン
 12/18〜12/24 みやみや  南三陸ネギのトロ肉味噌ラーメン


【お店からの告知(要約)】

(パンフレット)
6種類のスパイスを、アジュワン、キャラウェイ、クミンを配合したスパイス油でいためて、鯵煮干し、動物系のブレンドスープに入れる。
口楽の特徴でもある自家製麺はうどん用の製麺機を使用、特大平打ち麺はインパクト大。

(Twitter)
スパイスラーメンです。
魚介海鮮もきいてます。甘みが強いですが砂糖などは一切使ってません。様々な香りを楽しめます。
美味しいの先の樂しいを求めた一杯を目指しました。
辛みハバネロで増せます。
スパイスを提供前に炒めるので多少時間かかります。回転悪いです。丁寧につくります。混雑しても自分のペースは乱しません。お時間ある方のみご来店ください。
ここ最近自分が向き合ってきたスパイス、ハーブ、魚介の現時点での集大成。
味変アイテムでコブミカンレモンネギを別皿で添えます。
麺と一緒に食べるなり、混ぜて食べるなり工夫して脳みそ使って自分に合った食べ方を探してください。なんとなくトムヤムクンの風味に近い味変になります。
パクチーも100円で別皿で出します。
一気に入れないで自分なりのタイミングを探してちょいちょい絡めながら食べて欲しいところです。
中国、東南アジア、インド、日本様々な物を使ってます。
 
 

茶濁スープは、動物系・鯵煮干しをベースとしてはいるものの、
『6種類のスパイスを、アジュワン、キャラウェイ、クミンを配合したスパイス油でいためて、鯵煮干し、動物系のブレンドスープに入れる』
とのことで、様々な香辛料の風味・味わいがあり面白く、ラーメンというよりは、エスニック料理に近い印象。

直前にフライパンで香辛料を炒めて作るので、香辛料の風味がフレッシュ。

辛さは控えめなので、辛い物が好きな人は、辛みハバネロを増量するのが良い。



別添えのコブミカンレモンネギは、酸味と独特の風味があり、スープと合わせると、トムヤムクンのような味わいになる。



麺は、うどん用の製麺機で打ったという太麺平打ち縮れで、一定範囲で太さにバラツキがある。
表面はツルッとしている。
モチッとした食感と、お店のコンセプトどおり、正しく口の中が楽しくなる麺。量は230gと多め。
(自家製麺)

1本だけ入っている特大平打ち麺は、見た目にもインパクトがある。



薬味に使用している南三陸ネギは、太めの小口切り。


小さめの具・香辛料がトッピングされている。

別添えのコブミカンレモンネギ






(その他の画像)

お店の外観
[2013/3/3]


卓上の調味料
[2013/3/3]

(左から)

胡椒
フライドガーリック

蘊蓄(抜粋) [2013/3/3]

口楽の由来:食は空腹を満たすだけではなく、食べた人の口の中が楽しい、そんな食・空間を提供したいという店主の気持ち

麺:自家製麺、さぬきうどんの食感・風味・のどごしをイメージしている

中華そば:厳選した豚・鶏・香味野菜の動物系スープに九十九里産煮干しを合わせた

清湯つけ麺:中華そばのスープに、コク・香りの鯖節、うるめ節を合わせた。りんごとかぼす使用の自家製酢との相性も抜群

極鯖そば:鯖油、鯖スープ、鯖たれと鯖の味・風味。あっさりとした塩味



戻る レポートの一覧に戻る