中華そば専門 とんちぼ


埼玉県日高市栗坪26-46
[地図]
090-6304-1018

11:30〜14:30(当面)
月曜休

カウンタ 8席、テーブル 4席×2
自販機による食券制

P 15台
最寄り駅は 西武池袋線 高麗駅


2017年9月29日、鶴ヶ島駅前から移転・オープン。
店主は丸岡匡太郎氏、「多賀野」などの経験を持つ。
移転を機に自家製麺になった。
外観撮影 2017/10/31

facebook] [twitter

[2017/10/3]     アンダーラインのあるメニューは、直接ジャンプできます

中華そば 720、特製中華そば 1070、煮玉子そば 820、チャーシュー麺 970
つけそば 800、特製つけそば 1150、煮玉子つけそば 900、チャーシューつけそば 1050 (つけそばの麺の量は 200g/300gを選択)

(トッピング)
煮玉子・メンマ・のり 100、チャーシュー 250、特製 350

大盛 100円

ごはん 130、豚ばらナンコツごはん 300

おつまみメンマ 220、おつまみチャーシュー 350

びんビール 520、プレミアム日本酒 500
ノンアルコールビール 300

【蘊蓄(Facebook情報要約)】

自家製麺について

中華そばの細麺
北海道産の「春よ恋」をメインに、昔ながらの手法で新鮮な生卵を練り込んだ卵麺。
卵本来の素材感や旨味を活かすために、粉末卵ではなく全卵をそのまま練り込む。

つけそばの太麺
上記の「春よ恋」にうどん用の国産小麦数種類使用。
よしかわさんや元気屋さんでお馴染みの坂戸産「ハナマンテン」の全粒粉をブレンド。

 




その他

のれん
[2017/10/3]


ロゴデザインは青木健氏



(花輪)
似星@中村橋、スープカレー専門店プラスワン@本川越、よしかわ@北上尾・川越、四つ葉@川島町、はつがい商店@鶴ヶ島・瑞山@朝霞(連名)

案内の看板
[2017/10/3]


店名の由来は、佐渡に伝わる不思議な霊力をもった「頓知房」(たぬき・むじな)

美味しいラーメンでお客様を驚かせたいという想いから

大きな自立広告塔
[2017/10/3]

店頭の看板
[2017/10/31]


cocotto 2017/11月号に掲載


特製中華そば/つけそばとは?
煮玉子入り、メンマ増し、のり3枚、チャーシュー3枚のトッピング全部載せ


プレミアム日本酒 \500
この日は花陽浴@埼玉羽生市

卓上の薬味
[2017/10/3]


ブラックペッパー
一味唐辛子

ラー油

魚粉




 
中華そば

【煮玉子そば】
[2017/10/3]
¥820


やや濁ったスープは、煮干しが強めに効いている。

直前に仕込む「追い煮干し」の軽快感が効果的に表れており、化学調味料未使用にありがちな単調さはない。

表面の油は透明で分量は適度。背脂?も多少浮いている。

温度が高い。

味付けは、やや塩気が強めの醤油味で、後半はシャープさが増してくる。


麺は中細で軽くウェーブがかかっている。適度な硬さのある茹で上げ。
張りがあり、プリッとした歯切れ感がある。
スープとの相性が良い。
(自家製麺)


チャーシューは大きな肩ロースとモモとの二種で厚めのカット。
煮込み過ぎず、肉の風味が残っている。

煮玉子は、黄身がトロトロの半熟で、黄身が全体的に色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは柔らかい。

その他の具は、海苔、ナルト。

薬味は長ネギの小口切り。

チャーシュー

煮玉子

メンマ




 
つけそば

【煮玉子つけそば】
[2017/10/31]
¥900


麺は200g/300gを選択でき、200gで。

自家製の太麺は褐色を帯び、形状記憶状の強いヨリが入っている。

北海道産「春よ恋」にうどん用の国産小麦数種類を使用し、坂戸産「ハナマンテン」の全粒粉をブレンドしているとのことで、褐色を帯びているのは、「ハナマンテン」の全粒粉の色と思われる。

冷水で締めてあり、モチッとした食感と押し返すようなコシがあり、小麦の風味が高い。

つけ麺の麺としてはかなりレベルが高く、自家製麺の良さが前面に出ている。



つけ汁はやや粘性があるが、表面の油はほぼ皆無でサラリとしたタイプ。

中華そばと同様に、直前に追い煮干しの一手間をかけているので、フレッシュかつ濃厚な煮干しの風味がカツンと来る。

味付けはつけ汁らしい塩味の強さがあり、シャープな塩味が特徴的。



つけ汁は熱々で、中に大判のチャーシューと、細切れのチャーシュー、細切りのメンマ、煮玉子が入っている。

チャーシューは大きな肩ロースで、柔らかく肉の風味が美味しい。

メンマは細切りでコリコリとした食感。

煮玉子は白身全体がうっすらと色づき、黄身は中心部がトロトロの半熟。しっかりとした味付け。

薬味は長ネギの白い部分の、縦半分の厚めの小口切り。



スープ割りは熱々のスープがたっぷりと注がれ、また違った味わいが楽しめる。

つけ汁

スープ割り

煮玉子





(以下、以前の画像)

その他

お店の外観

[2017/10/3]




戻る レポートの一覧に戻る