元祖一条流がんこ 総本家分店


相模原市緑区向原4-2-3 コピオ相模原インター [地図]

11:00〜15:00、18:00〜22:00(21:45 L.O.)
月曜・第3火曜・スープ不出来の日休み(月曜が祝日は翌日火曜休み)

カウンタ 10席+3席
自販機による食券制
連食する場合は並び直す→[2017/5/2]張り紙がなくなり開店初日だけだったようだ

P 多数
最寄り駅は JR相模線・横浜線、京王相模原線 橋本駅

2017/5/1開店、店主は一条修氏
2013/10までは相模原市宮下本町で営業していた(画像)
Twitter

[2017/6/8]     アンダーラインのあるメニューは、直接ジャンプできます

(ラーメンはがんこ味/マイルド味を選択する)

正油(バラ・モモ・鶏) 800
塩(バラ・モモ・鶏) 800
塩の青唐辛痛麺(バラ・モモ・) 900
天城黒豚の背脂正油 900

ラーメン 中盛 +100・大盛 +200

塩のつけめん 1.5玉 900・2玉 1000・2.5玉 1100・3玉 1200
油そば(味玉・飲むスープ付) 正油・塩 1.5玉 900・2玉 1000 (夜限定)


【限定メニュー】


味玉・国産にんにくクラッシュ 100、メンマ(ラーメン用)・ワンタン 5ヶ・鶏バクダン 200
バラチャーシュー(ラーメン用 1枚)・モモチャーシュー(ラーメン用 1枚)・鶏チャーシュー(ラーメン用 3枚) 200

半ライス 100・ライス 200

ビール 中ビン 500、ノンアルコールビール 350、黒ウーロン茶 200

生めん 5玉 500
Tシャツ 3780


(以前のメニュー)
[2017/5/1]
正油(バラ・モモ・肩ロース・鶏ムネ・鶏モモ) 800
塩(バラ・モモ・肩ロース・鶏ムネ・鶏モモ) 800
塩の青唐辛痛(バラ・モモ・肩ロース・鶏ムネ・鶏モモ) 900
素らーめん 正油・塩 400、ネギのせ 正油・塩 450、肉なし 正油・塩 500
天城黒豚の背脂正油 900
淡麗煮干 正油・塩 800
中華そば 正油 700
和風正油つけめん 1.5玉 900・2玉 1000・2.5玉 1100・3玉 1200
バラチャーシュー・モモチャーシュー・肩ロースチャーシュー・鶏ムネチャーシュー・鶏モモチャーシュー 1枚 200
 

【蘊蓄(要約)】

スープ
・吉備黄金鶏
・天城黒豚
・季節ごとに産地厳選の3種の鰯煮干し
・国産にんにく
・国産生姜
を使用し、スペースシャトルにも積み込み逆浸透式の浄水装置で濾過した超純水で独自の頂点対流方式で煮出した唯一無二のスープ

代名詞である、しょっぱい「がんこ味」、がんこ味よりも優しい「マイルド味」、お好みでお楽しみ下さい

(twitter情報)
チャーシューは、相模原香福豚、大山鶏を使用
 

入り口の立て看板

入り口近くにある案内

スープの蘊蓄

[2017/8/3]


味の濃さ(しょっぱさ)の説明

開店当初はなかった

卓上の薬味
[2017/5/1]


ブラックペッパー
ホワイトペーパー
テーブルコショー
七味唐辛子




 
正油

【正油(バラ)・マイルド味】
[2017/5/1]
\800


透明な褐色のスープは、鶏・煮干し・生姜に醤油が加わった、がんこらしい風味がある。

マイルド味は、塩分だけでなくそのがんこ風味も控えめになるようなので、個人的にはがんこ味が良かったかもしれない。

表面には多めの油が浮くが、しつこさはない。

味付けは醤油ベースで、塩味は控えめ。



麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えがある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)



チャーシューは大判のバラ肉で、薄めのカット。ホロホロに柔らかく、適度な味付け。脂身が美味しい。

味玉は、黄身がシャバシャバ状、白身は表面近くが色づいている。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の小口切り。



次回はがんこ味にしたい。

チャーシュー

味玉

穂先メンマ




 
正油

【正油(肩ロース)・がんこ味】
[2017/5/2]
\800


(前回と同じ部分はコピペ)
透明な褐色のスープは、鶏・煮干し・生姜に醤油が加わった、がんこらしい風味がある。

がんこ味は、塩分が濃くなるとともに、がんこらしい風味もはっきりするので、個人的にはこちらがオススメ。

表面には多めの油が浮くが、しつこさはない。

味付けは醤油ベースで、塩味は濃いめ。



麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えがある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)



