中華そば うお青(うおせい)


日野市石田2-9-1 アイビル101 [地図
042-849-4496


11:00~スープ切れ終了
定休日:月曜、第1・3日曜
(営業時間等の最新情報はTwitterで発信)


カウンタ 7席、テーブル 4席×2
(⇒テーブル席はなくなり待ち席になりました)
自販機による食券制


P 2台(後述)、近隣にコインPあり
最寄り駅は 多摩モノレール 万願寺駅


【お店の沿革】
2018/11/30 オープン
店主は川久保彰人氏  店名は『鯖』から
洋食などの飲食店関連の仕事を経て独立、ラーメン店の経験はないとのこと
2019/1/08 帰宅中に交通事故に遭い一旦休業
2019/1/19 営業再開
2019/5上 『菅野製麺所 特製』の看板設置
2019/5/11 メニュー・麺リニューアル
・国産小麦低加水 中細角切り22番
・ライ麦粉練り込み麺 細麺24番


Twitter] [Instagram



外観撮影 [2018/12/9]

店頭のA看板 [2018/12/9]
『淡麗魚介中華そば うお青  11月30日 OPEN!』 とある

菅野製麺所の看板 [2019/5/3]









[2019/5/11] メニューリニューアル

上中華 醤油 [2019/5/12] 990、 [2019/5/15] 990
らい麦特製麺使用、具材は入荷状況による
よしると海塩 [2019/5/14] 860
じんわり貝だし
だし鶏白淡 800  ← (先行試食)鶏白淡 [2019/5/3] 800
鶏白湯ではない
鯖とうるめ 醤油 880、 880  ← 鯖とうるめ
数量限定、濃縮鯖うるめだし 醤油 [2019/1/22] 890、 [2019/2/13] 890
淡麗醤油 780  ← 中華そば 醤油・並 [2018/12/12] 790
定番醤油
かけ中華 醤油 560、 560
二杯目から、おかわり専用
 
麺大盛 +120  らい麦麺に変更 +30
 
週替わり小丼 [2019/5/12] 味玉マヨ丼 290、味玉メンマご飯 350、豚肉の田舎煮ご飯 360
ご飯 200、だし茶漬け 350
瓶ビール 580  味玉メンマ 390
   
【限定メニュー】
2019/05/03 (先行試食)鶏白淡 800
2018/12/24 ゆず塩 鶏玉・白 790、焙煎黒胡椒 豚玉・紅 790
2018/12/19 味玉和節ねぎ 890 (数量限定、煮干しと伊豆生鯖の凝縮合わせだし)



(以下、以前のメニュー)
[2019/5/3]

静岡、伊豆産原料で作る淡麗魚介中華そば
《中華そば醤油》静岡産の魚介だし香る魚介醤油
醤油・並 (味玉半分、青菜、海苔 1枚) [2018/12/12] [2019/2/7] 790
醤油・上(味玉1個、青菜、焼豚 4枚、鶏 2枚) 980
《中華そば塩》貝と鶏 伊豆大島の塩 伊東の橙香る 貝だし塩
塩・並 (味玉半分、青菜、海苔 1枚) [2018/12/9] [2019/1/24] 800
塩・上(味玉1個、青菜、焼豚 4枚、鶏 2枚) 990
《中華そば 鯖とうるめ》 (数量限定、2019/1/19から追加)
醤油 [2019/1/22] 890、 [2019/2/13] 890
麺大盛 +120
 
《週替わり小丼》
鶏そぼろのマヨ飯 380、ザク切り肉五目飯 390
ご飯 200
《夜だけのおつまみ》
味玉ねぎメンマ 390、炙りほたるイカ 480、肉三種盛り 490
アサヒスーパードライ 瓶ビール 580


(以前のメニュー)
醤油(標準の中華そば) 680、(標準の中華そば) [2019/3/28] 690、豚メンマご飯 350、味玉ぶた五目飯 390
追加の麺 磯雪そば 390 (夜限定、生玉子で和えてだし醤油で召し上がる二杯目の汁なし麺)
桃色ピンクの豚飯(レアチャーシューのせ) 390、だし茶漬けセット 260、ザク切り肉五目飯 390
生絞り橙ポン酢で食べる豆腐サラダ 460、究極の漁師料理 うずわのたたき 480、宇宙人?小人エイリアンの炙り 490、レアチャーシューのカルパッチョ 580、伊豆の地鶏「炎」の炙り〆鯖 790、伊東漁港発 本日の地魚の刺身 890
生ビール プレミアムモルツ 560、黒ウーロンハイ 390、しぞ~か割り 450、角ハイボール 460、伊豆みかんハイ 480、炙りほたる酒 680、熱燗 チロリ酒 180ml 650・300ml 1080
 




