㐂九家(きくや)     (注)店名の「き」は (七が3つ)になっている


青梅市今寺5-18-49 [地図]
0428-32-5680

11:30~14:30
土 11:00~15:00
日曜・月曜・祝日休

カウンタ 6席、テーブル 4席×3
自販機による食券制

P 4台+提携コインP
最寄り駅は JR青梅線 小作駅


2012/3オープン
2016/11 所沢に二号店、『き九八(きくや)~garage~』がオープン

外観は [2013/5/21] のもの
麺は「菅野製麺所」

[Facebook] [Twitter] [ブログ]

[2018/2/28]

【平日メニュー】 (金曜を除く)

 純鶏中華そば(平打麺・塩) 800 ⇒ 純鶏そば醤油/塩](ピロピロ平打ち麺) 800
 昔ながらの生姜中華(中細麺・醤油) 750
 (冷)しらすと生ノリの山葵和え麺(平打麺、ご飯割り付き) 850 ⇒ しらしとワサビの温かいまぜそば(ピロピロ麺、ご飯割り付き) 880
 煮干し中華そば醤油] (中細麺)780
 大盛 +100

 お子様セット 350

 のり 50、味玉・メンマ 100
 Sの和えそば 1玉 200
 ライス 150


【ジャンキーFriday】 金曜の別メニュー

 生姜中華そば(あっさり、ピロピロ麺) 750
 背油舞い散るあっさり煮干中華そば(ピロピロ麺) 800
 生姜どっさり背脂まぜそば(ご飯割付き) 850
 背脂煮干しつけ麺(どぅるん昆布がけ) 850


【ナイスサタデー、ナイスサンデー】 土曜・日曜の別メニュー

 昔ながらの生姜中華そば 750
 蟹と煮干しそば蟹と煮干しそば・醤油 850



【限定メニュー】 (主に土曜・日曜に提供。詳細は Twitter,ブログ で告知)



(以前のメニュー)
昔ながらの中華そば 680・全部のせ中華そば 800
煮干し中華そば 700
お子様ラーメン(ラーメン・おにぎり・ジュース・おかし、じゃんけんで店員に勝ったら半額) 200
生姜汁なし和えそば with 鶏ポタスープ 750・少なめ 680
のり・ねぎ 50、味玉・メンマ 100、チャーシュー 200、和えそば肉増し 150
(味玉は桂ファームさんの新鮮な卵をチャーシューの煮汁で「じんわりと仕上げた一品)
ライス(魚沼産コシヒカリ、一口そうざいと桂ファームさんの生玉子(食べ放題)付き) 150、ミニ豚丼 200
Sの和えそば(汁なし、ネギと煮干しの和えそば) 50g 50,100g 100,150g 150

帰ってきた煮干しそば 700
ピリ辛味噌つけ麺 750(冬期)
55歳以上 味玉半分サービス(自己申告制)
女性限定 ちっちゃなデザート付き
 




卓上の調味料
[2013/5/16]


胡椒
一味唐辛子


  ↓

胡椒
一味唐辛子
(現在、酢は置いていない)


(提供終了しています)

女性限定 ちっちゃなデザート(サービス)

卓上のメニュー
[2013/5/16]

[2013/5/16]

Sの和えそば の説明(裏面)

替え玉ではなく、追加和えそば

[2013/5/16]

入り口近くに置いてある、たぶん使用している素材。


マルサヤの宗田節厚削り・鯖節厚削り

北海道産鬼昆布(ラウスコンブ・エナガオニコンブ)

ヤマト醤油味噌(金沢)のひしお醤油

天外天塩 内モンゴルオアシスソルト(岩塩の地層に湧いた「塩湖」の表面にある結晶を原料に作った精製塩)

[2013/5/16]

広いコインPも利用可能。
(1時間無料)





 
純鶏中華そば

【純鶏中華そば】
[2016/10/11]
\800


透明感のあるスープは、鶏を主軸としたダシの香りがあり、味付けは塩ベースで濃くなく、適度な甘味とまろやかさがある。

表面には透明な脂が適度に浮いている。

スッキリとしたタイプだが、トッピングされた挽肉などから由来する滋味深さがあるため、物足りなさはない。



麺は太めの平打ち縮れで、表面がツルツルとした多加水麺で、モチッとした食感がありつつ歯切れが良い。
(菅野製麺)



薬味は青ネギと三つ葉。

チャーシューは豚肩ロースと鶏。

どちらも落ち着いた味わい。

トッピングされている挽肉

メンマは極太

趣のある丼





 
純鶏そば

【純鶏そば 醤油】
[2018/2/28]
\800


透明感のある醤油スープは鶏を主体として、表面に多めに浮いた鶏油からも鶏の風味が香る。
温度が高いのに風味が抜けずにしっかり主張している。

味付けは醤油ベースで甘味がありまろやか。
適度な塩味。

柚子の爽やかさがアクセントになっている。


麺は太めの平打ち縮れで、表面がツルツルとした多加水麺で、モチッとした食感がありつつ歯切れが良い。
(菅野製麺)


