鴨中華そば 楓(かえで)


▲TOPに戻る

八王子市明神町3-24-12
地図
電話番号不明


11:30〜14:30、17:30~21:30
緊急事態宣言時は20:00まで
火曜休

カウンタ 6席、テーブル 4席×4
自販機による食券制

P なし、至近にコインPあり


2021/7/21 オープン
らーめん楓のセカンドブランド
店長は瀧谷慶二郎氏

Twitter

外観撮影 2021/7/21



2021/ 9 ラーメンWalker 東京 2022
 ウワサの新店43 「人気店の新ブランド」
 「特製紀州鴨中華そば」

[2021/9/29]
  • 紀州鴨中華そばの麺は、ストレート麺/手もみ麺 どちらかを選択する  麺かため指定は不可
  • 特製中華そばは、白醤油あじ玉・鴨のつみれが追加、鴨ロース・鴨モモ 各1枚増量
  • 特製つけめんは、白醤油あじ玉・鴨のつみれが追加、鴨ロース(炭火吊るし焼き・燻製)・鴨モモ 各1枚増量

【中華そば】
紀州鴨中華そば 手揉み麺 [2021/7/28] 950、特製 紀州鴨中華そば ストレート麺 [2021/7/21] 1250
紀州鴨蛤塩そば 950、特製紀州鴨蛤塩そば [2021/9/29] 1250

【つけめん】   (200g/300g/400g 同料金)
紀州鴨白湯つけめん 1200、特製 紀州鴨白湯つけめん [2021/8/25] 1500

鴨ネギ和え玉 200、鴨山椒和え玉 200

あじ玉 [2021/7/21] 100、メンマ 6本 150、丸太ネギ 2本 120、鴨ロース 2枚 240

ごはん 150・ごはんハーフ 100、鴨スープ炊き込みごはん 200・ハーフ 150 [2021/7/21]
紀州鴨チャーシュー丼 450、紀州鴨キーマ丼 500

(以下、一部提供予定を含む)
エビスビール 中ビン 650、平和クラフトビール 750
自家製レモンサワー 550、ハイボール 450
平和酒造 紀土 1合 800、丹山酒造 1合 900
自家製ジンジャエール 350、ウーロン茶・炭酸水・オレンジジュース 200


【卓上の蘊蓄より(要約)】   [2021/7/21]

 《自家製麺》
  • 二種類からお選びください
  • 小麦本来の風味を味わっていただくために「かため」 のご注文をお断りさせていただきます
“ストレート麺”
「春よ恋 生一本」「はるきらり」「もち姫」をブレンドしたツルッと喉越しの良いもちもちの細麺です。
食物繊維が豊富で腸の働きを助けてくれます。
“手もみ麺”
「春よ恋 生一本」「チクゴイズミ」「ライ麦」をブレンドした、香り高い太麺を提供直前に手もみします。
ビタミンB群や食物繊維、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

 《水》
飲用水、スープ、麺にいたるまで、ラーメン店で初となるナノバブル水素水を使用しています。
ナノバブル水素水は、口あたりが良く、高い抗酸化力を備えています。浸透力が高く、身体の深層まで水素と酸素を届けます。

 《紀州鴨(ロース・モモ)》
紀州和歌山の太田養鶏場でのびのびと丁寧に育てられた紀州鴨のみを使用しています。丸鶏のまま直送され、店内の“源工房”で捌いた新鮮な鴨肉です。

 《スープ》
紀州鴨と真昆布、国産野菜のみで長時間かけてじっくりと炊きあげた滋味深い鴨スープです。鴨脂と合わせるこ とで旨味が膨らみます。

 《かえし》
醤油発祥の地といわれる、和歌山県湯浅の金山寺たまり醤油 九曜むらさきと、岡直三郎商店の日本一しょうゆ濃口、再仕込、たまりをブレンドした香り高く奥深い味わいのかえしです。



【 メ モ 】
公式Twitter情報など
2021/ 7/21 オープン
[提供開始] 紀州鴨中華そば 950
[営業時間] 11:30~スープ切れまで
2021/ 7/28 夜営業 開始
[提供開始] 紀州鴨キーマ丼 500
[営業時間] 11:30〜14:30、17:30~20:00
2021/ 8/12 [提供開始] 鴨山椒和え玉 200、紀州鴨チャーシュー丼 450、
鴨ロース 240、丸太ネギ 120
2021/ 8/18 ~8/23 夏期休業
2021/ 8/25 [提供開始] 鴨白湯つけめん 1200
紀州鴨を美味しく食べるためのつけめん
2021/ 9/29 [提供開始] 紀州鴨蛤塩そば 950、特製紀州鴨蛤塩そば 1250