卓上の調味料
[2018/12/9]


卓上に調味料はない

テーブル席はセルフサービス


     ↓


2019/1/19 営業再開以降、テーブルは撤去され、待ち席5席になっている



卓上のメニュー
[2019/5/12]


2019/5/11 メニューリニューアル後

以前の卓上メニュー



上中華 (新メニュー)

よしると海塩 (新メニュー)

だし鶏白淡 (新メニュー)

鯖とうるめ (リニューアル)

淡麗醤油 (中華そば醤油を踏襲)

かけ中華 (≒上中華)





待つ場合があることを了承の上、入店下さい とある

使用している食材(1)
[2018/12/19]


静岡県 伊東産 橙皮

大分県産 干ししいたけ

小笠原諸島 父島 大木さんの海塩

使用している食材(2)
[2018/12/19]


静岡県 焼津産 うずわ節(=宗田節)

新潟産 干しスルメいか

北海道 羅臼産 羅臼オニ昆布


使用している食材(3)
[2018/12/19]


静岡県 焼津産 鯖節

瀬戸内産 中羽いわし

静岡県 焼津産 うるめ節


入り口のある盛り塩
[2018/12/19]



 
駐車場

駐車場の案内
[2019/2/7]


2019/2/2から駐車場2台用意

日野バイパス沿い
夢庵の隣のマンション前にある駐車場の1・2番





 
上中華

【上中華 醤油】
[2019/5/12]
\990


薄めの醤油色をしたスープは、節系などの和風魚系からの風味がしっかりと香る。
(鯖節、うるめ節、宗田節、鰹節、煮干しなどを使用しているとのこと)

バランス重視ながら、印象深い味わいに仕上げてある。

表面には油が浮いているが、しつこさは皆無。

味付けは醤油味で、芳醇な風味がある。やや塩味が強めでクッキリとした味付け。



麺はライ麦全粒粉練り込み細麺ストレートの低加水。
硬めの茹で上げで、パツンと張りがあり、サクッよりもプツンとした歯切れ感がある。
(菅野製麺所)



チャーシューは豚ロースの低温調理と鶏チャーシュー二種。

鶏つくねは鶏の風味が満載。

麩を使用しているのは珍しい。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、青菜。

薬味は使用していない。

鶏つくね



豚チャーシュー

鶏チャーシュー

穂先メンマ




 
上中華

【上中華 塩】
[2019/5/15]
\990


薄めの褐色のスープは、和風魚系の風味が香り、突出したものはなくバランス重視。

表面には油が浮いているが、しつこさは皆無。

味付けは塩味で、やや塩味が強めでクッキリとした味付け。

柚子のほんのりとした柑橘系の香りが漂う。



麺はライ麦全粒粉練り込み細麺ストレートの低加水。
硬めの茹で上げで、パツンと張りがあり、サクッよりもプツンとした歯切れ感がある。
(菅野製麺所)



チャーシューは豚ロースの低温調理と鶏チャーシュー二種。

鶏つくねは鶏の風味が満載。

ムール貝が味変アイテム。

その他の具は、青菜、うずらの玉子。

薬味は使用していない。

チャーシュー

ムール貝

鶏つくね、うずらの玉子




 
よしると海塩

【よしると海塩】
[2019/5/14]
\860


よしる=いしる、いしり、よしり
能登産、いわしの魚醤

琥珀色のスープは、和風魚系と貝のクセのないスープで、穏やかだが、印象深い味わいに仕上げてある。

表面には油が浮いているが、しつこさは皆無。

味付けはほぼ塩味で、スッキリとしたタイプ。
塩味がちょうど良い。

三つ葉など由来の緑色液状調味料が、ちょうど良いアクセントになっている。



麺は国産小麦使用の細麺ストレートの低加水。
硬めの茹で上げで、サクサクとした歯切れ感がある。
(菅野製麺所)