チャーシューは大判の肩ロース肉で、薄めのカット。柔らかく、適度な味付け。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の小口切り。

チャーシュー

穂先メンマ






 

【塩(バラ)・がんこ味】
[2017/5/5]
\800


(前回と同じ部分はコピペ)
無色透明に近くやや褐色を帯びたスープは、表面に黄色い油が浮かんでいる。

鶏・煮干し・生姜などのダシの風味にがんこらしさがある。

がんこ味は、塩分が濃くなるとともに、がんこらしい風味もはっきりするので、個人的にはこちらがオススメ。

味付けは塩ベースでシャープさがあるのがんこらしい味わい。
塩味は濃いめ。



麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えがある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)



チャーシューは大判のバラ肉で、薄めのカット。ホロホロに柔らかく、適度な味付け。脂身が美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと青ネギの小口切り。

チャーシュー

穂先メンマ




 
天城黒豚の背脂正油

【天城黒豚の背脂正油・がんこ味】
[2017/5/11]
\900


(前回と同じ部分はコピペ)
正油に背脂をトッピングした、いわゆるがんこのコッテリ。

透明な褐色のスープは、鶏・煮干し・生姜に醤油が加わった、がんこらしい風味がある。

表面には細かい背脂が多めに浮いて、その風味と甘みがスープに加わることにより、味わいに深みが出ている。

味付けは醤油ベースで、塩味はがんこらしい濃いめ。



麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えがある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)



チャーシューは大判のバラ肉で、薄めのカット。ホロホロに柔らかく、適度な味付け。脂身が美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の笹切り。

背脂




 
油そば

【油そば 正油】
[2017/5/19]
\900


麺の丼のほかに口直しのスープが付いてくる。

麺の丼の底にタレがあるので、よく混ぜてから食べる。

タレは醤油ダレに油だろうか、麺の量に対してタレが少なめのため味付けは薄めになっており、食べ進みやすい。

麺は茹で上げたままで温かい。デフォで1.5玉。
ラーメンと同じく黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えがある。
(製麺所は不明)

卓上のブラックペッパーが良いアクセントになる。



麺の上に具がトッピングされている。

角切りチャーシューは、バラで脂身が多めで柔らかい。

味玉は黄身が5割ほどトロトロの半熟で、白身は表面から半分ほど色づいている。濃すぎない味付け。

その他の具は、刻み海苔。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと青ネギの小口切り。



口直しのスープは醤油ベースで、独特の風味があるのでたぶん「正油」と同じものと思われる。
表面の油は皆無でスッキリとして、まさしく口直しになる。

 

味玉

口直しのスープ





 
塩の青唐辛痛

【塩の青唐辛痛・鶏・がんこ味・5辛】
[2017/6/8]
\900


辛さは1〜10を指定できるので、中間の5辛で。個人的にはスープの美味しさが分かるギリギリの辛さだった。

(前回と同じ部分はコピペ)
無色透明に近くやや褐色を帯びたスープは、表面に黄色い油が浮かんでいる。

鶏・煮干し・生姜などのダシの風味にがんこらしさがある。

がんこ味は、塩分が濃くなるとともに、がんこらしい風味もはっきりするので、個人的にはこちらがオススメ。

味付けは塩ベースでシャープさがあるのがんこらしい味わい。
塩味は濃いめ。


麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えがある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)


チャーシューは鶏ムネ肉で、薄めのカット。脂はほとんどなくしっとりとして薄めの味付け。肉の味わいが美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと青ネギの小口切り。

 

鶏チャーシュー

穂先メンマ

辛さが足りない場合のために、継ぎ足しの青唐辛子を出してくれる。





 
(限定)塩のひんやり

【(限定)塩のひんやり・がんこ味】
[2017/6/27]
\800


2017/6/27から、昼10食・夜10食提供の限定メニュー

透明感のあるスープは、器共々良く冷えている。表面の油は皆無。

煮干し・昆布などの魚介乾物系をメインとして、雑味がなくバランスの良いスープ。

味はがんこ味なので、塩味が強いが、旨味がたっぷりで後半も飽きずに食べ進むことが出来る。


麺はラーメンと同じで、黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
水で冷やしてあるので、硬めで押し返すような食感がある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)


チャーシューは鶏ムネ肉で、薄めのカット。脂はほとんどなくしっとりとして薄めの味付け。肉の味わいが美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと青ネギの小口切り、糸唐辛子。

 

鶏チャーシュー

穂先メンマ






 
(限定)塩の青唐辛痛麺のひんやり

【(限定)塩の青唐辛痛麺のひんやり・がんこ味】
[2017/8/3]
\900


2017/8/3からの限定メニュー

透明感のあるスープは、器共々良く冷えている。表面の油は皆無。

煮干し・昆布を水出ししたという魚介乾物系の雑味がなくスッキリとしたスープ。
そこに見た目では分からないが青唐辛子の刺激的な辛さが加わる。辛さは調整可で、普通にしたが、個人的にはちょうど良い。