チャーシューは豚肩ロースの低温調理と、鶏。
鶏そぼろの風味もアクセントになっている。

メンマは極太で歯ごたえがある。

薬味は青ネギの白い部分の小口切りと三つ葉。

チャーシューは低温調理の豚肩ロースと鶏。

鶏そぼろもアクセントになっている。

極太メンマ

表面には多めの鶏油が浮いている





 
昔ながらの生姜中華

【昔ながらの生姜中華】
[2016/10/18]
\750



透明な清湯スープは、和風魚系が適度に香り、それに生姜の風味が加わっている。

ダシそのものが強くないので、生姜も主張しすぎないように調整しているようだ。

表面には透明な脂が適度に浮いてアクセントになっている。



麺は中太のストレート麺で、適度な歯ごたえがある茹で加減。モチッとした食感がありつつ歯切れが良く、スープとの相性が良い。
(菅野製麺)



チャーシューは低温調理したもので、ピンク色を帯びている。


メンマはコリコリとした食感。


薬味は白ネギの小口切りと三つ葉。

チャーシューは豚肩ロースの低温調理

肉の本来の味わい

コリコリとした歯ごたえのメンマ





 
煮干し中華そば

【煮干し中華そば(醤油)】
[2016/11/9]
\780



透明な清湯スープは、煮干しを中心とした和風系スープで、煮干しは強めに主張する。

表面には透明な脂が適度に浮いてアクセントになっている。

味付けは醤油ベースながら、塩味との中間ぐらいで、ダシを重視した濃くない味付け。

トッピングの岩海苔がスープに溶け出すと、磯の香りが漂い、また異なった味わいになってくる。



麺は中細のほぼストレート麺で、適度な歯ごたえがある茹で加減。サクサクとした歯切れが心地良く、スープとの相性が良い。
(菅野製麺)



チャーシューは低温調理したもので、ピンク色を帯びている。



薬味は刻み玉ねぎと三つ葉。

チャーシューは豚肩ロースの低温調理

肉の本来の味わい

岩海苔の磯の風味がちょうどよい味変になる





 
煮干し中華そば

【煮干し中華そば(塩)】
[2017/1/12]
\780



(醤油と共通点が多いので、一部コピペしています)

透明な清湯スープは、煮干しを中心とした和風系スープで、煮干しは強めに主張する。

表面には透明な脂が適度に浮いてアクセントになっている。

味付けは塩ベースなので、醤油に比べてダシの風味が良くわかる。



麺は中細のほぼストレート麺で、適度な歯ごたえがある茹で加減。サクサクとした歯切れが心地良く、スープとの相性が良い。
(菅野製麺)



チャーシューは低温調理したもので、ピンク色を帯びている。



薬味は刻み玉ねぎと三つ葉。

チャーシューは豚肩ロースの低温調理

肉の本来の味わい





 
昔ながらの中華そば

【昔ながらの中華そば】
[2013/5/16]
\680


透明感のあるスープは、生姜と和風素材が織りなし、インパクトよりもバランスを重視しているようだ。

味付けは濃くなく、適度な甘味があって食べやすい。

表面には透明な脂が適度に浮いている。


麺は細めのストレートで、表面がツルツル。軽くウェーブがかかっている。やや加水が多めで、モチッとした食感がありつつ歯切れが良い。

菅野製麺で、傾奇者(かぶきもの)使用とある。


薬味は白ネギ・青菜と三つ葉。

チャーシューはバラ肉で、適度に脂身がある。

醤油ベースの照り焼きのような味付けで、香ばしさと肉本来の旨味がうまくマッチングしている。





 
帰ってきた煮干しそば

【帰ってきた煮干しそば+味玉】
[2013/5/21]
\700+\100


やや濁りのあるスープは、煮干しが前面に効いているが、強すぎずにバランスが良い。

味付けは濃くなく、途中からでも調節することができるそうだ。

表面には透明な脂が適度に浮いている。


麺は細めの縮れで、表面がツルツル。やや加水が多めで、適度な硬さの食感がある。

菅野製麺で、傾奇者(かぶきもの)使用とある。


薬味は白ネギ・青ネギとカイワレ菜。

チャーシューはバラ肉で、厚切りで脂身が多い。

スモークのような香ばしさがある。味付けは濃くなく、肉本来の旨味が感じられる。

味玉黄身の中心部が半熟。味付けはチャーシューのタレがベースになっているようだが、薄めの味付け。

丼はお椀型。





 
Sの和えそば

【Sの和えそば 100g】
[2013/11/24]
\100

(注)1玉 \200になっています

メニューによっては大盛りができない場合があり、ちょっと物足りないときにはお手軽に麺を追加することができ、安価で便利。

器・麺は熱々で、濃くない醤油ベースの味付けがしてあり、添えられているわさびを和える。

ラーメンのスープは少し残しておいて、器に注ぐと滑らかな口当たりになってベター。



戻る レポートの一覧に戻る