つけそば屋 麺楽(めんらく)


青梅市野上町2-3-8 [地図]
0428-21-3731


営業時間、メニューなど





外観撮影 2020/5/15


2020/ 5/15 (テイクアウト)つけそば
2013/ 7/20 つけそば 味玉入り
  それ以前





[2013/7/20]


(個人的な感想)
提供しているのはつけ麺のみで、昨今のつけ麺の流行である濃厚豚骨魚介系に流されず、2002年の創業当時から味はもちろんのこと、メニューも価格も変えないという麺楽ならではのスタイルを貫き、それで人気店になっていることが素晴らしい。

唯一変わった点と言えば、駐車場が3台から5台になったことぐらい。




その他

卓上の調味料
[2013/7/20]



胡椒
一味唐辛子


メニュー
[2013/7/20]


構成・価格は2002年の創業当時と変わっていない


メニューの裏面
[2013/7/20]


こちらも同様
営業時間・定休日も変わらず


店頭に置かれている、外で待つ際の日除け傘。

細やかな心配りがうれしい。





 
つけそば

【つけそば 味玉入り】
[2013/7/20]
\700

つやつやとした太麺は小麦の香りが心地よく、そのままでも食べられるほど。

硬すぎない茹で上げで、しなやかで滑らかな麺。

自家製麺らしい特徴がよく出ている。

麺の量が260gとのことだが、スルスルと食べ進めるので少なく感じるほど。



つけ汁は、細めにカットされた肉と、メンマ、細切りのナルト、ネギと具だくさん。

風味が高く、肉が味わいに深みを与えている。

酸味・辛味は抜くことが可で、苦手なので酸味なし指定で。
そのせいか、甘みはそれほどでもないが、辛味が強めに主張する。

麺をつけ汁に漬けて

味玉は白身が全体的に色づき、黄身はしっとりとした半熟。

しっかりとした味付け。

つけ汁の器はお椀型

デフォのつけそばの器は切り立ち





 
(お持ち帰り)

【(お持ち帰り)つけそば】
[2020/5/15]
\700

(写真は二人前)

  • 生麺 (一人前 260g)
  • つけ汁
  • チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ
  • 割り箸、一味唐辛子、胡椒、酢
  • 割りスープ

(作り方 抜粋)

  • 【麺】
  • 沸騰したお湯で4分半茹でる、麺は常温で
    (麺投入後、再沸騰まで2分以上かかる場合は5分)
  • 時々かきまぜる
    噴きこぼれそうになったら70度ぐらいのお湯を差す
  • 茹で上がったら、冷水で良く洗って麺を締める
  • 【つけダレ】
  • 器に入れたチャーシュー、メンマを電子レンジで15~20秒温めてから鍋で温め、沸騰の一歩前で停める
  • 温めたつけダレを器に注ぎ、ねぎ、ナルトを入れる
  • お好みで、酢、一味、胡椒で加える
    (お店では、酢は小さじ1、胡椒はひと摘まみ、一味はふた摘まみ)
  • 【割りスープ】
  • 鍋で温めておき、残ったつけダレに割る
    量はつけダレの2倍くらい


お持ちけりは出来れば前日までに、5食以下なら当日2時間前でも可

電話 0428-21-3731

受付時間
 平日 9:00~21:00
 土日祝 9:00~17:00

定休日 月曜、第一火曜

つやつやとした中太麺は小麦の香りが心地よく、そのままでも食べられるほど。

ツルツルとして、しなやかで滑らかな麺。

自家製麺らしい特徴がよく出ている。

麺の量が260gとのことだが、スルスルと食べ進めるので少なく感じるほど。



つけ汁は、細めにカットされた肉と、メンマ、細切りのナルト、ネギと具だくさん。

一味唐辛子、胡椒でややピリ辛で、適度な酸味。

クッキリとした醤油に、チャーシューの肉が旨味が良く合う。



スープ割りで、和風魚系の風味が広がる。



お店と遜色のない味わい。



つけ汁

つけ汁の具


細切りチャーシュー
メンマ
ナルト
ネギ


スープ割り

和風魚系の旨味が広がる。


お持ち帰りの案内

  • 二人前から
  • 電話注文
  • 当日注文可だが、希望の時間に用意できないことがある
    できれば前日注文
  • 賞味期間は冷凍保存で2日

お持ち帰りに入っているカード
(表面)


テイクアウトの注文方法など


お持ち帰りに入っているカード
(裏面)


テイクアウトのメニュー







 
(以下、過去の画像)
【お店の外観】

(開店当時)
シンプルながら美味しそうな店構え。店内も同様。
【つけそば】

光沢のある太麺は密度が濃くどっしりとしている。
普通で260gと量がたっぷり。

具だくさんのつけ汁が特徴的。

戻る このお店のレポートへ

レポートの一覧に戻る