アサリはそのものの味わい。

味玉は半分で、黄身がしっとりとした半熟で、白身はほとんど色づいていない。優しい味わい。

メンマは穂先メンマ。

葉物野菜は日野産中心で、日により異なる。この日はわさび菜。

薬味は、糸唐辛子の予定だったようだ。

アサリ

味玉

三つ葉・大葉など由来の調味料

穂先メンマ




 
よしると海塩



 
中華そば醤油 ← 魚介醤油

【醤油・並】
[2018/12/12]
\790


薄めの醤油色をしたスープは、煮干し・節系の和風魚系などからの、優しい風味が香る。

味付けは醤油味で、やや塩味が濃いか。



麺は細麺ストレートの低加水。
パツンと張りがあり、サクッとした歯切れ感がある。
(製麺所は非公開)



チャーシューは豚肩ロースの低温調理が2枚。

味玉は半分。
黄身がトロリとした半熟で、白身はほとんど色づいていない。
薄めの味付け。

メンマは極太で柔らかい。

その他の具は、海苔、青菜。

薬味は青ネギの笹切り。

レアチャーシュー

味玉

メンマ




 
中華そば 鯖とうるめ

【中華そば 鯖とうるめ(醤油)】
[2019/1/22]
\890


透明感のある醤油清湯スープは、和風魚系が中心のクセのないクッキリとした風味が満載。

トッピングされた魚粉でさらに輪郭がハッキリした味わいになる。

しつこさはなく印象深いダシの取り方が凄いと思う。

甘味のある醤油味で、味の濃さがちょうど良い。



麺は細麺ストレートの低加水。
パツンと張りがあり、サクッとした歯切れ感がある。
(製麺所は非公開)



チャーシューは豚ロース?の低温調理が数枚。
肉の旨味がある。

味玉は黄身がトロトロの半熟で、白身はほとんど色づいていない。
薄めの味付け。

メンマは極太で柔らかい。

その他の具は、海苔。

薬味は、青ネギの白・青い部分。



レアチャーシュー

味玉

メンマ




 
中華そば 鯖とうるめ

【中華そば 鯖とうるめ(塩)】
[2019/2/13]
\890


(以前と同じ印象はコピペ)
透明感のある清湯スープは、和風魚系が中心のクセのないクッキリとした風味が満載。

トッピングされた魚粉でさらに輪郭がハッキリした味わいになる。

しつこさはなく印象深いダシの取り方が凄いと思う。

クッキリとした塩味で、味の濃さがちょうど良い。

橙の粒々が入ってほんのり香る程度。強すぎないのが良い。



麺は細麺ストレートの低加水。
パツンと張りがあり、サクッとした歯切れ感がある。
(製麺所は非公開)



チャーシューは豚ロース?の低温調理が数枚。
肉の旨味がある。

味玉は黄身がトロトロの半熟で、白身はほとんど色づいていない。
薄めの味付け。

メンマは極太で柔らかい。

その他の具は、海苔。

薬味は、青ネギの白・青い部分。

魚粉

レアチャーシュー

味玉

橙の粒々

メンマ




 
鶏白淡

【(先行試食)鶏白淡】
[2019/5/3]
\800


5/10頃から提供開始予定のメニューの先行試食。



鶏100%だそうだが、あえて強くなりすぎないように仕上げてあり、しつこくなくまろやかで印象深い味わい。

なので、「白湯」ではなく「白淡」というネーミングとのこと。

臭みなどは一切なく、鶏の風味がたっぷり。

若干香る和風テイストは、能登産いしり(魚醤)と、トッピングの魚粉からのようだ。

クッキリとした塩味で、味の濃さがちょうど良い。

柚子の粒々はほんのり香る程度。強すぎないのが良い。

梅干しがちょうど良い箸休めになる。

グルメミル(四川赤山椒入り)の痺れ感も面白い。



麺は低加水の細麺ストレートだが、以前と異なり、国産小麦使用に変更。
パツンと張りがあり、サクサクした歯切れ感がある。
(菅野製麺所)



チャーシューは豚・鶏の二種。
豚は低温調理で肉の旨味がある。鶏はしっとりとしている。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、梅干し、大葉。

薬味は、刻み玉ねぎ、糸唐辛子。






梅干し、大葉

穂先メンマ

GABAN グルメミル(四川赤山椒入り)

四川赤山椒は、花椒のこと



戻る レポートの一覧に戻る