味はがんこ味なので、塩味が強いが、旨味がたっぷりで後半も飽きずに食べ進むことが出来る。


麺はラーメンと同じで、黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
水で冷やしてあるので、硬めで押し返すような食感がある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)


チャーシューは鶏ムネ肉で、薄めのカット。脂はほとんどなくしっとりとして薄めの味付け。肉の味わいが美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと青ネギの小口切り、糸唐辛子。

 

鶏チャーシュー

穂先メンマ






 
(限定)分店冷やし中華

【(限定)分店冷やし中華】
[2017/8/20]
\800


2017夏の限定メニュー

丼は良く冷えている。
見た目は一般的な冷し中華で、味つけもそれほど逸脱したものではなく、酸味のある醤油ダレで食べるもの。

醤油ダレは酸味がキツくなく、甘さも控えめで、スッキリとしていてベタつき感がないのが特徴。


麺はラーメンと同じで、黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
水で冷やしてあるので、硬めで押し返すような食感がある。
(製麺所は不明)


鶏チャーシューは短冊状にカットしてあり、脂はほとんどなくしっとりとして薄めの味付け。肉の味が良くわかる。

錦糸玉子は幅広のカットで、量がたっぷり。

トマトは甘みが強い。

キュウリは細切り。

 

味変アイテムとして出される


ラー油

告知のPOP






 
(限定)豚骨

【(限定)豚骨】
[2017/8/20]
\800


2017/8/20の限定メニュー

Twitterでの前日の告知は、
『明日、豚骨スープやります!限定50杯。夜まで在ると思います。¥800限定ボタン@で豚骨とお伝えください!麺はいつもの麺です』
とあり、正式なメニュー名はよくわからない。


スープはきれいに白濁していて、わざとらしくない透明感がある。表面には少なめの脂が浮いている。

たぶん豚骨100%のスープ。
臭みは皆無で、豚骨の旨味だけが染み出ている印象。

味の指定はなし。
一般的な塩味で、マイルド味よりは濃い程度。
スープの旨味がたっぷりなので後半も飽きずに食べ進むことが出来る。


麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えと、サクッとした歯切れ感もある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)


チャーシューは豚バラ肉で薄めのカット。ジューシーで薄めの味付け。肉の味わいが美味しい。

メンマは穂先メンマ。

薬味は長ネギの白い部分の笹切りと青ネギの小口切り。


 

豚バラチャーシュー

穂先メンマ






 
(限定)悪魔

【(限定)悪魔】
[2017/9/18]
\800

2017/9/18の限定メニュー

Twitterでの告知は、
『悪魔=しょっぱくて不味いラーメン
天使=薄味で旨味の無い不味いラーメン
不味いラーメンをお金を払って食べるド変態な方だけどうぞ。文句を言う人お断り(笑)』


透明感があり、濃い醤油色のスープは、ダシの風味よりも醤油の香りがあり、醤油味はかなり濃い。
表面に油は浮いていない。
後半は更に醤油味を濃く感じる。


麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えと、サクッとした歯切れ感もある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)


チャーシューは豚バラ肉のいわゆる悪魔肉。
醤油などで煮込んだ、かなり濃いめの味付け。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、ホウレン草。

薬味は長ネギの白い部分の笹切り。

一般的なラーメンに比べると信じられないぐらいしょっぱいが、がんこらしい一杯。

豚バラチャーシュー

穂先メンマ






 
(限定)天使

【(限定)天使】
[2017/9/18]
\800

2017/9/18の限定メニュー

Twitterでの告知は、
『悪魔=しょっぱくて不味いラーメン
天使=薄味で旨味の無い不味いラーメン
不味いラーメンをお金を払って食べるド変態な方だけどうぞ。文句を言う人お断り(笑)』


スープは透明に近い。表面には黄色っぽい油が浮いている。

スープは鶏ベースで、マイルド味よりやや薄めと思われる。


麺は黄色みを帯びた中細で軽くウェーブがかかったている。
適度な硬さの茹で上げで、モチッとした歯応えと、サクッとした歯切れ感もある。スープとの相性は良い。
(製麺所は不明)


チャーシューは豚肩ロースで薄めの味付け。肉の味わいが美味しい。

メンマは穂先メンマ。

その他の具は、ホウレン草。

薬味は長ネギの白い部分の笹切り。


悪魔に対して、間反対のラーメン。

チャーシュー



戻る レポートの一覧に戻る