卓上の調味料など

開店祝いのお花
[2021/7/21]


らぁめん山と樹@高円寺
ほっこり中華そば もつけ@八王子
麺や睡蓮@八王子
麺処いし川@秋川
ミリー洋菓子店@日野
多田製粉@八王子
など


卓上の蘊蓄
[2021/7/21]


カウンター席
[2021/7/21]


卓上のトレイには箸・レンゲ・紙おしぼりがセット

着席すると、ナノバブル水素水のボトル、グラスが出される


卓上の調味料
[2021/7/21]


原了郭@京都の
黒七味
粉山椒





 
紀州鴨中華そば

【紀州鴨中華そば・手揉み麺】
[2021/7/28]
¥950


(同じ印象はコピペ)
鴨のダシがしっかりのスープに、香りの良い鴨油が浮いている。

芳醇でまろやかな醤油が鴨と良く合っており、かなり好みの味わい。
ローストの香ばしさも加わって、かなり美味しい。

卓上の黒七味が味変にピッタリ。



手揉み麺は太麺で、手揉みを加えた縮れで、やや短め。
硬すぎずに、モッチリとした食感で、スープとガッチリ組み合うような一体感がある。
小麦の香りがある。
(自家製麺)



チャーシューのかわりに鴨ロースと鴨モモ肉。
炭火つるし焼き豚釜(ブン・ワークス@静岡・藤枝市)で仕上げている。
ローストした香ばしさと、鴨らしい歯応えと旨味がある。

太いネギ(丸太ネギ)は表面を炙ってあり香ばしい。

薬味は三つ葉。

その他の薬味は別皿
長ネギの白い部分の小口切りと、スダチ。

鴨ロース、鴨モモ

ネギ・スダチは別皿

ネギ・黒七味を入れて、味変




 
紀州鴨中華そば

【特製 紀州鴨中華そば・ストレート麺+鴨スープ炊き込みハーフごはん】
[2021/7/21]
¥1250+¥150



鴨のダシがしっかりのスープに、香りの良い鴨油が浮いている。

芳醇でまろやかな醤油が鴨と良く合っており、かなり好みの味わい。
ローストの香ばしさも加わって、かなり美味しい。

卓上の黒七味が味変にピッタリ。



麺は細麺ストレートでやや短め。
やや柔らかめで、しなやかなコシがあり、スープとの一体感がある。
小麦の香りがある。
(自家製麺)



チャーシューのかわりに鴨ロースと鴨モモ肉。
炭火つるし焼き豚釜(ブン・ワークス@静岡・藤枝市)で仕上げている。
ローストした香ばしさと、鴨らしい歯応えと旨味がある。

鴨のつみれも鴨風味。

味玉は黄身がトロトロで、白身は表面のみが色づいている。
玉子そのものが美味しい。

太いネギ(丸太ネギ)は表面を炙ってあり香ばしい。

薬味は三つ葉。

その他の薬味は別皿
長ネギの白い部分の小口切りと、スダチ。



試食会に比べて、数段美味しくなっていた。




鴨ロース肉

鴨モモ肉

鴨のつみれ

味玉

残ったスープに、ネギ・黒七味を入れて、味変

【鴨スープ炊き込みハーフごはん】


鴨スープで炊き上げていたご飯に、鴨肉・三つ葉をトッピングしてある。


そのままでも美味しいが、味付けが濃くないので、スープを入れても美味しい。





 
紀州鴨蛤塩そば

【特製 紀州鴨蛤塩そば】
[2021/9/29]
¥1250

公式Twitter情報
力強い紀州鴨スープに繊細な地蛤のダシを合わせています。
鴨脂に地蛤、ネギ、唐辛子で作った鴨蛤オイルで風味が変化していきます。
蛤が鴨を追いかていく鴨蛤塩そばをぜひご賞味くださいませ。



紀州鴨に地蛤を合わせたダシがしっかりの贅沢スープに、鴨脂由来の鴨蛤オイルで、味に深みが増していく。

まろやかな塩味で、濃くない味付け。



麺は中細ストレートの多加水タイプ。
適度な硬さの茹で上げで、ツルツルとした表面で、モチッとしたしなやかなコシがあり、スープとの一体感がある。
小麦の香りがある。
(自家製麺)



