くじら食堂 nonowa東小金井店


小金井市梶野町5-1-1
nonowa東小金井 [地図
042-401-2901


11:00〜15:00、17:00〜翌1:00
日・祝 〜24:00
無休


カウンタ 13席、テーブル 6席×1
自販機による食券制


JR中央線 東小金井駅と同じ建物の商業施設、nonowa東小金井にある

駅北口を出て右手
nonowaの内側からは行けない


2013/9/2 至近にある本店オープン
2018/9/21 nonowa東小金井店オープン

店主は下村浩介氏、七彩@都立家政出身
元・本店は、しばらくは使用しないようだ

Twitter

外観撮影 2018/9/25

[2018/9/25]

麺の量を選択する
・ラーメン : 並 150g/大盛 200g/特盛 250g
・つけ麺・油そば : 並 200g/大盛 300g


醤油 750
750
油そば 700、貝出汁スープ付き 800
生姜 850
煮干 800
ブラック 800
つけ麺(醤油) 850
各メニュー +味玉 100、+チャーシュー 250、+特製 230

【限定メニュー】
2018/10/24 貝そば 850、味玉 or 替玉 950


生卵 50、味玉・のり・唐草肉玉(油そばにオススメ) 100、メンマ 150、チャーシュー 250

国産豚ジャンボ焼売 300

肉みそ付きごはん 100、チャーシューユッケごはん 350

瓶ビール(サッポロラガー)・ジョッキビール 550、ウーロンハイ・レモンサワー 400
コーラ・オレンジジュース・強炭酸 レモンパンチ 200
 




その他

卓上の調味料
[2018/9/25]

コショウ
一味唐辛子

醤油

ラー油

魚粉
おろしニンニク

壁のイラスト
[2018/9/25]

数多くのラーメン店のロゴなどを手がける、青木健氏の作。

『くじら食堂』のロゴも同じ。




 
醤油

【醤油(並)】
[2018/9/25]
\750


濃いめの醤油色のスープは、鶏清湯スープに和風魚系がしっかりと効き、食べ進むにつれて深みが増してくる印象。

味付けは生醤油ベースで、芳醇な香りと味がスープのダシ感にちょうど良く、相乗効果で旨さになっている印象。

表面の油は多めだが、しつこさは感じない。


麺は幅広の平打ちで、茹でる直前にも手もみしており、強い縮れがある。
適度な硬さの茹で上げで、ピロピロとした口当たり、ツルツルとした舌触りと、モチッとした歯ごたえがあり、食べていて楽しくなる麺。
(自家製麺)


チャーシューは豚バラと鶏。
豚バラはジューシーでしっかりとした味付け。
鶏は低温調理。柔らかく控えめな味付け。

メンマは細切りで、黒胡椒で和えてあり、スープへの良いアクセントになっている。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。

チャーシューは二種

メンマは細切り




 

【塩(大盛)+味玉】
[2018/11/07]
\750+\100


(同じ印象はコピペあり)
褐色を帯び透明感のあるスープは、特定の食材が強く効いているようなインパクトではなく、動物系・和風系のダシをうまく配置したバランス良さで食べさせるタイプ。

化学調味料未使用なので、しつこさはなくスッキリとした味わいながら、食べ進むにつれてダシの深みが増してくる印象。

味付けは塩ベースで、まろやかさがある。塩味が絶妙な濃さで、ちょうど良い。


麺は幅広の平打ちで、茹でる直前にも手もみしており、強い縮れがある。
適度な硬さの茹で上げで、ピロピロとした口当たり、ツルツルとした舌触りと、モチッとした歯ごたえがあり、食べていて楽しくなる麺。
(自家製麺)


チャーシューは豚バラと鶏。
豚バラはジューシーでしっかりとした味付け。
鶏は低温調理。柔らかく控えめな味付け。

メンマは細切りで、黒胡椒で和えてあり、スープへの良いアクセントになっている。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。

チャーシューは二種

味玉

メンマは細切り




 
煮干

【煮干(大盛)+味玉】
[2018/9/27]
\800+\100


(同じ印象はコピペ)
やや灰色がかった醤油色のスープは、煮干しがしっかりと効いているもののエグ味・苦みは皆無で、煮干しの旨味の部分が強烈に主張してインパクト十分。

味付けは醤油ベースで、芳醇な香りと味がスープのダシ感にちょうど良く、相乗効果で旨さになっている印象。

表面の油は少なめ。


麺は幅広の平打ちで、茹でる直前にも手もみしており、強い縮れがある。
適度な硬さの茹で上げで、ピロピロとした口当たり、ツルツルとした舌触りと、モチッとした歯ごたえがあり、食べていて楽しくなる麺。
(自家製麺)


チャーシューは豚バラと鶏。
豚バラはジューシーでしっかりとした味付け。
鶏は低温調理。柔らかく控えめな味付け。

味玉は最初から半分にカットしてある。
黄身がしっとりとした半熟で、白身は表面に近い部分が濃いめに色づいている。
しっかりとした味付け。

メンマは細切りで、黒胡椒で和えてあり、スープへの良いアクセントになっている。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。

チャーシューは二種

味玉

メンマは細切り




 
煮干

【ブラック(大盛)+味玉】
[2018/10/04]
\800+\100


(同じ印象はコピペ)
突出したダシの風味はなくブラックペッパーが効いている。

味付けは醤油ベースで、見た目ほど濃くなく、甘味と若干のビター感がアクセントになっている。

表面には透明な油が浮いている。


麺は幅広の平打ちで、茹でる直前にも手もみしており、強い縮れがある。
適度な硬さの茹で上げで、ピロピロとした口当たり、ツルツルとした舌触りと、モチッとした歯ごたえがあり、食べていて楽しくなる麺。
(自家製麺)


チャーシューは豚バラと鶏。
豚バラはジューシーでしっかりとした味付け。
鶏は低温調理。柔らかく控えめな味付け。

味玉は最初から半分にカットしてある。
黄身がしっとりとした半熟で、白身は表面に近い部分が濃いめに色づいている。
しっかりとした味付け。

メンマは細切りで、黒胡椒で和えてあり、スープへの良いアクセントになっている。

薬味は、長ネギの白い部分の小口切り。

チャーシューは二種

味玉

メンマは細切り




 
(限定メニュー)

【貝そば】
[2018/10/24]
\850


(同じ印象はコピペ)
貝ダシ由来と思われるやや白っぽい濁りのあるスープは、貝の風味が適度に主張し、突出しすぎることなくバランス重視の奥行きのある味わい。

表面の油は透明で多くない。

味付けは醤油・塩の中間で、塩味はちょうど良い。


麺は極細ストレート麺で、硬めの茹で上げ。
ザクザクした歯切れ感があり、博多ラーメンに近い印象。
小麦の風味が良い。
(自家製麺)


チャーシューは豚バラと鶏。
豚バラはジューシーでしっかりとした味付け。
鶏は低温調理。柔らかく控えめな味付け。

メンマは細切りで、黒胡椒で和えてあり、スープへの良いアクセントになっている。

薬味は長ネギの白い部分の小口切り。

チャーシューは二種

スープ

メンマは細切り





 
焼売

【国産豚ジャンボ焼売】
[2018/9/25]
\300


大ぶりな焼売が2個で、肉がギッシリ詰まっている。

肉の旨味があり、ボリューム満点。




戻る レポートの一覧に戻る