チャーシューは鴨モモ肉、炭火吊るし焼きの鴨ロース、燻製鴨ロース。
それぞれ、鴨らしい歯応えと旨味がある。

鴨のつみれも鴨風味。

味玉は黄身がトロトロで、白身は表面のみが色づいている。
玉子そのものが美味しい。

薬味は、ベビーリーフ、刻み玉ねぎ(赤玉ねぎ)、紫キャベツ?のスプラウト、スダチ。

(左から)


鴨モモ肉

炭火吊るし焼きの鴨ロース

燻製鴨ロース


鴨のつみれ

味玉

穂先メンマ




 
紀州鴨白湯つけめん

【特製 紀州鴨白湯つけめん・200g】
[2021/8/25]
¥1500


麺の量 200g/300g/400gは同料金で、200gとした。

麺は太めの平打ちで長め。
ライ麦も使用しているので、褐色を帯びている。
水で締めてあるので、しっかりとしたコシがあり、硬すぎない食感でしなやかさもある。
塩で食べると,小麦の風味と自然な甘味がある。
(自家製麺)



つけ汁は鴨白湯。
鴨のダシが煮出されたとろみのある白湯で、鴨脂、バルサミコソースを合わせた奥行きのある味わい。
つけ汁らしく、強めの塩味。



鴨肉は別皿。
アーリーレッドスライスに炭火幽庵焼きのモモ肉、ベビーリーフに炭火吊るし焼きのロース、九条ネギに燻製鴨ロース。

炭火幽庵焼きのモモ肉はしっかりとした味付けで、炭火焼きの香ばしさが特徴的。
炭火吊るし焼きのロースは、ローストした香ばしさと、鴨らしい歯応えと旨味がある。
燻製鴨ロースは、しっかりとした薫香。
自家製はちみつミントのソースの甘味が鴨肉に良く合う。



つけ汁に入っている鴨肉の肉だんごはしっかり鴨風味。

味玉は別添え。
黄身がトロっとした半熟で、白身は表面のみが色づいている。
玉子そのものが美味しい。

薬味は別皿
粟国の塩
神山すだち
三つ葉



かなり手の込んだつけ麺。
提供にやや時間がかかることがあるだろうが、この味ならば、大いに許せる。

太い平打ち麺

つけ汁



つけ汁に入っている鴨のつみれ

鴨肉三種

(手前) 炭火吊るし焼きのロース

(奥) 燻製鴨ロース

炭火幽庵焼きのモモ肉

自家製はちみつミントのソース

白醤油あじ玉

粟国の塩

三つ葉

神山すだち


スープ割用の鴨白湯スープ

「つけめんのお召し上がり方」


つけめんのお奨めの召し上がり方
  • ① まずは麺に粟国の塩をつけてそのままお召し上がりください。ライ麦配合の自家製麺です。
  • ② スープに麺をつけてお召し上がりください。大量の紀州鴨を強火で炊いて、乳化させた純度100%の白湯スープにかえし、鴨脂、バルサミコソースを合わせています。
  • ③ 別皿、アーリーレッドスライスに炭火幽庵焼きのモモ肉、ベビーリーフに炭火吊るし焼きのロース、九条ネギに燻製鴨ロース2枚です。自家製はちみつミントのソースを添えています。
    トッピング類はそのままでも、つけ汁につけても美味しく召し上がっていただけると思います。
  • ④ 麺が半分以下になりましたら、神山すだちの皮を下面にしてつけ汁に絞ってお召し上がりいただくと、スープの味が引き締まり、柑橘がほどよく香ります。
  • ⑤ 頃合いを見て、割用の鴨白湯スープをお出しします。そのまま飲んでもおいしい鴨ダシですが、つけ汁に合わせてお召し上がりいただくと「ほっと」一息、紀州鴨を最後まで感じていただけます。紀州鴨の余韻をお愉しみください。
* あくまでお召し上がり方は自由ですので、参考程度にお客様の必要に応じてご利用くださいませ。

* 特製の場合、通常のお皿に鴨モモ肉、鴨ロース1枚ずつと白醤油あじ玉、スープの中に鴨のつみれが増量になります。




戻る レポートの一覧に戻る